真心の回復:タイプ3<9つの性格より>

立ち止って自分の感情を探る

タイプ3はビジネス社会に適応し高い評価を受けるが、順風満帆のときに自分の内側に目を向けることはほとんどない。成功者というイメージを演ずるために、気持ちの動揺を恐れて「会社の目標を自分の目標にして何が悪い」「私のやり方で尊敬されるのに、なぜそれに疑問を持つ必要がある」と考えたがる。タイプ3にとって、感情的なトラブルは敗者の証だからである。

 

タイプ3は、社会的使命感と自分の願望の区別ができない。成功のイメージに囚われているために、人間としての願望を抑圧しているからである。肩書や称賛、多額の予算などが与えられていると、自分の欲求を抑えて倒れるまで働く。タイプ3が、自分の正直な気持ちに気づくのは、挫折して動きがとれなくなるときだ。

 

成功という価値観しかない人間は、静止した状態では存在意義がなくなる。彼らは自分の能力と実績を過大評価するので、自分の仕事を否定されると非常に打ちひしがれるが、同時に自分の価値観は相対的なものでしかないと気づく

 

このような危機を回避するためには、立ち止ることの重要性を知る必要がある。活動を止められないのは、悩んだり、疑問を持ったり、自分を気遣うなどの余計な愚行をして、時間を無駄にすることを恐れるからである。そうだとしても、彼は立ち止って自分の感情を知る必要がある。

 

行動と本心のギャップ

タイプ3が抑圧している心に気づくためには工夫が必要だ。まず知覚が容易な筋肉の硬直や、顔の紅潮など身体感覚を見つける。次にこうした感覚を「緊張している」「興奮している」などの言葉に置き換えてみる。感覚から気持ちを探し出し、それを言葉にすることで、自分の心の変化に気づくのだ。

 

気持ちに疎いということは、タイプ3が感情を抑圧し、ロボットのように活動していることを示しているが、トレーニングを続けることにより、空想上の能力と自分を同一視したり、正当な批判を無視したりというような神経症的な状態に至っている自分に気づくことが出来る。成功を請い願うという、自分の囚われに少しでも気づくことが出来れば、完全な開放とまでは言えないがタイプ3の危機は確かに減少する。

 

仕事以外に楽しみを見つける

タイプ3は「昇進すれば幸せになれる」などと言って、楽しみを先送り にしたがる。仕事以外の楽しみを否定する姿勢が、自分も家庭も顧みないライフスタイルを招くのである。タイプ3は周囲の評価で自分の価値を測る一方で、仕事以外の自分には価値がないとも思っている。

 

仕事に貢献できないスタッフは無能に思えるが、部下を無能に思うのは失敗を極度に恐れるためである。さらに彼は失敗を他人のせいにすることも多い。だが、有能なビジネスマンであるためには、すべての責任を自分で引き受ける潔さが必要である。

 

能力を発揮するタイプ3は、エネルギーに満ちている。すさまじい勢いで働きながら時間はゆっくりと流れ、迷いや疑問もなく、成功を見通している。ストレスをストレスと思わず、ゴールに向かって無駄なく走り続ける集中力は称賛に値する。

 

ビジネス社会が切望する一流の能力は、自分の感情を大切にして、周囲との温かい関係を回復したからといって損なわれるものではない。逆に、恐怖から逃れるために過度に活動することは、惰性による無駄や強迫観念からくるストレスを抱え込むことになる。感情や私生活を守り、様々な楽しみに触れることが本物のビジネスエリートへの道である

(鈴木秀子著「9つの性格」PHP、より)

コメントの投稿

非公開コメント

(=゚ω゚)ノ
blogramのブログランキング
音楽を別ブログにまとめました
♬ (^^♪
過去記事
カテゴリ
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
( `ー´)ノ
おきてがみ
(=゚ω゚)ノ
ブログ村投票
プロフィール

スエスオ

Author:スエスオ
オリジナルのエッセイ・ブログを目指して鋭意更新中

ブログランキング.net