社会は狂っているのか、いないのか。

ナルシシズムとは個人と社会における非現実性の程度を示すものである。

成功した人間になれるかどうかを、愛し愛されたいという欲求よりも上位におく行動パターンには、どこか狂ったところがある

自分の存在基盤を、身体の感覚や感情に求めるのではなく、人からどう見られているかということで判断する人は、どこか狂ったところがある

より高い生活水準という名目のために、大気や水や大地を汚染する文化には、どこか狂ったところがある。だがいったい、文化とは狂いうるものなのだろうか?

 

精神医学における狂気とは、自分が属す文化の現実にふれることのない人間のしるしだとされている。そうした基準からみて、仮に文化の中に狂気など存在しないということであれば、成功したナルシシストは狂気からほど遠くにいるということになる。しかし、現代の大都市に見られるような人々の熱狂性、

もっと多くのお金を儲けようとして、もっと大きな権力を手に入れようとして、前に進もうとして、がんばっている人たちは、どこか狂ったところがありはしないだろうか

熱狂は狂気のしるしなのではないだろうか

 

ナルシシズムの底に潜む狂気を理解するためには、専門性にとらわれない視野を持つ必要がある。たとえば「都会の騒音は人を狂わせる」などというとき、私たちは現実的で、人間的な、意味のある言葉として話す。だれかを「少々狂っている」と評するとき、私たちは精神医学の文献では見ることができないような真理を表現している。

 

人々が普通の、日常的な言葉で表現するような経験をも取り込むことができるように、精神医学がその概念や理解を拡大することができるなら、それは精神医学にとって大いに得るところがあるだろう。

 

ナルシスティックな状況について理解するには、問題をつくりだす文化の諸力と、個人がなぜ、その状況に加担してゆくのかという心理的要因の両方を考える必要がある

 

患者はみな自分を理解してくれる人を必死に求めている。彼らは子どものころ両親に理解されていなかった。彼らは感情をもった人間として見られておらず、同時に人間性にたいする敬意をこめてあつかわれてもいなかった。彼らの苦しみを見抜くこと、恐れに気づくこと、人を狂わせもするような家庭環境の中で、自己の正気を保つための闘いがいかに激しいものであるかを知ることでしか、彼らの障害から脱出しようとする努力に、有効な援助を与えることは出来ないのである。

➡ A・ローウェン「ナルシシズムという病い」文化・心理の病理

(新曜社)より

過剰適応と、感覚・感情の喪失

個人のナルシシズムは文化のナルシシズムに対応している。私たちは自分のイメージにあわせて文化を形成し、個人は文化によって形成される。そのため一方を理解することなしに、他方を理解することは出来ない。心理学が社会学を無視したり、反対に社会学が心理学を無視することも出来ない。

 

現在セラピストを訪れる人々には、ある際立った特徴がある。少し前まで主流だったノイローゼ、つまり

罪悪感や不安や病的な恐怖や強迫観念のために無力化されてしまうようなノイローゼは、今日ではあまり見ることができない。そのかわりによく見られるのは、抑うつ状態を訴える人たちである。彼らは、感情が欠如していること、内面の空虚さ、深いフラストレーション感覚、深い自己不全感を口にする

 

彼らの多くは仕事の面ではうまくいっているのだが、そのことは、彼らの現実の生活と、彼らの内部で進行していることの間に深い亀裂があることを暗示している。奇妙に思えるのは、障害の深刻さにもかかわらず彼らが不安や罪悪感を比較的感じていないことである

 

こうした不安や罪悪感のなさは、感情の欠如と一体になって、彼らがあたかも現実に存在している人間ではないかのような印象を人に与える。彼らがやることは、

あまりにも能率的で、機械的で、完璧であり、人間業とは思えないほどである。彼らは、人間というよりは機械のように機能する

 

ナルシシストとそれ以外の人間を区別するものは、人間味の欠如である。彼らは核による人類絶滅の危機に脅かされている世界の悲劇を感じないばかりでなく、

自分のことをかまってくれない世界に対して、自分が値打ちのある人間であることを証明することに人生が費やされることの悲劇を感じていない

自分が優れた人間、特別な人間であるというナルシスティックなファザードが崩壊し、喪失と悲しみの感覚を意識するときには、しばしばもう手遅れである

一人の男、大会社の社長がいて、末期ガンであることを告知された。生命の喪失という事態に直面することによって、彼ははじめて人生の何たるかを発見した。彼はこんなふうに説明する。

 

私はこれまで花など見たことがなかったし、太陽の輝きも、野原も見たことがなかった。私は、自分が成功した人間であることを父に証明するために、自分の一生を費やしてきた。私の人生の中には愛のしめる場所がなかった」。

 

この人は大人になってからはじめて泣き、助けを求めて妻と子どもたちに手を差し伸べることができたのである

➡ A・ローウェン「ナルシシズムという病い」文化・心理の病理

(新曜社)より

私たちの文化の病

たとえば人生のすべてを、高いところも低いところも知ること、権力を持つこと、賞賛されること、自分は特別だと感じること。権力をもつことへの誘惑にはなかなか抵抗しがたい。とりわけ、子どものとき自分が愛するひとびとに傷つけられたり、裏切られたりしたことのある人には。権力と引き換えに天国を売り渡すことは、悪魔の取引である。そしてそれこそナルシシストの取引なのである

➡ A・ローウェン「ナルシシズムという病い」文化・心理の病理

(新曜社)第九章 われわれの時代の狂気 より

 

個人のナルシシズム(自己-selfと自我-egoの分裂・対立の構図)

ナルシシズムとは自己を犠牲にしてなされる、自分のイメージへの過剰なのめりこみを特徴とするパーソナリティ障害である。ナルシシストたちは、

自分がどう感じるかということよりも、自分がどう見えるかということに関心を持つ。じっさい彼らは、

自分が追い求めるイメージと、矛盾するような感情を否定していく。彼らは感情無しに行動しながら、

人を誘惑し、操縦し、権力や支配力を得ようとして闘っている

彼らは自己中心的な人間で、自分の利害に関心を集中しながらも、真の意味での自己の価値(自己表現自己抑制品位の感情誠実さ)が欠けている。ナルシシストには、身体感情からくる自己感覚が欠けている

がっちりとした自己感覚が欠けているために、彼らは人生を空虚で無意味なものとして経験する。それは荒涼とした状態である

 

文化のナルシシズム

文化のレベルにおいて、ナルシシズムは人間価値の喪失のうちに、つまり

環境への関心生活の質に対する関心同胞への関心の喪失のうちに見出すことができる。利潤や権力のために自然環境を犠牲にする社会は、人間の欲求に対する鈍感さを示すものである

物質的なものがどれほど増大したかということが、生活がどれほど進歩したかということの尺度となり、男は女と、労働者は雇用者と、個人は共同体と闘わざるを得なくなる

 

知恵よりも富が高い地位を占め、人間としての品位よりも名声が賞賛され、自分に敬意を払うことよりも成功することのほうが重要だとされるときには、文化そのものが「イメージ」を過大評価しているのであり、それはナルシスティックだとみなされなければならない

旧世代の動揺と新世代のアクトアウト:ナチズムの心理(4)

君主制や国家のような、社会的シンボルの衰退は、家庭内における両親の権威も弱体化させた。特にインフレのもとでは古い世代は困惑し、すばしこい若い世代よりも、新しい条件にうまく適応できなかった。若い世代は旧世代に優越を感じ、目上の人間やその教えを真面目に受け取ることができなくなった。さらに中産階級の経済破綻は、両親から子どもの経済的将来の保護者としての役割を奪った。

 

下層中産階級の古い世代は、ますます怨みと憤りを感ずるようになったが、それは消極的なものであった。それに反し、若い世代は行動に突き進んでいった。彼らの経済的地位は、かつて両親が持っていたような特権が失われたために、一層悪化したのである。雇用市場は飽和状態で、社会的地位を保証された医者や弁護士などの職業に就く機会は僅かしかなかったが、戦争で戦った人々は、現実で受けているよりも、より多くのものを要求する権利があると考えていた。特に何年間も命令することに慣れ、権力を行使することに慣れていた多くの若い将校は、書記や行商人になることを潔しとしなかった

 

増大する不満は外部へと反射し、国家社会主義の重要な源泉となった。旧中産階級の経済的・社会的運命を自覚する代わりに、自己の運命を意識的に国家と関係させて考えた。現実的な不満を、国家の敗北とヴェルサイユ条約の不満にすり替えてしまったのである

 

大多数の人々が、ヴェルサイユ条約は不正であると感じ、特に中産階級は極度の激しさで反発したが、労働者階級の間では、条約に対する怨みははるかに少なかった。労働者階級にとって敗戦は旧体制の敗北を意味し、自分たちは勇敢に戦ったので、恥じることは何もないとも感じていたのである。他方、君主制の敗北によって可能になった革命の勝利は、彼らに経済的、政治的、人間的な収穫をもたらした。

 

条約に対する憤りは下層中産階級の内に根差していた。そして国家的公憤は社会的劣等感を国家的劣等感に投影する一つの合理化であった。この投影はヒットラーの個人的発展において、より鮮明になる

 

「自由からの逃走」エーリッヒ・フロム著・日高六郎訳、東京創元社

より

既得権の喪失:ナチズムの心理(3)

労働者階級や自由主義・カトリック的ブルジョアジーの消極的なあきらめの態度と対照的に、ナチのイデオロギーは小さな商店主、職人、ホワイトカラー労働者などからなる下層中産階級によって、熱烈に歓迎された。

 

この階級の旧世代は、より消極的な大衆的基盤であったが、彼らの息子や娘たちがより積極的な闘士であった。息子や娘たちにとっては、ナチのイデオロギー

指導者に対する盲目的な服従と人種的政治的少数者に対する憎悪の精神、征服と支配への渇望、ドイツ民族と「北欧人種」の讃美は驚くべき感情的な魅力を持っていた。かれらの特徴的な社会的性格は、

強者への愛、弱者に対する嫌悪、小心、敵意、金についても感情についてもケチくさいこと、そして本質的には禁欲主義というようなことである。彼らの人生は狭く、未知の人間を猜疑嫌悪し、知人にたいしては詮索好きで嫉妬深く、さらに嫉妬心を道徳的公憤として合理化していた。彼らの生活は心理的にも経済的にも欠乏の原理にもとづいていた。

 

1918年のドイツ革命以前、君主政治の権威はゆるぎないものであり、それによりかかり、一体となることによって、下層中産階級の成員は安全感と自己満足的な誇りを獲得していた。また宗教や伝統的な道徳の権威がまだしっかり根を張っていた。家族はなお揺り動かされず、敵対的な世界における安全な避難所であった。個人は安定した社会的文化的組織に属し、そこで自分の明確な地位をもっていると感じていた。個人の経済的な地位には、自尊心と安定感を与える強固な基盤を持ち、よりかかっていた権威は、彼らに安定感をもたらすだけの強さを持っていた。しかし、

第一次世界大戦後、この状態は大きく変化した。旧中産階級の経済的衰退が急速に進行し、1923年に頂点に達するインフレにより促進された。このインフレーションは長年の労働による蓄財をほとんど完全に吹き飛ばしてしまった

経済的な要因の他に、彼らの安定を脅かす心理的事情が存在した。君主制の崩壊と敗戦である。君主制と国家が小市民の存在を支える固い岩であったが、その失墜と敗北は彼ら自身の生活の基盤を打ち砕いてしまった。インフレは経済のみならず、倹約の原理に対しても心理的な打撃となった。

小さな快楽の多くを犠牲にして、長年蓄えてきた貯蓄が、自分自身の過失でもないのに失われてしまうなら、貯蓄の目的は何であったのか?国家が紙幣や公債に書かれた約束を破るのなら、人は一体誰に信頼をおけばよいのだろうか?

 

戦後いっそう急速に衰退したのは、下層中産階級の経済的地位ばかりではなく、社会的威信もそうであった。戦前は労働者よりましなものとして自分を感じることができたが、革命後、労働者階級の威信が向上し、その結果、相対的に下層中産階級の威信が低下したのであるもはや見下ろすべき何人もなくなり、小さな商店主やその同類の人々にとって、最も貴重な資産の一つであった特権も失われた

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
( `ー´)ノ
おきてがみ
(=゚ω゚)ノ
ブログ村投票
プロフィール

スエスオ

Author:スエスオ
オリジナルのエッセイ・ブログを目指して鋭意更新中

ブログランキング.net