エレクトリックマン

メキシコ・アルバカーキ在住のヤニュシュさんはある日を境に自分が無意識に電灯を消してしまうことに気付く。車や徒歩で移動中ヤニュシュさんが通過するとかなりの確率で街灯が消えてしまうのである。

このような現象は世界中に存在し、研究者のヒラリー・エバンスはStreet Lamp Interferenceの頭文字SLIと、Data ExchangeのDEををくっつけて「SLIDE」と名づけた。このような現象を起こす人たちのことを「スライダー」と呼ぶ。

人間の脳は電気信号を用いることにより体を動かしているので、もしスライダー現象が本当に起こるのであれば脳が関わっていると、ヤニュシュさんは考えている。だたし、電気信号はとても弱いものなので外部の電灯を消してしまうような力はない。

アリゾナ大学のスチュワート・ハマロフ博士は脳の活動には量子物理学が関わっていて、スライダー現象は量子物理学で解明できるかもしれないと考えている。ハマロフ博士の共同研究者ロジャー・ペンローズは、思考は複雑なコンピューター以上のものでアルゴリズム以外の何かが関わっていると考える。

麻酔医でもあるハマロフ博士は麻酔薬で人間が意識を失う仕組みをこう説明している。

「麻酔は脳のタンパク質、微小管と呼ばれる構造を造るタンパク質に作用すると考えられています。覚醒時に微小管のタンパク質は小刻みに振動しています。量子効果が及んでいるからです。しかし麻酔が脳に入ると量子効果がとまるのでタンパク質の振動が止まって、それにより意識を失うのです。麻酔が抜けるとタンパク質が再び振動し覚醒するのです」

ハマロフ博士はさらに考えを進め、神経ニューロンは大きすぎて量子効果を受けないが、微小管を構成するタンパク質は量子効果を受ける可能性がある。もし脳が量子コンピューターだとすると古典的物理学の支配を受けない奇妙な振る舞いを見せる可能性があると。

バスケットボールの試合はバスケットボールのルールとニュートンの古典物理学に支配されているが、もし量子物理学に支配されていると、次のようなものになるそうだ。

「ボールもプレーヤーも同時に二箇所で存在し、同じコートのみならず異なる体育館に存在するプレーヤーとぶつかるかもしれない」

量子物理学の世界で、この現象は「もつれ」と呼ばれる。一見何の関係もない物や出来が事が、本当はつながっているのである。思考の中心にこの量子効果が存在するとしたらスライダー現象の説明がつくかもしれないというのが博士たちの主張である。

(ディスカバリーチャンネル、エレクトリックマンより)

もしかしたら、魔法や超能力は本当に存在して、これら量子効果と関係があるのかも(ないのかも)

メガマウスの好物はサクラエビ

シリーズ 深海の巨大生物 謎の海底サメ王国(NHK/7/23/PM9:00~)を皆さん、ご覧になりましたでしょうか?

 

世界遺産、富士山のふもと駿河湾は、海岸線から少し沖に出ると、深い海底渓谷が刻まれている。そこには多くの深海ザメが生息していて、世界中の海洋生物学者やドキュメンタリー製作者から注目されています。

 

今回の「目玉」のメガマウス・シャークは体長5メートル、巨大な口を持つことからメガマウスと呼ばれるが、37年前に初めて発見されてから、たったの50例しか目撃されておらずシーラカンス以来の大発見だった。

 

メガマウスは普段深海に生息しているが、駿河湾では人間も大好きサクラエビを主食にしている、ジンベイザメのような大人しいサメらしい。それでゴハンのときは、サクラエビがプランクトンを食べに水面に密集している処を、でっかい口で一網打尽にするらしい。

 

撮影班は潜水艇でサクラエビとともに徐々に浮上し、メガマウスを追ったがこの時点では現れず、撮影はできなかった。

 

だがなんと、三重県の海にメガマウスが現れ船の上から見ることができるという。こちらの海ではサクラエビならぬオキアミを食べていた。とんだ甲殻類違い。

 

結局、水面直下で泳ぐメガマウスを世界で初めて撮影できました。メガマウスは写真(死体)で見たグロテスクな怪物のような印象とは違い、目が大きくてクリクリして、子供が描くクジラみたいに大人しく可愛い感じでした。

 

「オキアミ、ウマイウマイ」と吹き出しを付けたくなるような。

スペイン風邪って何?

うがい手洗い、忘れずに、

bandicam 2013-09-24 14-37-19-656

マスクは口にしましょう。

bandicam 2013-09-24 14-33-14-255

 

■ ウィキペディアより、スペイン風邪についてまとめました。

 

◇概要

・発生は1918年3月、米国デトロイト、サウスカロライナ付近。

・発生源は不明。一説には鴨のウィルスが豚に感染したのち、変異してヒトに感染したという説がある。

・当時は第一次世界大戦の最中で、世界中で情報統制がなされていたが、スペインは参戦していなかったため情報はスペインから発信された。米国発のインフルエンザなのにスペイン風邪といわれるのはそのため。

・あまりにも多くの感染者が出たため、第一次世界大戦の終結が早まったとも言われている。

 

◇被害

・感染者6億人(当時の人口の約三割)、死者4千万~5千万人。

・人間を短期間に死亡させた原因では、他の感染症、戦争、災害を凌駕する。

・米国デトロイト、サウスカロライナで最初の大規模感染があり、世界大戦へのアメリカ参加により、ヨーロッパへ拡大。

・1918年秋には、さらに毒性が強まり世界中に拡大(第2波)

・1919年春~秋、3回目の流行(日本での被害の多くはこの時起こった)

・「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」を著したマックス・ウェーバーは1920年スペイン風邪が原因で死亡したと言われる。

・患者に多く接する医療従事者が、次々感染し被害を拡大させた事を教訓に、2009年の新型インフルエンザ流行の際は、医療従事者に優先的にワクチンが接種された。

 

◇病原体

・1997年アラスカの凍土に保存されていた遺体の肺から検体を採取、ウィルスゲノムを分離し、A型インフルエンザウィルス(H1N1亜型)であることが判明。

・スペイン風邪は鳥インフルエンザが突然変異したもので、人類が初めて遭遇した「新型の強毒性インフルエンザ」だった。当時の人は当然、抗体を持たずワクチンも特効薬もなかったため被害が拡大した。

鳥インフルエンザ・時限爆弾: H5N1

「H5N1型ウィルスが、人から人に感染するようになれば、バイオテロより恐ろしい事態になるでしょう」- ディスカバリー・チャンネル、鳥インフルエンザ・時限爆弾より

 

ディスカバリー・チャンネルの番組(鳥インフルエンザ・ 時限爆弾)からH5N1について、まとめてみました。

 

・1997年香港で、H5N1型の鳥から人への感染が起こり、18人が感染6人が死亡。感染防止のため、100万羽以上の家禽が処分された。それまでは鳥から人への感染は起こらないと考えられていたが、新たな驚異の始まりである。(動物園のトラ、ヒョウ、フラミンゴ、ネコにまで被害が及んだ)

 

・スペイン風邪と1997年の鳥インフルエンザの共通点は、免疫力の強い筈の若年層が、免疫機能の暴走による多臓器不全で死亡したことで、通常のインフルエンザと大きく異なる。対策を急ぐ科学者たちは、1918年のスペイン風邪のウィルスの調査を始め、1918年の大流行で死亡した米陸軍兵士の組織標本から、過去のウィルスの復元を試みるが失敗。

 

・アラスカの永久凍土に眠る遺体から、1918年のインフルエンザウィルスを検出し、新たな復元作業が始まる。ウィルスの遺伝物質は時を経て劣化しており、無数の小さな断片に分離していた。

 

2005年10月、9年の歳月を経て、スペイン風邪のウィルスが復元された。1918年のウィルスは1997年に香港で発生したH5N1型と相似点が多く、鳥から人間に感染したらしいということが判明。膨大な数の渡り鳥が集中するシベリアを中心に、野鳥がどのように感染(鳥から鳥への感染)を拡大させるかの研究が始まる。

 

当面の課題は、H5N1の型のうち、どのタイプが人に感染する可能性があるか見極める事である。

 

・低病原性のウィルスでも変異を繰り返すことで感染性や毒性を高めてゆく、その仕組みを解明し、低病原性のH5N1から高病原性のH5N1に有効なワクチンが作れるかもしれない。

 

・1918年のウィルスは6回の突然変異で人から人に感染するように変異したらしい。現在懸念されているH5N1は3回変異したことが判明している。1918年、スペイン風邪の感染者死亡率は数パーセントだった。鳥から人に感染したH5N1の死亡率は50パーセントである。H5N1が人から人に感染するようになった時、どの程度の死亡率かは不明である。現在は1918年のウィルスを基に、ワクチンと新薬の開発がなされつつある。

 

(2006年放送当時の情報です)

実在したホビットの謎: フローレス島の小人

■ 現生人類と時代を共有した、もうひとつの人類の可能性

2003年、インドネシアのフローレス島の洞穴で、「ホモ・フロレシエンシス」と名付けられた人類の「骨」が発見される。

 

復元してみて分かったことは、身長は1メートル程度で脳の容量はチンパンジーぐらい、頑丈な骨格で足が短いなど、現生人類とは異なる古い人類の特徴を示している。また、石器を作り火を使用していたことも確認された。

 

研究者を驚かせたのは、生息していた年代が1万数千年前だったこと。アフリカを出た現生人類がオーストラリアに到達したのが5万年前なので、全く違う人類が同じ時代を生きていたということになる。

 

■ アイランド・ルール(島の法則)

「島」では利用可能な生息域や資源量が著しく制限されるため、生物が他の地域で見られるよりも巨大化するかあるいは矮小化する。

 

大型の動物の場合は、その中でも小さな個体の方が代謝量の減少や性成熟が早いなどの点で「島」では生存と繁殖に有利である。そのため体格が縮小するような選択圧が働くと考えられる。。(Wikipedia)

 

フローレス島では小型化したゾウの化石も見つかっていて、ホモ・フロレシエンシスも同様の法則で小型化したと考えられる。

 

■ 人類の拡散について、新たな学説の可能性

ユーラシアにはいろいろな人類がいて多様だった。人類の拡散は従来考えられていたよりも複雑だったかもしれないと、研究者のモーウッド教授(オーストラリア・ウーロンゴン大学)は語る。

(=゚ω゚)ノ
blogramのブログランキング
音楽を別ブログにまとめました
♬ (^^♪
過去記事
カテゴリ
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
( `ー´)ノ
おきてがみ
(=゚ω゚)ノ
ブログ村投票
プロフィール

スエスオ

Author:スエスオ
オリジナルのエッセイ・ブログを目指して鋭意更新中

ブログランキング.net