スペイン風邪って何?

うがい手洗い、忘れずに、

bandicam 2013-09-24 14-37-19-656

マスクは口にしましょう。

bandicam 2013-09-24 14-33-14-255

 

■ ウィキペディアより、スペイン風邪についてまとめました。

 

◇概要

・発生は1918年3月、米国デトロイト、サウスカロライナ付近。

・発生源は不明。一説には鴨のウィルスが豚に感染したのち、変異してヒトに感染したという説がある。

・当時は第一次世界大戦の最中で、世界中で情報統制がなされていたが、スペインは参戦していなかったため情報はスペインから発信された。米国発のインフルエンザなのにスペイン風邪といわれるのはそのため。

・あまりにも多くの感染者が出たため、第一次世界大戦の終結が早まったとも言われている。

 

◇被害

・感染者6億人(当時の人口の約三割)、死者4千万~5千万人。

・人間を短期間に死亡させた原因では、他の感染症、戦争、災害を凌駕する。

・米国デトロイト、サウスカロライナで最初の大規模感染があり、世界大戦へのアメリカ参加により、ヨーロッパへ拡大。

・1918年秋には、さらに毒性が強まり世界中に拡大(第2波)

・1919年春~秋、3回目の流行(日本での被害の多くはこの時起こった)

・「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」を著したマックス・ウェーバーは1920年スペイン風邪が原因で死亡したと言われる。

・患者に多く接する医療従事者が、次々感染し被害を拡大させた事を教訓に、2009年の新型インフルエンザ流行の際は、医療従事者に優先的にワクチンが接種された。

 

◇病原体

・1997年アラスカの凍土に保存されていた遺体の肺から検体を採取、ウィルスゲノムを分離し、A型インフルエンザウィルス(H1N1亜型)であることが判明。

・スペイン風邪は鳥インフルエンザが突然変異したもので、人類が初めて遭遇した「新型の強毒性インフルエンザ」だった。当時の人は当然、抗体を持たずワクチンも特効薬もなかったため被害が拡大した。

コメントの投稿

非公開コメント

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
( `ー´)ノ
おきてがみ
(=゚ω゚)ノ
ブログ村投票
プロフィール

スエスオ

Author:スエスオ
オリジナルのエッセイ・ブログを目指して鋭意更新中

ブログランキング.net