アントロポス:人祖(オリジナルマン)

アニマは、必ずしも男性の情緒生活を代行したくないのです。男性が債務を果たさないから、仕方なく代行しているにすぎず、本当はこんなふうに言っているのです。

あなたはなぜ、あの人の、あの苛立たしい行為に何も言わないのですか。あなたが何も言わないのなら、私が言います」。

不幸なことに、男性の多くは感情表現が不得手です。男性たちは、ひたすら自分たちの関係が円滑気楽で、気やすいものであることを望み、情緒的に色づけされた議論や、難しい問題に関わるのを好みません。⇨ジョン・A・サンフォード「見えざる異性」創元社より

 

WONDER WOMAN - Official Origin Trailer

 

プラトン「饗宴」

原初の人間は、手足がそれぞれ4本で、それぞれ反対側を向いた頭が一つ、体が球体で神に匹敵する能力と知性があった。神は恐れと嫉妬から原初の人間を二つに裂き、それぞれが女性と男性になった。それ以来、人間は片割れを求めて出会い、結合することを求めるようになった。

シャーマンの守護霊

シャーマン(呪術師)には男性の場合は女性の守護霊、女性の場合は男性の守護霊がついていて、それぞれの守護霊はヒーリングの術を教えたり補助する役目をする。シャーマンの特殊能力は「内なる異性」を開発することにより得られる。

ニコライ・ベルジャーエフ(ロシアの哲学者)

「人間は性的であるばかりでなく、両性具有的で、己の中に男性原理と女性原理を混在し、これらはある時は結合し、ある時には対立する。女性原理が完全に欠如すると男性は抽象的になり、世界から切り離される。また、男性原理が完全に失われた女性に人格はない。完全な人間になるためにはこの二つの原理を調和させるしかない。この結合は心理的両性具有者として自身の中で実現されるか、現実の二つの本質、男性性と女性性の交流を通して実現される」。

内なる異性

漫画とは違う。現実の世界で人は死ぬ」。

⇨ ウルヴァリン

あの子は君に似ている、いや、君そのものだよ」。

「彼女には助けが必要だ。人は互いに愛し合うものだよ」。

⇨ プロフェッサーX

 

Logan Trailer #2 (2017) | Movieclips Trailers

 

アニマ・アニムス

ユングは、男性・女性の内部にあるそれぞれの対立物を、アニマ・アニムスと呼んだ。

➡ アニマ <男性の人格の中にある女性的要素

⇨ アニムス<女性の人格の中にある男性的要素

ユングはアニマ・アニムスを人間を「活気づける」という意味のラテン語「アニマーレ」から命名する。

 

見えざる異性(インヴィジブル・パートナー)

アニマ・アニムスの実在の証拠は、心が素直に表現されている領域、夢、おとぎ話、神話、すぐれた文学と人間行動の様々な現象の中に映し出される。アニマ・アニムスは私たちが、

⇨ 何らかの人間関係をつくり出そうとするとき

⇨ 自らの全体性を求めて努力しようとするとき

必ずや関与してくる<見えざる異性>である。

 

イメージによる定義

古代中国のタオイズムの概念、「陰と陽」は女性性と男性性を、文化的役割や心理学的性質ではなく、イメージとして定義するのに役立つ。

陽は ⇨陽光のなかにはためく旗「輝くもの」を意味し、天、空、輝き、創造力、山の南斜面、川の北側を意味し、

陰は ➡曇ったもの「覆い隠されたもの」を意味し、大地、闇、湿り、受容性、山の北側、川の南側を意味する。

陰と陽はあらゆる生命の往還する霊的な極であり、陰と陽の相互作用により物事は決定する。(易経)

 

同様な意味で、中国の瞑想の書「太乙金華宗旨」によれば、男女には二つの心的な極があることが書かれている。

➡魄(ポ)と呼ばれる霊は腎臓、性欲、坎の卦(易)で示されエロスの意味。もう一つは

⇨魂(フン)で、心臓、意識、火の卦である「離」によって示され、ロゴス(言葉、意味、理論)を意味する。

 

これら二つの極は、エネルギーが外側だけに向けられるときは離れ離れになるが、正しい瞑想によって内側に向けられた場合には結合し、より高度で強固な人格を形成する

 

この「太乙金華宗旨」をドイツ語に翻訳したリヒァルト・ヴィルヘルムの訳書が「黄金の華の秘密」であり、この書の注釈でユングは、

➡魄の字は「白」という字と、霊を意味する「鬼」の組み合わせで、「白い霊」を意味し、大地に縛られた自然に属するもの、従って陰(アニマ)を表し、

⇨魂の字は、雲を意味する「云」の字と、霊を意味する「鬼」の組み合わせから、「雲の霊」高いところにいる息の霊で陽(アニムス)を表す。

⇨ ジョン・A・サンフォード「見えざる異性」創元社より

内なる抵抗勢力

みじめな人生だとしても、そこから逃げ出そうとする人は少ない。みじめな人生を、見ないふりして生きる方が楽だから」。

⇨ パトリック・ジェーン「メンタリスト」

 

影の投影

男性の中に女性的要素、女性の中に男性的要素のあることがくり返し主張され続けてきたにもかかわらず、人々が気づかないのは、私たちが自分を知ることについて不得手だということを示しています。不得手どころか私たちは、自分自身について初歩的なことを知ることさえ断固として拒否します

 

これまで長いこと抱いてきた自分のイメージを捨てて真実に直面するのは、激しい苦痛や混乱を招き、自分自身を知ることが、そこから抜け出せる唯一の方法であると理解できた人だけが、渋々ながらそうするにすぎないのです

 

しかし、その時が来ても私たちは、己を知るという苦行よりも、無意味な人生を送ることの方を選択しがちです。自分自身の中には、他人を理解するより困難な部分があり、その問題のひとつは「影」の人格と呼ばれるものです。これは、私たちが望まず、それゆえ開発してこなかった自分の性格の一部であり、意識化することを拒んできた部分です。聖パウロは、自分の影に苦悩し次のような言葉を残しています。➡ 「私は自分の望む善は行わず、望まない悪を行っている」。

 

アニマ・アニムスの投影

「影」以上に認識のフィルターをすり抜けてしまう無意識の存在がアニマとアニムスです。ユングはかつて影の統合を「徒弟仕事」、アニマ・アニムスの統合を「親方仕事」と呼んでいました。

 

なぜなら私たちはアニマ・アニムスを外に投影してしまうからです。投影とは、人格の中枢部分が、活性化するときに起こる心的なメカニズムです何ものかを投影するとき、主観的にはそれは自分でないもの他人のもの客体として眺めることになります。投影は無意識に起こるので、自分がそうしているのだという自覚がありません。無意識的な内容だけが投影されるのであり、意識された瞬間に投影は終了するのです。

 

(神話に登場する神々や女神は、男性性の元型、女性性の元型の様々な側面を投影し、擬人化したものだと解釈できます)

 

現実社会では、男性は女性にアニマを投影し、女性は男性にアニムスを投影します。しかし、このことは途方もなく厄介な問題を生じさせる原因にもなっているのです。私たちの内部に生きているこれらの現実は、驚くほど強力であるばかりでなく、しばしば厄介なものだからです。

 

中世の頃、男性はアニマを発見すると、その投影された女性を告発し、判事は彼女を魔女として焚殺した。また逆に、女性がアニムスを発見すると、その投影された男性は恐らく、聖職者になるか、救済者になるか、呪術師になる以外にはなかった。今日、分析的な過程を経て、これまでは外側に投影されていたアニマ・アニムスが心理的機能として認められた」。⇨ カール・グスタフ・ユング

アイドルの憂鬱

私は、常に悪をなそうと思っているのに、いつも善をなしてしまう、あの力の一部です」。➡ メフイストフェレス

 

男性は自分の男らしさと同一化するために、女性的な側面は現実の女性に投影する。同様に自分の女らしさに同化している女性は、男性的側面を外の男性に投影する。外部に投影されたイメージは、それぞれの男女関係のなかで「見えざる異性」として活動し、人間関係に多大な影響を及ぼす。

 

投影が起きている場合、例外なく、投影された相手は過大評価されるか、過小評価されるかのどちらかであり、いづれの場合にも、投影された相手はそのイメージにより、本来の人間性を曖昧にされてしまう。アニマ・アニムスは根源的であるがゆえに圧倒的なエネルギーを孕んでいて、私たちを強い情緒的な力で捕えるため、投影された人物は、磁石が自然に金属を引き付けたり、撥ねつけたりするのと同じような力で、引き付けられたり、撥ねつけられたりする。

 

■黒の舟歌
アニマ・アニムスは物語の神々や女神が、肯定的な側面と否定的な側面を持つのと同様に、魅力的である場合と、腹立たしい存在である場合があります。男性に肯定的アニマを投影された女性は、彼にとって幸福と恍惚の源泉であるように感じられます。また、容易に性的な空想と渇望の対象になり、一緒にいて性的に結びつくことができるかぎり、彼は満足したように感じます。このような状態を、私たちは「恋愛」と呼んでいます。

 

一方、アニマを投影された女性は、大きな喜びを感じます。ちやほやされ、大切にされていると感じ、意識しないまでも、相手を支配していると感じます。人は心的イメージを投影されると、投影した相手に対して強い影響力をもてるのです

 

しかし女性は、間もなくこの状況を悔やみ始めます。なぜなら、他人の魂の担い手であることの不愉快な側面を経験するからです。彼女は相手の男性が自分を「窒息させている」と気づきます。自分がいつでも、すぐさま、要求通りにならないと、彼が不愉快になるのがわかり、これが関係を重いものにします。

 

一方、男性は自分が投影したイメージからはずれて、彼女が成長しようとすると腹を立て、邪魔をしようとします。彼はあるがままの彼女ではなく、なって欲しいと思う彼女を見ていたにすぎないからです。こうして彼女は、何が何でも己の投影を実現させようとする、彼の決意の包囲網のなかで、愛情に見えていたものが、彼の独占欲と抑圧であったと気づくのです。

 

男性は自分自身の性的イメージが投影された女性との性関係には、強迫観念的に引きつけられるので、相手との瞬間的な一体感が果たされることにより、二人の関係が完成されたと感じます。一方、女性は何よりも人間関係を求め、そのあとに相手を受け入れます。男女間のトラブルの多くは、男女間の心理的相違によって現実化します。

⇨ ジョン・A・サンフォード「見えざる異性」創元社より

投影の裏表

悪魔のように繊細に、天使のように大胆に

⇨ 黒澤明

 

肯定的な投影は、警告もなく、否定的な投影と入れ換わることがあります。肯定的なアニマを投影されていた女性が、突然否定的な、魔女のイメージを投影されるのです。男性は自分の気分が悪いのは、彼女に原因があると考え、突如としてこの見地から彼女を見始めます。不幸なことに男性は自分の不機嫌な気分を、相手の女性に負わせる常習犯です。原則として、自らの心理機能について何も知らない男性は、自分の不機嫌を女性のせいにしがちです。

 

女性の場合も同様にして、投影の入れ換えが起こります。肯定的なアニムスを男性に投げかけた場合、救済者、英雄、精神的指導者などのイメージの投影が起こります。彼女は彼に魅了され、究極の男性、理想の恋人と見なします。彼女は彼によってのみ完全になれると考え、自分を見つけたように感じます。

 

この種の投影は、とりわけ、言葉を巧みに操る男性に向けられるのが普通です。女性からすると、観念を巧みに操り、伝達能力にたけた男性はアニムスを投影するにふさわしい理想の対象です。こうした投影が起こると、彼は彼女にとって実物以上の存在になり、自らは松明に引き寄せられる蛾のような存在になります。このようにして彼女は自分の創造性の焔を男性に投影して、焔を失った抜け殻になるのです。

 

しかし、投影を受ける男性が、投影に値しない例はいくらでもあります。アドルフ・ヒトラーは、当時多くの女性からアニムス像を投影されました。ヒトラーには言葉を操るカリスマ的才能があり、彼が演説すると何か神がかったような雰囲気が醸し出されました。ガス室送り寸前で幸いにもドイツから逃げることが出来た女性に、「ドイツの母親たちは、なぜ戦争で殺されるのも厭わずに、大切な息子をヒトラーに捧げたのでしょう」。と質問すると彼女は、

ドイツの母親たちは彼の言葉にすっかり魅了されていましたから、彼の要求ならどんなことでもしたでしょう」。と答えました。

 

女性から肯定的なアニマを投影された男性は、自尊心をくすぐられます。理想の男性と見立てられる経験ほど、男性の自我を膨らませるものはありません。男性は簡単に、投影されたイメージを現実のものだと勘違いし、自分の本当の姿を見つめるための、謙虚な務めから逃走します。しかし、そのうち男性もまた、他人の投影を担うことに不愉快を感じ始めます。

「誰かが私にアニムスを投影したときには、私はまるで、自分がとびきり重い死体を収めた墓場のような気持ちになる。イエスが語るあの墓場、あらゆる害虫がうごめくあの墓場のようなものである。私自身がほかならぬ死体であるから、およそ生命というものが感じられない。アニムスは私の体内に埋葬される。寄生バチの卵が宿主の体内で孵化し、内側から食い破るように」。⇨ C・G・ユング

➡(投影されたアニムスは、心理的機能として成長することをやめ死んだ存在になる)

 

以前には魅力的に輝いていた男性が、腹立たしい、失望するような男性に変貌します。親しさによって、二人の関係が現実の光の中にさらけ出されると、肯定的な投影が剥げ、以前の英雄はたちまち悪魔に変身します。女性が感ずる失望感と無力感は、すべて彼の責任に転嫁されます。

⇨ ジョン・A・サンフォード「見えざる異性」創元社より

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
( `ー´)ノ
おきてがみ
(=゚ω゚)ノ
ブログ村投票
プロフィール

スエスオ

Author:スエスオ
オリジナルのエッセイ・ブログを目指して鋭意更新中

ブログランキング.net