旧世代の動揺と新世代のアクトアウト:ナチズムの心理(4)

君主制や国家のような、社会的シンボルの衰退は、家庭内における両親の権威も弱体化させた。特にインフレのもとでは古い世代は困惑し、すばしこい若い世代よりも、新しい条件にうまく適応できなかった。若い世代は旧世代に優越を感じ、目上の人間やその教えを真面目に受け取ることができなくなった。さらに中産階級の経済破綻は、両親から子どもの経済的将来の保護者としての役割を奪った。

 

下層中産階級の古い世代は、ますます怨みと憤りを感ずるようになったが、それは消極的なものであった。それに反し、若い世代は行動に突き進んでいった。彼らの経済的地位は、かつて両親が持っていたような特権が失われたために、一層悪化したのである。雇用市場は飽和状態で、社会的地位を保証された医者や弁護士などの職業に就く機会は僅かしかなかったが、戦争で戦った人々は、現実で受けているよりも、より多くのものを要求する権利があると考えていた。特に何年間も命令することに慣れ、権力を行使することに慣れていた多くの若い将校は、書記や行商人になることを潔しとしなかった

 

増大する不満は外部へと反射し、国家社会主義の重要な源泉となった。旧中産階級の経済的・社会的運命を自覚する代わりに、自己の運命を意識的に国家と関係させて考えた。現実的な不満を、国家の敗北とヴェルサイユ条約の不満にすり替えてしまったのである

 

大多数の人々が、ヴェルサイユ条約は不正であると感じ、特に中産階級は極度の激しさで反発したが、労働者階級の間では、条約に対する怨みははるかに少なかった。労働者階級にとって敗戦は旧体制の敗北を意味し、自分たちは勇敢に戦ったので、恥じることは何もないとも感じていたのである。他方、君主制の敗北によって可能になった革命の勝利は、彼らに経済的、政治的、人間的な収穫をもたらした。

 

条約に対する憤りは下層中産階級の内に根差していた。そして国家的公憤は社会的劣等感を国家的劣等感に投影する一つの合理化であった。この投影はヒットラーの個人的発展において、より鮮明になる

 

「自由からの逃走」エーリッヒ・フロム著・日高六郎訳、東京創元社

より

コメントの投稿

非公開コメント

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
( `ー´)ノ
おきてがみ
(=゚ω゚)ノ
ブログ村投票
プロフィール

スエスオ

Author:スエスオ
オリジナルのエッセイ・ブログを目指して鋭意更新中

ブログランキング.net