2017年、初夢2

一度目が覚めたところで、普段はしないのだけれど妙にはっきりした夢(ひとつ前の記事)だったのでメモしておきました。二度寝した時見た夢は、普段見るのと変わらない、そういった意味で普通の夢のような感じがします。

-------------------------------------------------------------------

とある山の中に宿泊施設があり、外観はホテルのようだが中は民宿、あるいは民泊のようだ。その施設は、ある一定の期間だけ営業しており、オーナーの「おばさん」が引き上げると、しばらく閉鎖される。その日は「おばさん」が引き上げる日で、なぜか宿泊客のおじさん二人がトイレ掃除をしている。すっかり日が暮れてしまったので、電車に乗り遅れないように駅に急ぐ。建物を出たところで振り返ると、「おばさん」が一つだけ灯りのついた部屋でカーテンを閉めているところだった。

 

駅は静岡県の半島にある温泉地の駅で、到着した時はなぜか朝になっていた。ちょうど通勤ラッシュの時間で大勢の人がホームに向かう外からのスロープを上っている。ホームへ行くにはさらに下へ向かうスロープを降りなければならないが、混雑してなかなか進めない。駅の職員は柱にくっついているハシゴを使って下のホームに降りる始末だ。結局電車に乗らずに、町に向かって歩き出した。「ここもすっかり大都会になってしまった」。と思ったが、少し歩くとまばらな観光客の他、人はあまりいない。

 

いつのまにかトイレ掃除のおじさん二人が一緒に歩いていて、おじさんの一人が、「こいつは水墨画が上手なんだけど、いつも仕上げの処で失敗するからプロになれない」。とかなんとか言っている。舗装された坂道を上っていると突然、道は小川になっている。靴が濡れないように岩が並べられた細い道を行くが、所々がプラスチックでできた擬岩で、それを踏むと不安定でグラグラした。いつのまにか山道になり、古い民家のような施設に行き着く。施設のおばあさんに、「お客さんのために蕎麦をゆでたから、食べにおいで」。と声をかけられたところで目が覚めた。

コメントの投稿

非公開コメント

(=゚ω゚)ノ
blogramのブログランキング
音楽を別ブログにまとめました
♬ (^^♪
過去記事
カテゴリ
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
( `ー´)ノ
おきてがみ
(=゚ω゚)ノ
ブログ村投票
プロフィール

スエスオ

Author:スエスオ
オリジナルのエッセイ・ブログを目指して鋭意更新中

ブログランキング.net