倫理的個人主義

ロバート・N・ベラー著 「心の習慣」 みすず書房ー日本語版への序文より

変革の拠りどころ

研究者としての私の歩みは、日本研究の専門家としてスタートした。アメリカ研究に取り組むようになったのは、いわば偶然の要因による。ベトナム戦争のとき、東南アジアへの介入に反対するための文化的な拠りどころを掘り起こす仕事に取り組み始めたのである

 

この新著では制度に焦点がおかれる。現代アメリカは、諸制度の根本的な変革を必要としている。それはどのような変革なのかを考察しようとしたものである

 

しかしながら、私の日本研究とアメリカ研究はある深いレベルで結びついている。人類学者のジェームズ・ピーコックは「心の習慣」の特徴をなす対人関係に対する繊細さは、私のかつての日本研究によって育てられたに違いないと言っている。共著者の一人、リチャード・マドセンは中国の専門家である。本書の共著者のうち二人は東アジア研究という背景を持つわけである。本書がモーレスすなわち「心の習慣」に焦点をあてていることじたい、儒教の「礼」に照応するものをアメリカ文化のなかに探し出そうとしているものとも言えるかもしれない。

 

本書はアメリカ人の生活の儀礼的パターンを描き出そうとしたといえる。心の底に深く根を下ろした個人主義のゆえに、アメリカ人は自分たちは内発的に生きているのであって、儀礼などには支配されていないと考えようとする。しかし、事実はそうではない。この点こそ、本書の中心的な主張の一つである。すなわち、個人主義はそれじたい有無を言わせぬ儀礼的パターンであり、強力な文化的圧力によって押し付けられるものであり、内発的なものなどではありえないのである

 

功利的・表現的個人主義から倫理的個人主義へ

本書を通じて、私たちがアメリカの個人主義に対して批判的であることははっきりしている。しかし、この点で私たちの立場が誤解される恐れがないとは言えないとくに個人主義が弱い社会ではその危険がある

 

日本人読者の中には、とくに今のような環境のもとでは、本書からきわめて否定的なアメリカ人の生活を読み取ろうとする向きもあるかもしれない。今日のアメリカ合衆国が抱えるさまざまな困難は、みなアメリカの個人主義に由来するものだとする読み方である。ここで強調しておきたいのは、そうした否定的な読み方は、私たちの意図からほど遠いということである。確かに私たちはアメリカ社会を批判している。この批判が改革への刺激となることを望んでいる。しかし、アメリカ文化総体を退けはしていない。私たちが批判しているのは、個人は社会から切り離された絶対的な地位を持つとする功利的個人主義と表現的個人主義である

 

それに代わって私たちが支持するのは、社会に根を下ろした倫理的個人主義である。個人と共同体が相互に支えあい強化しあうようなあり方である。この責任ある倫理的個人主義のための文化的資源は、アメリカ伝統の共和主義的系譜と聖書的系譜に見いだされる。お互い同士から人を切り離そうとするラディカルな個人主義は、実は強い個人主義ではなく弱い個人主義をつくりだす。これが私たちの論点である

 

強い個人主義を支えるには強い共同体が必要である。このような強い共同体は、個人が共同体から距離をとり、共同体を批判するときでさえ、その個人を受け入れ、支えてゆくことができる。近代以降の日本ではこの種の倫理的個人主義を創出するための長い努力が重ねられてきている。本書はそうした事実を支持するものであり、反対するものではありえない。

 

日本社会とアメリカ社会の違いは大きく、それも近年に始まったことではない。それぞれの長所と短所が反対であるようなところが少なくない。だからこそ、私たちはお互いから学びあうべきである。

 

しかしながら、まさに二つの社会の違いゆえに、直接学びとることは困難である。文化的歴史的背景を理解せずに、ある制度や慣行を脈絡から切り離してしまえば失敗は避けられない。

 

表面的な学び方ではあまり役に立たない。真に助けとなる学習のためには、相手の国の歴史と文化に深く身を浸すことが不可欠である。

個人主義の未来

ロバート・N・ベラー、R・マドセン、S・M・ティプトン、W・M・サリヴァン、A・スウィドラー 共著 「心の習慣」アメリカ個人主義のゆくえ(みすず書房)より

 

私たちはいかに生きるべきかアメリカ人とはいったい誰なのか?このような質問を、私たちは全国各地の市民に聞いてみた。彼らの人生について、彼らにとってもっとも大事な事柄について話し合った。私たちはまた、彼らの家族や地域共同体について、彼らの疑いや、不安、そして大きな社会(国民社会)に対する彼らの希望や恐れについて話し合った。

 

彼らはみな、何が正しい生き方か何を子供に教えるべきか何が私たちの公共的な責任で、何が私的な責任なのかといった問題をめぐって、熱心に語った。しかし同時にまた、彼らはこうしたテーマに多少面食らっている様子でもあった。これらの問題は重要な関心事ではあるが、道徳的な問いかけは私的な懸念として処理され、このような問題を公に問うたりするのは厄介なこと、きまりの悪いことであるかのようだった

 

私たちが投げかけた、そして人々がくり返し私たちに投げかけた根本的問いは、どうしたら道徳的に筋の通った人生を維持あるいは創造することが可能か、というものである。しかし、私たちがどのような人生を送りたいと思っているかは、私たちがどのような国民であるかにかかっている

 

フランスの社会哲学者トクヴィルは、アメリカ人のモーレス(社会の安全や公共の福祉に有用であると成員がみなす強い規範)を「心の習慣」とよんだ。彼は、アメリカ人の家族生活と宗教的伝統と地域の政治への参加を取り出して、それらが政治共同体への関わりを持つことのできる人間、究極的には自由な諸制度の維持に貢献することのできる人間の創造に資していると論じた

 

彼はまた、私たちの国民性のいくつかの側面ー 彼はそれを「個人主義」の名で呼んだ最初の一人である。ー が、ゆくゆくアメリカ人をお互いに孤立させ、前提である自由を崩壊させるかもしれないと警告した。アメリカの歴史を強固に貫いているものは、個人主義であるように思われる。私たちは、この個人主義が病巣のように増殖を遂げているのではないかという懸念をもっている。個人主義は、トクヴィルが社会に潜在する破壊的な要素を中和するものと考えた社会的外皮(家族生活、宗教的伝統、地域的政治参加)を破壊し、自由そのものの存続をも脅かしつつあるのではないかと憂慮している

 

そして、私たちはまた、個人性を破壊することなしに個人主義の破壊的な側面を制限し抑制してくれるような、そしてアメリカ人の生き方のもう一つのモデルを提供してくれるような、もろもろの文化的伝統の実践にも関心を抱いている

 

 

 

 

ブライアン・パーマーの生活(1)

ロバート・N・ベラー、R・マドセン、S・M・ティプトン、W・M・サリヴァン、A・スウィドラー 共著 「心の習慣」アメリカ個人主義のゆくえ(みすず書房)より

 

中産階級は、とりわけアメリカ社会では中心的な位置を占めてきた。初めからアメリカは「中等身分(ミドリング・コンディション)」が主たる重要性をになっている社会であった。そして、過去100年ほどを通じて、中産階級が私たちの文化を支配し続けてきており、そのため真の上層階級も、真の労働者階級も完全には出現したことがないほどである

 

人生は挑戦である

ブライアン・パーマーは、サノゼ市郊外の快適な住宅地に住み、大企業のトップレベルの部長として働く、成功したビジネスマンである。現在41歳、背の高い、活力あふれる引き締まった体格。若いころは無数の馬鹿騒ぎ、頻繁なセックス、金稼ぎのための相当な努力の毎日を送っていたという。24歳で結婚。その後の数年間は、妻と子どもに対する大人としての責任を引き受けることが生活の指針となり、ブライアンは昇級して家族への責任を果たすことに熱心に励んだ。そのために「若い遊びの日々」と訣別することに不満はなかった。

 

そうするしかなかったのです。私は金がなければやってゆけないたちでしたし、妻は家計を助けることは出来ませんでした。では働くしかないだろう。そんな具合です。私の価値体系では独立独行(セルフ・リライアンス)ということがかなり重要なものとなっています。だから働くのはほとんど生理的なことでした。なぜ働くかは考えませんでした。ただ行って働いただけです」。

 

ブライアンと妻との生活は、彼の考えでは、満足できる性生活、子ども、出世の尊重を除いては、ほとんど共有するところのないものとなった。夫婦生活・家族生活の犠牲のもとに、彼は成功した。

 

家族との関係はどうあるのが望ましいと思っていたか?妻と子供に対し、物質的に世話をする、ものを提供するのが私の義務であり、私としては、彼女たちがそんな生活になじんでくれたら嬉しいと思っていました。重要なのは家族にたいして物質的供給の責任を果たすことであって、生活を分かち合うことは重要ではなかったのです。私はめいっぱい働きました。一番の猛烈社員でしたね。私はこう言っていました。おかげでよい車も買えたし、良い家も手に入れた、カントリー・クラブにだって入れた。お前はどうぞ出かけていって、デンと座って何か飲んで、プールに入っていればいいだろう。代金は俺が払う。俺は仕事に打ち込んでいるからなってね」。

 

ある日家に帰ってみるとー 私の家は前から売りに出されていて、買いたいという人も現れていました ー妻がこう言ったんです。『手を打つ前に覚悟しておいてちょうだい。この家を手放したら、私はあなたと別の家で暮らしますから』。彼女が離婚を考えているっていう、これが公式通告だったのです」。

ブライアン・パーマーの生活(2)

ロバート・N・ベラー、R・マドセン、S・M・ティプトン、W・M・サリヴァン、A・スウィドラー 共著 「心の習慣」アメリカ個人主義のゆくえ(みすず書房)より

 

成功へのあくなき執着

離婚によってブライアンは人生を根本的に見つめ直すことになった。それまで自分が追い求めていた成功には限界があることを深く考えさせられた。

 

離婚はこれまでの人生で最大級の驚きでしたね。私はあらかじめ計画を立てておいてから動くタイプです。でも独り身で暮らすのに計画なんかありませんでしたから、ものを考える時間がたんとあります。考え込んでいるうちに、もうほんとに長いことやっていなかった読書を始めました。大学を出て以来忘れていたクラシック音楽のことを思い出して、初めてバッハのアルバムを買いました。考えることといったら、まずたいてい独り暮らしの方法、それから子供との接し方でした」。

 

子どもたちはブライアンと一緒に暮らすことを選んだ。彼は人生の優先事項について、これまでの考え方を改めなければならないことに気づく。

 

片親というものは世間で言っているようなものじゃないって、つくづく思い知らされましたね。まったくみじめなもんです。朝会社に出かけると、私付きの秘書がいて、参謀もおそろいで待っていて、何百という人間が私の命令で動いています。ところが、家に帰ると、どこぞのトム、ディック、ハリーと同じこと、我が子ながら三人のデカい奴らの食事の始末に追われることになる。二時間かけて夕食の準備と後片付け、それから洗濯、洋服をたたんで床掃除と、ロクでもない肉体労働ばっかりです。でも息子たちが私と暮らすほうを選んだというのは、私にとって非常に意味のある事でしたね。ひよっとして俺は『子育て課』でもまずまずの成績を上げていたのかなってわけです」。

 

妻は去り、彼女が不倫していたことも後でわかった。とはいえ、こうして反省してみることでブライアンは、人間関係における自分自身の役割について考え直すことになる。

 

私は問題とあれば解決せずにはおけない性質(たち)なのです。今回の失敗についても分析してみました。私は失敗が嫌いです。負けるのは駄目、勝つことが好きです。そこで振り返ってみて、何がまずかったかのかと考えてみたのです。そうすると、夫婦生活がご破算となったことの少なくとも50%は私の責任であると言える。見方によっては99%まで私の責任と言えるかもしれない。私は自分に問いかけてみました。なぜ私はこの場合こうするのか?職場でこうするのはなぜか?家庭でこうするのはなぜか?― 結局わかったことは、私にとってある一つの価値が非常に重要だったということです。それは成功です。あるいは失敗に対する恐れと言ってもいい。しかし私の成功志向は異常でした。すべてが仕事の、出世の、会社の犠牲になっていました。馬鹿な話!そんなことではいけないのだと思いましたね」。

ブライアン・パーマーの生活(3)

ロバート・N・ベラー、R・マドセン、S・M・ティプトン、W・M・サリヴァン、A・スウィドラー 共著 「心の習慣」アメリカ個人主義のゆくえ(みすず書房)より

 

解決されない問題

人生の喜びと満足の源泉を問い直すことで、ブライアンの思考に革命がもたらされた。人生に望むべきものについての新しい考えを理解するようになったのは、先の妻とは非常に異なるタイプの女性と再婚してからのことである。

 

自由な気持ちで愛情を受け取り、愛情を送る。わが身を捧げてみればわかります。これはまったく互恵的なことなんですね。もっと相手に関わりたい、もっと分かち合いたい。ほとんど心理的高揚状態ですね。私の考えでは、真の愛というものは、相互に尊敬し、賞賛しあい、愛情を交わし、自由な気持ちで与え、受け取ることができてはじめて成立するものです」。

 

新しい妻はブライアンと同年齢で離婚歴があり、連れ子が四人。現在は自身の三人の子供を含めたうちの五人が家に残っており、一家にはあふれる活力、相互の献身、コミットメントがあって、楽しい生活を築いている。

 

さまざまな意味において、ブライアンの物語は個人的なサクセス・ストーリーである。彼は物質的に成功したばかりではなく、人生に求めるべきものについて、物質的以上に確かな何かをつかみ取るための機会を逸しなかった。しかし、彼の人生は大勝利であるにもかかわらず、また彼は確かに充実感を得ているように見えるにもかかわらず、ブライアンの話にはなおひとつ、はっきりしないところがある。何か大事なものが未解決のままになっている

 

主体性・一貫性の欠如

ブライアンの問題が明らかになるのは、出世一筋の人生よりも今の人生が良いと言えるのは、どうしてなのか?彼に説明を求めたときである。なぜ人生が変わったのか?なぜ現在は幸せだと言えるのか?彼の述べるところによれば、その主な理由は、自分にとって何が幸せなのかについての彼の考えが変わったことにあるらしい。彼の新しい目標

ー 夫婦生活と子供たちへの献身 ーも、以前までの物質的成功の追求と同じくらい恣意的で深い考えのないもののようである。両者とも、人生の目標に対する大きな展望に基づくものというよりも、単に個人的な好みということで正当化されているにすぎない。ブライアンは自分は一貫して功利的損得計算、自己の私的利益への献身を追求してきたのだと言うが、自分の個人的好みに生じた変化について説明することは出来ない。なぜ彼の好みは変化したのか?彼の話は、ときには過去の生活を間違ったものとして拒絶しているようでもあり、ときには以前の生活に飽きが来たと言っているだけのようでもある

 

まあ、優先事項をちょいと変えてみただけですよ。成功の追求オンリーなんて良い生活であるであるとは、とても思えません。今の私にとって、成功は最重要のことではない。自分は達成したいと思うものを達成することができる、そのことを自分に証明することに満足を見出していたのです。ですから目標の達成に挑戦することに、以前みたいな神秘的な魅力がなくなったのです。子どもたちと一緒にいることからだって、個人的な報酬がたくさん得られることに気づいたのです」。

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
( `ー´)ノ
おきてがみ
(=゚ω゚)ノ
ブログ村投票
プロフィール

スエスオ

Author:スエスオ
オリジナルのエッセイ・ブログを目指して鋭意更新中

ブログランキング.net