同調しない勇気

君は心と人間性をもった1個の人格になるのか、それとも<意図的な力>が要求することは何でもするのか。ベン・ケノービが「フォースが共にあらんことを」と言うとき、彼は生命の力のことを言っているのであって、政治的意図のことを言っているのではない

⇨ ジョーゼフ・キャンベル

 

映画「ローグ・ワン」予告編

 

現代の西洋社会でも、孤立感を克服するもっとも一般的な方法は、集団に同調することである。集団に同調することによって、個人の自我はほとんど消え、集団の一員になりきることが目的となる。

 

もし私がみんなと同じになり、ほかの人と違った思想や感情を持たず、習慣においても服装においても思想においても集団全体に同調すれば、私は救われる。孤独という恐ろしい経験から救われる、というわけだ。

 

独裁体制は人々を集団に同調させるために威嚇と脅迫を用い、民主的な国家は暗示と宣伝を用いる。たしかにこの二つのシステムの間には大きな違いがある。民主主義においては、集団に同調しないことも可能であり、実際、同調しない人がまったくいないわけではない。一方全体主義体制にあっては、服従を拒むのはごく少数の特別な英雄とか殉教者だけだろう。しかし、こうした違いにかかわらず、民主主義社会においても、ほとんどすべての人が集団に同調している。何故かというと、

如何にして合一感を得るかという問いには、どうしても何らかの答えが必要なのであり、ほかに良い方法がないとなると、集団への同調による合一が、いちばん良いということになるのだ

 

孤立したくないという欲求がいかに強いかが理解できれば、ほかの人と異なることの恐怖、群れから僅かにでも離れる恐怖の大きさが理解できるだろう。しばしば「集団に同調しないことの恐怖は、同調しないと実際に危ない目にあうかもしれないという恐怖なのだ」ともっともらしく説明される。だが実際には、少なくとも西洋の民主主義社会では、人々は強制されて同調しているのではなく、自ら欲して同調しているのである。

 

たいていの人は、集団に同調したいという自分の欲求にすら気づいていない。誰もがこんな幻想を抱いている、

私は自分自身の考えや好みに従って行動しているのだ、私は個人主義者で、私の意見は自分で考えた結果なのであり、それがみんなの意見と同じだとしても、それは単なる偶然にすぎない、と。彼らは、みんなと意見が一致すると、自分の意見の正しさが証明されたと考える。それでも、多少はほかの人と違うのだと思いたがるが、そうした欲求はごく些細な違いで満たされる。

ハンドバックやセーターのイニシャルとか、銀行員の名札とか、共和党でなく民主党支持だとかといったことが、自分はほかの人と違うのだという意思表示になる。「これはほかとちがいます」といった広告のコピーは、人と違いたいという悲痛な欲求をよく物語っている。実際はほとんど違わないのだが

 

違いをどんどん無くしてゆこうというこの傾向は、先進工業国で発達しているような、平等の概念やその経験と密接な関係がある。

現代の資本主義社会では、平等の意味は変わってきている。今日平等といえば、それはロボットの、すなわち個性を失った人間の平等である。現代では平等は「一体」ではなく「同一」を意味する。それは、同じ仕事をし、同じ趣味を持ち、同じ新聞を読み、同じ感情や考えを持つといった、雑多なものを切り捨てた同一性である。

⇒ エーリッヒ・フロム「愛について」紀伊國屋書店より

コメントの投稿

非公開コメント

(=゚ω゚)ノ
blogramのブログランキング
音楽を別ブログにまとめました
♬ (^^♪
過去記事
カテゴリ
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
( `ー´)ノ
おきてがみ
(=゚ω゚)ノ
ブログ村投票
プロフィール

スエスオ

Author:スエスオ
オリジナルのエッセイ・ブログを目指して鋭意更新中

ブログランキング.net