自由という重荷

「自由からの逃走」エーリッヒ・フロム著・日高六郎訳、東京創元社

より

 

著者紹介― 1900年、ドイツのフランクフルトに生まれる。ハイデルベルグ、フランクフルトの大学で社会学、心理学を専攻し、1925年以後は精神分析学を社会現象に適用する新フロイト主義の立場に立ち、社会心理学に重要な位置を占めた。ナチに追われてアメリカに帰化し、メキシコ大学などの教授に歴任、1980年没。

 

もし私が、私のために存在しているのではないとすれば、だれが私のために存在するのであろうか。もし私が、ただ私のためだけ存在するのであれば、私とはなにものであろうか。もしいまを尊ばないならば

― いつというときがあろうか

➡ 「タルムード」第一編「ミシュナ」より

 

現代における自由の意味

現代の政治的発展が、近代文化のもっとも偉大な業績― 個性と人格の独自性― にとって危険なものとなっているのをみて、私は大規模な研究の続行を中断し、現代の文化的社会的危機にたいして決定的な意味をもつ一つの側面、すなわち近代人にとっての自由の意味ということに集中しようと決心した」

 

「なぜなら、全体主義がなぜ自由から逃避しようとするのかを理解することが、全体主義的な力を征服しようとする全ての行為の前提であるからである」➡ エーリッヒ・フロム

 

社会の基礎的な実体は個人であり、個人の欲望と恐怖、激情と理性、善への傾向と悪への傾向が社会を形成している。そのため社会過程を理解するためには、個人の心理過程がどのように形成されたかを理解する必要がある。

 

近代人は

個人に安定を与えると同時に彼を束縛していた、前個人的社会の絆からは自由になったが

個人的自我の実現、すなわち個人の知的な、感情的な、感覚的な諸能力の表現という積極的な意味における自由は、まだ獲得していない

 

⇒ 自由は近代人に独立と合理性を与えたが

⇒ 一方個人を孤独におとしいれ、そのため個人を不安で無力なものにした

⇒ この孤独は耐え難いものである。個人は自由の重荷から逃れて新しい依存と従属を求めるか、あるいは人間の独自性と個性とに基づいた積極的自由の完全な実現に進むかの二者択一を迫られている。

内なる抑圧

「ヒットラーのような男たちは、ただ権謀術策だけで権力を獲得したのであり、すべての国民は、ただ欺かれ、脅かされたために、意思のない存在になっていたに過ぎないと思われていた。しかし何年かたってみると、このような議論が間違っていることが明らかになった。

私たちはドイツにおける数百万の人びとが、彼らの祖父たちが自由のために戦ったと同じような熱心さで、自由を捨ててしまったこと、自由を求める代わりに、自由から逃れる道をさがしたこと、他の数百万は無関心な人々であり、自由を、そのために戦い、そのために死ぬほどの価値があるものとは信じていなかったこと、などを認めざるをえないようになった」⇒ エーリッヒ・フロム

 

「我々のデモクラシーに対する容易ならぬ脅威は、外国に全体主義国家が存在するということではない。外的な権威や規律や統一、また外国の指導者への依存などが勝ちをしめた諸条件が、まさに我々自身の態度の中にも、我々自身の制度の中にも存在するということである。したがって戦場はここに、我々自身と我々の制度の中に存在している」⇒ ジョン・デューイ

 

自由とは何か

私たちが人道主義としての自由、または服従への憧れや、力への渇望ということに目を注ぐとき、次のような疑問が浮かんでくる。

自由とは何であろうか。自由を求める欲求は何か人間性に固有なものであろうか?

それは、特定の文化とは関係のない、普遍的なものだろうか?

あるいは、特定の社会において、個人主義の発達の過程において異なるものであろうか?

自由とは、単に外的な圧迫のないことであろうか?それとも何らかの条件が存在することであろうか?― もしそうだとすれば、それはなんであろうか?

人々を自由へと駆り立てるのは、どのような社会的要因だろうか?

いったい自由が人々にとって堪え難い重荷となり、それから逃れたいものとなるようなことが、ありうるのだろうか

多くの人々にとって自由は大切な目的でありながら、他の多くの人々にとって脅威となるのは、なぜであろうか

また、自由を得たいという内的な欲望のほかに服従を求める本能的な欲求がありはしないだろうかもしそうでないとしたら、指導者への服従が、あれほどまでに多くの人びとを引き付けていることをどう説明したらよいであろうか

服従というのは、常に目に見える権威への服従であろうか?あるいは義務や良心というような内面化された権威とか、人間の内部に潜む強制力とか、世論のような匿名の権威に対する服従が存在するのだろうか?服従することのうちに、合理的な説明のつかない満足が隠されているのだろうか?

人間のなかに、あくことのない力への渇望を生み出すものはなんであろうか?それは人間の生命力の反映なのだろうか?それとも人生を自発的な親しみをもって経験することのできない、根本的な弱さであろうか?どのような心理的条件がこれらの傾向を強めるのだろうか?そして、心理的条件はどのような社会的条件と結びつくのか?

ラクダとライオンの比喩

ニーチェは一種の比喩によって、彼が魂の三つの変容と呼んでいるものを説明しています。その変容の第一はラクダ(子供)の魂です。ラクダはひざを折って、「私に荷物を負わせてください」と言う。これは、服従の期間です。社会があなたに指示したり伝えたりするものを受け取る、そういう時期です

 

しかし、十分に荷を負わされたとき、ラクダは立ち上がり砂漠へと駆けて行く。そこでライオンに変わる。― 負わされた荷が重ければ重いほど強いライオンにね。さて、ライオンの役目は何かというと、それは「なんじ・・・・・すべし」という名の竜を殺すことです。この恐ろしい竜には、そのうろこ一枚一枚に「なんじ・・・・・すべし」が刻まれている。四千年の昔からのものもあれば、今朝の新聞の見出しからのものもありますがね。ラクダや子どもは、この「なんじ・・・・・すべし」に服従しなければならない。しかし、ライオンは、若者の魂は、それをはねのけ、自分自身の考えを持つのです。

神話の力/ジョーゼフ・キャンベル、ビル・モイヤーズ共著、飛田茂雄訳、早川書房)より

 

第一次絆からの自由

生物学的に言えば、子供は生まれると、母親とは別の一個の生物的存在になる。この分離は個人の始まりではあるが、心理的・機能的に子どもは、なおかなり長い間、母親と一体である。例えて言えば、個人が外界に結び付けられている臍の緒を、完全に断ち切っていない程度に応じて、彼には自由はないのである。

 

半面、この絆は彼に安定感と帰属感、地に足がついているという感覚を与えてくれる。この個人が完全に開放される以前に存在する絆を、フロムは「第一次的絆」と呼んだ。

子供を母親と結びつけている絆

未開社会の成員を、その氏族や自然に結び付けている絆

中世の人間を、教会や社会的階級に結び付けている絆は、この第一次的絆に他ならない。そして

 

⇒ 個性化が完全な状態に達し、個人がこれらの第一次的絆から自由になると、かれは一つの新しい課題に直面する

 

⇒ すなわち彼は、前個人的存在の絆とは別の方法で、みずからに方向を与え、世界の中に足を下ろし、安定を見つけ出さなければならない。そうなると自由の意味も、この段階に進化する以前の自由の意味とは違ってくる。

「自由からの逃走」エーリッヒ・フロム著・日高六郎訳、東京創元社

より

孤独の増大

「自由からの逃走」エーリッヒ・フロム著・日高六郎訳、東京創元社

より

個性化の二つの側面

子供は成長するに従い、自由を欲し独立を求める気持ちが生まれる。個性化の側面の一つは、子供の肉体・精神・感情が強くなり、おのおのの領域において積極性が高まると同時に、それぞれの領域が統合されてゆくということである。そして、理性的な思考によって導かれる一つの組織化されたパーソナリティー(自我)が形成されてゆく。個性化のおし進められてゆく過程は、自我の成長ということもできる。個性化と自我の成長がどこまで達するかは、部分的には個人的条件によるが、本質的には社会的条件に左右される。そして、すべての社会は、ある一定の個性化のレベルを持っているが、普通の人間はそのレベル以上に進むことは出来ない。 そして、

個性化の過程のもう一つの側面は、孤独が増大してゆくということである。

第一次的絆は、外界との間に根本的な統一を与え、子供はその絆により安定して生きることができる。しかし、

子供は成長に従い、自立のためにこの絆を切ろうとする。そして、

自分が孤独であること、他人から独立した存在であると自覚するようになる。このようにして、

第一次的絆からの分離は、無力と不安の感情を生み出す

 

⇒ 外界は、個人的存在と比較すれば圧倒的に強力であり、往々にして脅威と危険に満ちている。人間は、外界の一部分である限り、個人の行動の可能性や責任を自覚する必要はなく、外界に怯えることもない。しかし、人間が独立した個人になろうとすれば、自分独りで外界の圧倒的な力と対峙する必要がある。ここに、

個性を投げ捨てて外界に没入し、孤独と無力の感情を克服しようとする衝動が生まれる。しかし、

これらの衝動や、それから生まれる新しい絆は、成長の過程でたちきられた第一次的絆と同じものではない。

母親の胎内に戻ることができないのと同じように、個性化の過程を逆行することはできない。もしあえて、そのようにしようとすれば、それはどうしても服従の性格をおびることになる。しかも、

そのような服従においては、権威とそれに服従する子供とのあいだの根本的な矛盾は解消されない。子供は意識的には安定と満足を感じるかもしれないが、無意識的には、自分の払っている代価が、自分の強さと統一性の放棄であることを知っているからである。そしてこのような服従は、かつてのものとは正反対の結果を生む。 すなわち、

服従は子供の不安を増大し、同時に敵意と反抗を生み出す。そして、その敵意と反抗は、子供が依存している(依存するようになった)まさにその人に向けられるので、なお一層激しいものになるのである

精神的疲労と無気力 ナチズムの心理(1)

今も、私の声は世界中の何百万人もの人々のもとに、絶望した男性、女性、子どもたち、罪のない人びとを拷問し投獄する組織の犠牲者のもとに届いている。私の声が聞こえる人たちに言う。絶望してはいけない。➡ チャーリー・チャップリン(独裁者より)

 

ナチズムの成功の心理的基盤を考えるとき、次のことを区別しなければならない。すなわち、

一部の人々はなんら強力な抵抗を示すことなく、同時にイデオロギーや政府の讃美者になることもなく、ナチ政権に屈服した

他の一部の人々は新しいイデオロギーに深く惹きつけられ、その主張者たちに狂信的に結び付いた。

 

無力なブルジョワジー

第一のグループは主として労働者階級や自由主義的及びカトリック的なブルジョアジーからなっていた。これらのグループは、ナチズムに対し、その当初から1933年に至るまで、絶えず敵意を抱いていたが、その優れた、特に労働者階級の組織を持っていたにもかかわらず、彼らの政治的信念のあらわれとして当然期待してよいはずの抵抗を示さなかった。彼らの抵抗の意思はたちまち崩壊し、それ以後、彼らはナチ政権に対し(英雄的に戦った少数のものを除いて)ほとんど障害とはならなかった。

 

ナチ政権に対する簡単な服従は、心理的には主として内的な疲労とあきらめの状態のように思われる。そしてこの状態は、現代における個人の特徴であり、民主的国々においても例外ではない

 

当時のドイツにおいては、労働者階級に関する限り、もう一つの条件が存在していた。すなわち、1918年の革命*1における最初の勝利ののちに、労働者階級が喫した敗北*2である。労働者階級は社会主義の実現、少なくとも、彼らの社会的地位の向上について強い希望をもって、戦後の時期に入っていった。しかし理由はともかく、労働者階級は敗北の連続に直面し、すべての希望を完全に失ってしまった

 

1930年の初頭までに、最初の勝利の諸成果はほとんど完全に破壊され、その結果、あきらめ、指導者への不信、政治的組織や政治的活動の価値に対する懐疑、などの深い失望感を得ただけであった

 

彼らはなおそれぞれの政党の党員としてとどまり、意識的にはその政治上の主義を信じていた。しかし心の奥底では、多くの人々は政治的行為の有効性について、すべての希望を失ってしまっていた

「自由からの逃走」エーリッヒ・フロム著・日高六郎訳、東京創元社

より

 

*1- 11月3日、キール軍港の水兵の反乱が発端になり、大衆が蜂起、皇帝が廃位され、ドイツ帝国が打倒された。

*2- 帝政が打倒され共和国が樹立したが、帝国時代の支配層である軍部、独占資本家、ユンカー(地主層貴族)は温存された。彼らの後援者である極右勢力、軍人らの共和国転覆の陰謀、クーデターが政府を揺さぶる一方で、極左党派は社会民主党の労働者への裏切りを激しく攻撃し、政治的に非常に不安定な状態となっていた。

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
( `ー´)ノ
おきてがみ
(=゚ω゚)ノ
ブログ村投票
プロフィール

スエスオ

Author:スエスオ
オリジナルのエッセイ・ブログを目指して鋭意更新中

ブログランキング.net