ネッシー死亡説

僕は自分の目で見たものしか信じない。
けど、この目で見たものはどんなに馬鹿げたものでも信じるよ。

(NAVERまとめ、心に刻め!!スナフキンの名言集より)

1972年6月、世界的発明家で音波探知ソナーの専門家ボブ・ラインズさんは「ネッシー」を初めて目撃する。ネッシーらしき生物は、水面から1メートルくらい突き出たコブのようなものを持ち、皮膚はゾウとクジラが混ざったようなザラザラした灰色だった。生物は風上に向かって湾の奥のほうに向かって泳いでいたが、突然Uターンして戻ってくるとラインズさんの目の前で垂直にもぐって姿を消した。

その後40年間、定期的にソナー探査した結果ネッシーの存在を確信するに至るが、2005年以降は中層域(最も生物数が多い捕食生物の生息に適した深さ)で大型の生物を検知することが出来なくなった。

時を前後して地上からの目撃例も激減する。ラインズさんの考えでは、おそらくネッシーは死んで湖底に沈んでいるが、湖底は水温が5℃と低いため死骸が残っているはずであるという。

(ヒストリーチャンネル、シリーズ:未確認モンスターを追え/ネッシー死亡説)

番組では遠隔探査装置で撮影された、大型の生物の死骸?らしき写真以外、決定的な証拠は見つからなかった。しかし、2005年までソナーで検知できた大型の生物が検知できなくなったということは、2005年までは、正体不明の大型の生物が湖を泳いでいたという事だろうか?

エレクトリックマン

メキシコ・アルバカーキ在住のヤニュシュさんはある日を境に自分が無意識に電灯を消してしまうことに気付く。車や徒歩で移動中ヤニュシュさんが通過するとかなりの確率で街灯が消えてしまうのである。

このような現象は世界中に存在し、研究者のヒラリー・エバンスはStreet Lamp Interferenceの頭文字SLIと、Data ExchangeのDEををくっつけて「SLIDE」と名づけた。このような現象を起こす人たちのことを「スライダー」と呼ぶ。

人間の脳は電気信号を用いることにより体を動かしているので、もしスライダー現象が本当に起こるのであれば脳が関わっていると、ヤニュシュさんは考えている。だたし、電気信号はとても弱いものなので外部の電灯を消してしまうような力はない。

アリゾナ大学のスチュワート・ハマロフ博士は脳の活動には量子物理学が関わっていて、スライダー現象は量子物理学で解明できるかもしれないと考えている。ハマロフ博士の共同研究者ロジャー・ペンローズは、思考は複雑なコンピューター以上のものでアルゴリズム以外の何かが関わっていると考える。

麻酔医でもあるハマロフ博士は麻酔薬で人間が意識を失う仕組みをこう説明している。

「麻酔は脳のタンパク質、微小管と呼ばれる構造を造るタンパク質に作用すると考えられています。覚醒時に微小管のタンパク質は小刻みに振動しています。量子効果が及んでいるからです。しかし麻酔が脳に入ると量子効果がとまるのでタンパク質の振動が止まって、それにより意識を失うのです。麻酔が抜けるとタンパク質が再び振動し覚醒するのです」

ハマロフ博士はさらに考えを進め、神経ニューロンは大きすぎて量子効果を受けないが、微小管を構成するタンパク質は量子効果を受ける可能性がある。もし脳が量子コンピューターだとすると古典的物理学の支配を受けない奇妙な振る舞いを見せる可能性があると。

バスケットボールの試合はバスケットボールのルールとニュートンの古典物理学に支配されているが、もし量子物理学に支配されていると、次のようなものになるそうだ。

「ボールもプレーヤーも同時に二箇所で存在し、同じコートのみならず異なる体育館に存在するプレーヤーとぶつかるかもしれない」

量子物理学の世界で、この現象は「もつれ」と呼ばれる。一見何の関係もない物や出来が事が、本当はつながっているのである。思考の中心にこの量子効果が存在するとしたらスライダー現象の説明がつくかもしれないというのが博士たちの主張である。

(ディスカバリーチャンネル、エレクトリックマンより)

もしかしたら、魔法や超能力は本当に存在して、これら量子効果と関係があるのかも(ないのかも)
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
( `ー´)ノ
おきてがみ
(=゚ω゚)ノ
ブログ村投票
プロフィール

スエスオ

Author:スエスオ
オリジナルのエッセイ・ブログを目指して鋭意更新中

ブログランキング.net