外向的感情型

善良さには知識が伴っていなければならない。単なる善良さはたいして役に立たぬ。人は精神的な勇気と人格を伴った、優れた識別力を備えていなければならない」。➡ マハトマ・ガンジー

 

日本人はインドのことよりも、日本のなかで貧しい人々への配慮を優先して考えるべきです。愛はまず手近なところから始まります」。

➡ マザー・テレサ

 

勇気があるというのは、無条件に誰かを愛すること。見返りを求めたりしないで」。

私はタフで、野心があって、自分の欲しいものが何かはっきりわかっているわ。それで私が嫌な奴だと言うなら、それで結構よ」。

➡ マドンナ

 

タイプ2(人を助ける人)の状態

良い状態愛情深い、面倒見がよい、適応できる、直観力がある、心が広い、物事に熱中する、人々の気持ちに同調できる。

悪い状態殉教者的、遠回し、人を操る、独占したがる、ヒステリック、人の言いなりになる、感情を表し過ぎる、非論理的になる。

タイプ2の成長のベクトル=タイプ4(芸術家、内向的直観型)の肯定的な面に向かう。

・怒り、悲しみ、孤独感などの不快な感情を認め受け入れる。

・自分自身を個性的かつ適切に表現する。自分の内面を探求する。

・本当に必要なものが何か自覚し、それを表に出すようにする。

人を助けること以外に、自分を誇れる素養を見つける。

孤独の価値を自覚し、深い次元で物事を考える。

タイプ2の衰退のベクトル=タイプ8(統率者、外向的直観型)の否定的方向に向かう。

・親切に疲れ、怒りっぽくなり、人を攻撃する。

・他人が自分を利用していると感じ、疑い深くなり孤立する。

極端な要求をして、与えられないと非難する。

人を操作、管理しようとし始める。

(鈴木秀子著「9つの性格」PHP、より)

■(典型的な)外向的感情型のタイプの説明

このタイプの感情は客観的状況や普遍妥当な価値と一致している。何よりもこのことをはっきりと表すのは恋人を選ぶ場合の基準である。彼女が選ぶのは「ふさわしい」男性であり、それ以外は決して選ばれない。彼がふさわしいとされるのは、彼女の内に秘めた情熱に適うからではなく、(たいていの場合、このような要求が自分にあるとは気づきもしない)身分・年齢・資産・身長・立派な家庭に関する合理的要求に彼が合っているからである。

 

こうした言い方は皮肉や侮蔑として反発されても仕方がない。だがこの感情は正真正銘のものであって、打算による作り事では決してない。このような「合理的な」結婚は無数にあるし、決して最悪のものではない。こうした女性も、夫や子供が普通の心理構造の持ち主である限り、よき伴侶でありよき母である。「正しく」感ずることが出来るのは、その感情を妨げるものが他に何もない時である

 

ところが感情を妨げるものといえば、思考に勝るものはない。それゆえこのタイプにおいて思考ができる限り抑圧されていることは容易に理解される。これは考えることがないということではなく、彼女はおそらく様々なことを分別を働かせて考えているのであろうが、その思考は<それ本来のもの>ではなく、彼女の感情の、<後付け>であり、付け足しなのである。

私は感情の湧いてこないもののことは、どうしても考えられないのです」、とかつて患者が私に怒ったような口調で告げたことがある。彼女は感情の許す範囲でなら、非常によく考える。しかしいかに論理的な結論であっても、

感情を妨げるような結果になりそうなものはすべて、<あっさりと>拒絶してしまう。そういうものについては、ただ考えが働かないのである。こうして

客観的価値に一致する良いものはすべて尊重され愛されるが、その他のものは自分と無関係なものとしか思われない

<C・G・ユング著「タイプ論」みすず書房より>

コメントの投稿

非公開コメント

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
( `ー´)ノ
おきてがみ
(=゚ω゚)ノ
ブログ村投票
プロフィール

スエスオ

Author:スエスオ
オリジナルのエッセイ・ブログを目指して鋭意更新中

ブログランキング.net