LOTUS-2:平沢進



黄金の月 草の露に
幾万も昇り
唯一に来る夜の牢で
打たれる君の夢に咲く
瞬く間にも数千の朝よ訪れよ
パラレルに行く船団に
全ての君の日を乗せて


ランダムに行く雲のように
生まれてたはずと
千年を知る君の声が
全ての月に木霊する


咲け輪廻の Oh Oh
咲けロータス Oh
響け千年よ Oh Oh
響け毎秒に Oh


遥かな過去 遥かな今日
明日さえも此処に
黄金の日は一度にある
忘れた君が目覚めれば
パラレルに行く
星の今を隠喩のように映す
ランダムに咲く花の野辺に
全ての君は記されて


咲け輪廻の Oh Oh
咲けロータス Oh
響け千年よ Oh Oh
響け毎秒に Oh


咲け輪廻の Oh Oh
咲けロータス Oh
響け千年よ Oh Oh
響け毎秒に Oh

コメントの投稿

非公開コメント

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
( `ー´)ノ
おきてがみ
(=゚ω゚)ノ
ブログ村投票
プロフィール

スエスオ

Author:スエスオ
オリジナルのエッセイ・ブログを目指して鋭意更新中

ブログランキング.net