ネッシーの正体を考える/ まとめ その3

「真実って辛いよね。脳は光より音を先に識別するが、光は音より早い。その二つがシンクロするように脳が現実を歪めてるんだ。」

 

「人が世界を正確に認識できるのは、27メートル離れて立った時だけ。その距離だと光と音が同時に脳へ届く。それ以外は世界のすべてが嘘だ。嘘が世界を作り上げてる。だから真実は辛い」

 

- THE MENTALIST/ メンタリストの捜査ファイルから パトリック・ジェーンの台詞

 

*目撃談が嘘だというのではなく、人間は何か未知のものを見たとき、自分の経験と知識の範囲で、合理的な解釈をしようとすると言う事です。

 

「ネス湖ハイテク大作戦」の放送日は2004年なので、ヒストリーチャンネルの「ネッシー死亡説」で音響ソナーを用い、40年間ネス湖の探索を続けている、ボブ・ラインズさんが「2005年以降、大型生物の探知が出来なくなった」と言っている事と、時期が一致する。

 

客観的な事実だけで考えると、残念ながらネッシーはプレシオサウルスのような爬虫類とか恐竜ではないようです。

 

で、ソナーに捉えられた動き回る物体というのは、巨大化した魚(チョウザメ)ではないでしょうか。

 

チョウザメの寿命はだいたい100年。それで、丁度100年ぐらい前、なんらかの環境変化によって三倍体の突然変異が多く生まれた。繁殖のためのエネルギーを全て成長に用い、巨大化するチョウザメが数十~数百の単位で誕生した。

 

その中の数匹が生き残って、信じられないくらい巨大化して、「怪物」として数十年間、目撃され、ついに寿命が尽きて、死んでしまった。三倍体の遺伝子を持つ魚は普通より大きくなるが、通常の遺伝子(二倍体)を持たないので繁殖できない。

 

なので、三倍体の最後の一匹がラインズさんの言う「ネッシー死亡説」の最後の一匹だったのではないでしょうか。

 

以上、ネッシーの正体を考える/ おしまい

コメントの投稿

非公開コメント

(=゚ω゚)ノ
blogramのブログランキング
音楽を別ブログにまとめました
♬ (^^♪
過去記事
カテゴリ
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
( `ー´)ノ
おきてがみ
(=゚ω゚)ノ
ブログ村投票
プロフィール

スエスオ

Author:スエスオ
オリジナルのエッセイ・ブログを目指して鋭意更新中

ブログランキング.net