戦いの理由:ハロルド・エイブラハムス

「炎のランナー」(英)Chariots of Fire、1981年公開、監督ヒュー・ハドソン(第54回アカデミー作品賞)、1924年パリオリンピックの実話に基づく作品。

 

目を閉じると、あのころの友の姿が浮かんでくる

胸には希望が、かかとには翼が生えていた

 

ハロルド・エイブラハムス(100m走・優勝、4×100mリレー・2位)

エイブラハムスは、1899年ロンドン郊外のベッドフォードに、ロシア・ポーランド系ユダヤ人移民の父と、ウェールズ系の母の間に生まれる。若いころから陸上の選手であり、1920年のアントワープオリンピックに出場するも、100mと200mは準々決勝で敗退、走幅跳は20位、4×100mリレーでは4位だった。

 

エイブラハムスは競技に勝つことでユダヤ人に対する偏見を払拭し、自分がイギリス人だということを認めさせようとする。

bandicam256

この苦しみ、絶望、怒り、屈辱感、『気のせいだ』と自分に言い聞かせる。だが、また同じ視線、同じ言葉、よそよそしい態度。私の父はリトアニア出身のユダヤ人だが、いまだに外国人扱いされてる。父を尊敬している、国を愛する人だ。自分の息子はイギリス人にできると信じた、そして僕は国で最高の大学に入った。だが、父は忘れていた。ここはキリスト教とアングロサクソンの国、権力も彼らが握っている、嫉妬と悪意で防衛しながら

 

エイブラハムスにとってのオリンピックは勝利こそすべてであり、負けはアイデンティティの崩壊をもたらすかも知れないという危険な賭けとなった。そのため彼は、アマチュアリズムに反するという理由で当時一般的でなかった外国人のプロコーチ、ムサビーニを雇い入れ、背水の陣で臨む。

 

最初に会った日を覚えてるか?同じタクシーだった。君を見て僕は優越感さえ覚えたものさ、だが間違ってた。オーブリー、君は僕の理想の人間だ。勇敢で、情け深く、親切で、満ち足りてる、それが君だ、うらやましい。僕は常に何かを追い求めるだけだ。怖いんだ。サムと僕は厳しい練習を繰り返した、毎日だ、雨や風の中を走る姿は滑稽だったろう、夢中だった。何のために?僕は(アントワープオリンピックで)200mでは完敗、100の準決勝でも負けた、なのにまた走る

bandicam101

目を上げてコースを見る、たった10秒に自分の存在を懸けるんだ。結果は?負ける怖さは知ってる。だが、今は勝つ自信がない

bandicam946

 

彼は、世間を見返してやろうと必死だ、今はそれしか頭にない。僕は誰よりも早くとは望まない。だが、彼は違う、ハロルドは勝って名声を得たいんだ。僕は単純に楽しむ、プレッシャーなど関係ない。だが、彼には生死にかかわることなんだ

bandicam029

酒がこぼれたら教えてくれ。⇒ アンドリュー・リンゼイ卿(映画の冒頭、ハロルド・エイブラハムス追悼の礼拝でスピーチする人物。1928年のアムステルダム五輪金メダリストのデヴィッド・バーリー卿がモデル)。

コメントの投稿

非公開コメント

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
( `ー´)ノ
おきてがみ
(=゚ω゚)ノ
ブログ村投票
プロフィール

スエスオ

Author:スエスオ
オリジナルのエッセイ・ブログを目指して鋭意更新中

ブログランキング.net