恐怖に淀む社会:クリシュナムルティの授業から-4

わたしは、伝統は両刃(もろは)の剣だと思っている。あやまって、ふかい傷を負ってしまうこともある

 

世界というのは、技術や魔術の進歩によって、人口の増減によって、種族のまじわりによってさえ、変わっていく。世界は変わらないものではない。もし、伝統が変わらないものだったら、わたしたちは、破滅にすすむしかないだろう

そして、両刃の剣のかたほう ー 暗い刃の上へと落ちていくのだ

                                                  ードリッズト・ドゥアーデン

 

保守的な私たち

「私たちは概して保守的です。この言葉が何を意味するかわかりますか。『維持する』という言葉はどうでしょう。それは『もちつづける』『守る』ということです。私たちはたいてい敬われていたいのです。だからこそ正しいことをしたいし、正しい行為を模範としたいのです。でもそのことを深く突き詰めるなら、それが恐怖の兆候に他ならないことがわかるでしょう。

 

失敗してみたらどうですか。発見してみたらどうでしょう。ところが恐れている人はいつも、『正しいことをしなくては人から立派に見られなければあいつは何ものだとか取るに足らないやつだなんて世間から馬鹿にされてはならない』などと考えるのです。そういう人は実際、根底から怯えきっているのです。野心的な人間とは、ほんとうは怯えている人のことです。そして怯えているものには、愛も思いやりもありません。」

 

創造力を殺す恐怖心

詩を書く、絵を描く、木を眺める、鳥や人々、大地を愛するということは創造的な行為の一部。ところが自我が恐怖に支配されると、「これは私のもの、私の国、私のクラス、私の仲間、私の哲学、私の宗教」という思考に囚われ、創造性と相殺される。

 

「私のもの、という感覚を持ったとき、人は創造的ではありません。『自分のもの』『自分の国』という感覚を持たせるのは恐怖の本能だからです。そもそも、地球はあなたのものではないし、私のものでもないのです。地球は私たちのものなのです。アメリカ人の世界でもロシア人の世界でもインド人の世界でもなく、私たちの世界、あなたや私の、金持ちや貧しいものの世界なのです。問題は、恐怖に駆られているとき私たちは創造しないということです。恐れている人には真理であれ神であれ見出すことはできません。あらゆる崇拝やイメージ、儀式の陰には恐怖があります。ということは、あなたが信じるさまざまな神は神ではないのです。」

 

教育者の役割

若いうちに恐怖の実態を理解することはとても重要。そしてそれは、自分が恐れていることに気付いているときに限って可能だと、クリシュナムルティは言う。そして、それには大変な洞察力が必要とされるので、生徒が恐怖を理解する手助けをするのは教育者の使命である。恐怖をを理解することは、精神を研ぎ澄まし、恐怖に抵抗する力になる。

 

大人たちは美しい世界を作りませんでした。彼らは夥(おびただ)しい邪悪と恐怖と退廃と争いでいっぱいです。彼らは良い世界を築かなかったのです。もしかしたらここラジガット・スクールを卒業するとき、みなさんはあらゆる種類の恐怖から解放されているか、あるいは自分や他の人の恐怖と、どう向き合うかを理解しているかもしれません。そうなれば皆さんはきっと、共産党員や国会議員などの世界ではなく、それとはまったく異なる世界を築いてゆくことでしょう。実はそれが教育の役割なのです。」

➡J.クリシュナムルティ、有為エンジェル訳「恐怖なしに生きる」平河出版社より

コメントの投稿

非公開コメント

(=゚ω゚)ノ
blogramのブログランキング
音楽を別ブログにまとめました
♬ (^^♪
過去記事
カテゴリ
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
( `ー´)ノ
おきてがみ
(=゚ω゚)ノ
ブログ村投票
プロフィール

スエスオ

Author:スエスオ
オリジナルのエッセイ・ブログを目指して鋭意更新中

ブログランキング.net