PROUT: JAPAN繁栄への回帰-1

「JAPAN繁栄への回帰」JAPAN THE RETURN TO PROSPERITY

ラビ・バトラ著、青柳孝直+山田智彦訳、総合法令、1996年より

 

私はこれまで『プラウト』という理論を紹介してきたが、日本の歴史をひも解いてみて驚いた。1950年から1975年にかけての日本は、まさにプラウト的な経済政策をとっていたのである。」

 

PROUTとは?

PROUTとはプログレッシブ・ユーテライゼーション・セオリー(P rogressive Utilization Theory「進歩的で漸進的な社会・経済理論」)の略語でラビ・バトラの師であるP・R・サーカーによって提唱された。

 

プラウトの志向するものは、オルタナティブな経済制度の模索である。具体的には、貿易収支の均衡・不平等格差の縮小・均衡財政・自国の競争力保護・終身雇用・環境保護・銀行規制などはプラウトが支持する政策の一部。日本は1950年から1975年までは、このような政策をとり経済大国への道を歩んでいた。当時の税引き後実質平均賃金の上昇は200%以上で、生活水準は跳ね上がったのである

 

失われたプラウト

しかし1975年以降は、主にアメリカの経済学者たちの影響下で、プラウト的な経済政策はないがしろにされた。それ以来、20年間にわたって生産性が76%上昇したにもかかわらず税引き後の実質賃金が一定であったため、生活水準が低迷することになる

 

均衡財政は赤字財政に転じ、貿易均衡は貿易黒字に変わり、レベルの高い競争から産業独占・一企業集中へと変わっていった。所得の格差は拡大し、銀行への規制は撤廃された

コメントの投稿

非公開コメント

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
( `ー´)ノ
おきてがみ
(=゚ω゚)ノ
ブログ村投票
プロフィール

スエスオ

Author:スエスオ
オリジナルのエッセイ・ブログを目指して鋭意更新中

ブログランキング.net