白くまピース: 愛媛県立とべ動物園

■日本で初めて人工哺育に成功

ピースは1999年、愛媛県立とべ動物園で生まれたホッキョクグマ。母グマ「バリーバ」が育児を放棄したため、飼育員の手により人工哺育された。ピースという名前には戦時中、動物園で飼育していた動物が薬殺された悲しい歴史を繰り返さないという願いが込められている。

とべ動物園、しろくまピース

http://www.tobezoo.com/peace/

 

■感染症との戦い

ホッキョクグマは雪洞の中で生まれるため、赤ちゃんは細菌に対する免疫能力が低い。(雪洞は気温が低く、細菌が繁殖しない)そのため飼育環境には細心の注意がはらわれた。飼育員さんは自宅に連れ帰り、おそらく人間の赤ちゃん以上に脆弱なピースに細心の注意と愛情を注いだ。

p001

左:野生のホッキョクグマ、巣穴から出た直後

右:ミルクを飲むピース

p002

ピース甘える。ささ鳴きはクマ特有の鳴き声。「グルグルグル」と鳴いて甘える。

■生後105日、体重15kg、動物園デビュー

日本での人工飼育下、生存記録を更新してピースは動物園で公開された。鋭い犬歯も生えそろい、動物園で生活するための準備が始まる。

p003

動物園での初めての夜、ピースは一晩中、鳴き続け声をからした。

■初めてづくし、試行錯誤

ピースの便に血が混じっていた。ミンチの中の細かい骨がお腹に刺さったらしい。ミンチをさらに包丁で叩いて骨を潰す。血便は出なくなった。

p004

■困難なホッキョクグマの繁殖

日本の動物園はホッキョクグマの高齢化に悩んでいる。生態がよく分からずに人工保育が困難だからだ。ピースの生存記録は希望の星となった。

■水泳訓練

どんな動物でも最初は水が怖いらしい。へっぴり腰のピース。

p007

水に慣れさせようと哺乳瓶で誘ってみるが、焦ったピースは飼育員の腕をかじってしまう。

p008

叱られて凹むピース。でも信頼関係があるので、叱られたことが解かる。信頼関係が無ければ次からは敵としか見ない。

■5才になったピースは体重300kg

p009

大人になったピースはめったに「ささ鳴き」をして甘えることはなくなった。でも赤ちゃんの頃から世話になった飼育員、高市さんが傍にいる限りはそこを離れようとはしない。現在もピースはとべ動物園で穏やかに暮らしている。

 

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
( `ー´)ノ
おきてがみ
(=゚ω゚)ノ
ブログ村投票
プロフィール

スエスオ

Author:スエスオ
オリジナルのエッセイ・ブログを目指して鋭意更新中

ブログランキング.net