プロテスタンティズムと予定説

「江戸時代から引き続いてきている日本的な「自律」という徳目ですね。それから「自助」という徳目、これは二宮尊徳も言っています。江戸時代に、石田梅岩という人が起こした「心学」もそうですし、普通の農村の徳目もそうでした。武士階級の徳目もそうです。偶然に江戸時代から一種のプロテスタンティズムというのが日本の風土でした。勤勉こそが尊いとか、怠け者はいけないとか、それが明治に引き継がれておってですね、その本(中村正直「西国立志編」)を読んだ人はですね、もっともだと思ったんですね。(プロテスタンティズム)をもっともだと思う空気が日本にはあって、むしろカトリック国よりも、変な言い方ですけどプロテスタントの理解がよく行き届いた」。➡ 太郎の国の物語「自助論の世界」より

 

正直は信用を生むから有益である。時間の正確さ、勤勉、質素も同じである。➡ マックス・ウェーバー

 

カルヴァンの予定説

カルヴァンの考えはルターと同様に福音主義であったが、彼は救済について一歩進め、「人が救済されるのは予め神によって定められた予定であって、人ができることは、ただひたすら自分が救済される側にあると信じることだけ」。とした。

 

「救済」についての確証は、各々個人が、社会生活において「成功」することであると説き、成功は勤勉・禁欲・節約と倹約によって得られるとした

ー「この一冊で世界の歴史が分かる」水村光男、三笠書房より

 

ジャン・カルヴァン(1509~1564)の教え

ー世界宗教・神秘思想、ジャック・ブロス著、小潟昭夫訳、JICC出版局より

宗教改革の第二の大司教ー ルターよりも急進派のカルヴァンは、浄化した教会を組織し、新しい社会をつくろうとした

 

私は説教したい、私は話したい、私は書きたい。しかし私は誰にも強要はしたくない。なぜならば、信仰は自由意志であってほしいし、妨げられることなく受け入れられてほしいからだ

➡ マルティン・ルター

 

カルヴァンにはルターの激しい歓喜と寛大さはない。ルターは神秘主義者で個人主義者だったが、法律の教育を受けたカルヴァンは、改革の始まりに新しいキリスト教都市を実現したかった。そのためにジュネーブを「神に奉仕し、その状態を保持すること」と、徳高く公平で慈悲深い人間を形成することを目的とする都市にしたかったのだ。

 

彼が創設した教会組織は、牧師と一般信徒とで作られた重層的な議会で構成されている。まさに近代民主主義を予告するシステムである

 

カルヴァンがジュネーブで著述し、カルヴァン派の特徴の一つである社会的な人文主義の形は、きわめて我々現代のものに近い。神の民は連帯し、相互扶助を施す。そのためカルヴァンは、病人や傷痍軍人や老人の救護組織や、めいめいに充分な糧を保証する雇用の規則を初めて作ったのである。

--------------------------------------------------------------------

(一度間違えて削除したら、何度アップしても消えてしまいます。なんでだろう?長いけど、今日の記事にくっつけてみます)。

19世紀のエスタブリッシュが考えたこと

1893年のシカゴ万博でF・J・ターナーは「アメリカ史におけるフロンティアの意義」を発表し、偉大な西部のフロンティアはついに消失し、19世紀アメリカの強さ、楽天主義は収縮の危機に直面したと論じた。セオドア・ローズベルトは、国民に「奮闘生活」を呼びかけ、これこそが今必要とされる改革の始まりとして、多くの人びとに歓迎された。かくして、政治的言説は世紀の変わり目とともに変わり始める。

 

19世紀に典型的だったイデオロギーなき利益闘争は、多くの人々の目に、新しい経済・社会状況に対処できなくなったものと映り、「改革(リフォーム)」という言葉が、「国家的安定と社会正義」を模索する言葉として意識的に使用された。姿を現した産業社会の無秩序を、どのような方法で継続的で倫理的にまっとうな国民社会へ形作るかという問いがなされた

 

その答えの一つがエスタブリッシュメントのヴィジョンである。それは主として産業界・金融界のエリートと結びついたもので、彼らは自分自身の企業と並んで、総合大学、病院、博物館、オーケストラ、学校、病院などの諸機関に基金を提供し、それらのネットワークを創りあげた。興味深いのは、大都市圏であれ、地域的なものであれ、それらの機関はすべて、私企業と同じく自発的団体の原則で作られたということである。そしてこれらの勢力の強さは、アメリカ国家の相対的な弱さと相関関係にある。実際、今日でも、大規模な研究大学とか有名な博物館とかいった、たいていの社会では公営であるような機関が、アメリカでは私的な機関のままだが、これは、制度構築に対するエスタブリッシュメントのヴィジョンの遺産である

 

こういった機関の構築者たちは、地方の大立者に国家的責任の意識を与えるような「高貴なるものの義務(ノブレス・オブリュージュ)」や公共的奉仕を促すコスモポリタン(国際主義)的な倫理を広めようとしたが、これらのヴィジョンには、明らかにカルヴァン主義の影響が感じられる。

 

エスタブリッシュメントのヴィジョンは、大規模な制度や利害取引の政治に介入し、個人的影響力や交渉力を通じて、争いを実りある妥協に導き、和解の道を見出そうとするものである。エスタブリッシュメントのヴィジョンはコスモポリタン的で柔軟なものであり、大きな国家的目標のなかに様々な利害を調和するべく務めるものである。

コメントの投稿

非公開コメント

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
( `ー´)ノ
おきてがみ
(=゚ω゚)ノ
ブログ村投票
プロフィール

スエスオ

Author:スエスオ
オリジナルのエッセイ・ブログを目指して鋭意更新中

ブログランキング.net