The Blacklist:ブラックリスト

君に真実を伝えることは出来る。だが信じさせることは出来ない。

私は多くの人間を殺したが、すべて私同様、殺されても文句の言えない犯罪者だ。殺されるべきではない人間を、殺したことはない。

 

 

FBI指名手配者リストの最重要人物、レイモンド・レディントン、通称「レッド」。海軍士官だった彼は、1990年勤務中に失踪、4年間の潜伏の後、裏社会で情報提供を仕事にする「犯罪コンシェルジェ」として暗躍していた。

 

レッドはある日突然FBIに出頭、自身が知る凶悪犯罪者の情報を提供し逮捕に協力しようと申し出る。そして彼との連絡係に指名されたのは新米捜査官のエリザベス・キーンだった。レッドの真の目的とは何か?なぜエリザベスを指名したのか?エリザベスの秘密とレディントンの過去が次第に明らかになってゆく。

 

 

自己紹介をしよう

私は美食家の金持ちだ

長い間 人々を眺めてきた

多くの人から魂と信仰を奪ったものだ

 

神の子が苦痛から

父を疑ったときも

私はそこにいたんだ

ピラト総督が彼を裁き 手を洗い

責任を逃れようとしたときも

 

お目にかかれて光栄です

私の名前は知っているでしょう?

でも君たちは戸惑っているんだな

私のゲームのやり方について

 

当時私はペテルブルグにいた

時代が変わるのを目撃したんだ

皇帝と彼の大臣を殺害したときに

アナスタシアはいたずらに叫んだよ

 

私は戦車に乗り込んで

将軍として君臨した

電撃戦が激化して

腐敗臭がただようなかで

 

お目にかかれて光栄です

私の名前は知っているでしょう?

でも君たちは戸惑っているんだな

私のゲームのやり方について

 

私は歓喜しながら見ていた

君たちの王や女王が

勝手に創造した神話のために

100年間も戦争を継続したことを

 

私は大声で叫びたい

誰がケネディーを殺したのか?

今になって思えば 結局

君たちとそして もちろん私だ

 

自己紹介をしよう

私は美食家の金持ちだ

私が詩人を陥れる罠を仕掛けたので

彼らはボンベイに辿り着けなかった

 

お目にかかれて光栄です

私の名前は知っているでしょう?

でも君たちは戸惑っているんだな

私のゲームのやり方について

 

お目にかかれて光栄です

私の名前は知っているでしょう?

でも君たちは戸惑っているんだな

私のゲームのやり方について

 

すべての警察官が犯罪者なら

すべての罪人は聖者となる

すべて表裏一体なのだ

私を悪魔と呼ぶのなら

私には手綱が必要だろう

 

私と一緒にやりたいのなら

若干の礼儀が必要だぞ

少しの憐れみと 旨い酒

君たちの良識と上質のおもてなしを

さもなくば君たちの魂を

地獄へ連れてゆくことになるぞ

 

自己紹介をしよう

私は美食家の金持ちだ

長い間 人々を眺めてきた

多くの人から魂と信仰を奪ったものだ

 

君は画面につく指紋を気にするタイプ?それとも気にしないタイプ?」➡ レイモンド・レディントン

THE MENTALIST:メンタリスト

ワーナー海外ドラマ公式サイトにて、メンタリスト・1「第一話、レッドジョンの影」無料公開中

http://wwws.warnerbros.co.jp/kaidora/ep1/mentalist.php

 

おじさんは警察の人間だから、犯人を殺すことは出来ない。でも、捕まえて死ぬほど後悔させてやる

 

死は誰でも経験する、だが死ぬ前に後悔する人間は少ない。おじさんが馬鹿で、TVで悪いやつを怒らせたから、奥さんと子どもがそいつに殺された。とてもつらいよ

 

 

「虎よ、虎」

レッド・ジョンは謎に包まれた殺人犯で、ジェーンにさえ手掛かりを与えない。微かな手掛かりの一つが、レッド・ジョンの信奉者が残す「虎よ、虎」という合言葉。

 

ウィリアム・ブレイク「虎」

 

虎よ虎

真夜中の森に燃えるように輝く虎よ

どのような奇跡の手技とアイデアが

虎の恐るべき姿をつくったのか

 

何らかの深淵あるいは太虚が

君の目を燃え上がらせるのか

何が君に超越を与えるのか

何故君は恐れを知らないのか

 

どのような力そして芸術が

君の命を操るのか

虎の心臓が鼓動するときの

四肢の力は何という強さだろう

 

ハンマーと鎖

虎の意識をつくる溶鉱炉と

どのような鉄床と強い握力が

戦慄の姿をつくったのだろう

 

星が矢のような光を放ち

あふれる涙が天国を濡らす

神は創造物を見て微笑む

従順な子羊をつくった神がまた

恐怖の虎を生み出したのだ

 

虎よ虎

真夜中の森に燃えるように輝く虎よ

どのような奇跡の手技とアイデアが

君の恐るべき姿をつくったのか

 

正しいことをするのは簡単さ。でも、何が正しいのか判断するのは難しいんだ。」➡ パトリック・ジェーン

Gotham:ゴッサム

怪物を倒すために一線を越えたら、君自身が怪物になるぞ

 

犯罪都市ゴッサム・シティ、やがてダークナイトに変身する運命の少年ブルース・ウェインはバットマンの盟友ゴードン刑事、元特殊部隊の軍歴を持つ執事アルフレッド、ブルースの両親殺害の目撃者、孤児のセリーナと共にドクター・ストレンジの「実験」の謎と両親殺害にまつわる陰謀を追う。バットマンでお馴染みの、ペンギン、ジョーカー、キャットウーマン、トゥーフェイス、リドラー、ミスター・フリーズ、ポイズン・アイビー、ファイアフライなど、怪物たちの奇妙で残酷な誕生の物語。

 

 

注意深く音を立てずに歩きなさい

なぜなら君は私を制御できない

私は魔法で記憶を埋め込む

私は囚人を囲わない

 

私はあなたに伝えよう

私はあなたを追い詰める

君にまとわりつかれるのは御免だ

私が君を屈服させる

完全に支配してやる

 

私はあなたに伝えよう

私はあなたを追い詰める

君にまとわりつかれるのは御免だ

私が君を屈服させる

完全に支配してやる

 

明かりを小さくしてください 愛の光を

そして隠されているものを見つけるんだ

私が爪をかけるまでそんなに時間はないぞ

そして以前に増し君の立場は弱まる

 

私は魔法で記憶を埋め込む

私は囚人を囲わない

 

私はあなたに伝えよう

私はあなたを追い詰める

君にまとわりつかれるのは御免だ

私が君を屈服させる

完全に支配してやる

 

私はあなたに伝えよう

私はあなたを追い詰める

君にまとわりつかれるのは御免だ

私が君を屈服させる

完全に支配してやる

 

私は君に火をつけて

そして君を屈服させる

孤独の増大

「自由からの逃走」エーリッヒ・フロム著・日高六郎訳、東京創元社

より

個性化の二つの側面

子供は成長するに従い、自由を欲し独立を求める気持ちが生まれる。個性化の側面の一つは、子供の肉体・精神・感情が強くなり、おのおのの領域において積極性が高まると同時に、それぞれの領域が統合されてゆくということである。そして、理性的な思考によって導かれる一つの組織化されたパーソナリティー(自我)が形成されてゆく。個性化のおし進められてゆく過程は、自我の成長ということもできる。個性化と自我の成長がどこまで達するかは、部分的には個人的条件によるが、本質的には社会的条件に左右される。そして、すべての社会は、ある一定の個性化のレベルを持っているが、普通の人間はそのレベル以上に進むことは出来ない。 そして、

個性化の過程のもう一つの側面は、孤独が増大してゆくということである。

第一次的絆は、外界との間に根本的な統一を与え、子供はその絆により安定して生きることができる。しかし、

子供は成長に従い、自立のためにこの絆を切ろうとする。そして、

自分が孤独であること、他人から独立した存在であると自覚するようになる。このようにして、

第一次的絆からの分離は、無力と不安の感情を生み出す

 

⇒ 外界は、個人的存在と比較すれば圧倒的に強力であり、往々にして脅威と危険に満ちている。人間は、外界の一部分である限り、個人の行動の可能性や責任を自覚する必要はなく、外界に怯えることもない。しかし、人間が独立した個人になろうとすれば、自分独りで外界の圧倒的な力と対峙する必要がある。ここに、

個性を投げ捨てて外界に没入し、孤独と無力の感情を克服しようとする衝動が生まれる。しかし、

これらの衝動や、それから生まれる新しい絆は、成長の過程でたちきられた第一次的絆と同じものではない。

母親の胎内に戻ることができないのと同じように、個性化の過程を逆行することはできない。もしあえて、そのようにしようとすれば、それはどうしても服従の性格をおびることになる。しかも、

そのような服従においては、権威とそれに服従する子供とのあいだの根本的な矛盾は解消されない。子供は意識的には安定と満足を感じるかもしれないが、無意識的には、自分の払っている代価が、自分の強さと統一性の放棄であることを知っているからである。そしてこのような服従は、かつてのものとは正反対の結果を生む。 すなわち、

服従は子供の不安を増大し、同時に敵意と反抗を生み出す。そして、その敵意と反抗は、子供が依存している(依存するようになった)まさにその人に向けられるので、なお一層激しいものになるのである

(=゚ω゚)ノ
blogramのブログランキング
音楽を別ブログにまとめました
♬ (^^♪
過去記事
カテゴリ
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
( `ー´)ノ
おきてがみ
(=゚ω゚)ノ
ブログ村投票
プロフィール

スエスオ

Author:スエスオ
オリジナルのエッセイ・ブログを目指して鋭意更新中

ブログランキング.net