まとまりのない生活

あの頃はみんな、少し頭がおかしかったのよ

⇨ ペネロープ・ガルシア「クリミナルマインド」

■19-2000:Gorillaz

 

技術の修練には規律が必要である。だが、現代人にとって規律を身につけるなど朝飯前だと人は言うだろう。現代人は規則正しく8時間働き、決められた仕事に従事しているではないか、と。しかし実際には、ひとたび仕事を離れると、現代人はほとんど自制心をもたない。

 

働いていないときは、だらだら怠けていたいと思っている。怠けたいという願望は、厳格な仕事に対する反動である。自分の意思ではなく、仕事のリズムによってエネルギーを使うことを強いられているため、彼は反逆する。そしてその反逆は自分を甘やかすという子どもっぽい形をとる。

 

それだけでなく、現代人は権威主義と闘ってきたので、あらゆる規則に対し不信感を持っている。権威が課す不合理な規律だけでなく、理に適った自律的な規律に対しても、不信の念を抱いている。しかし、そうした規律までもが失われれば、人生は混乱し、まとまりを失って破壊されるだろう。

 

集中が技術の修練に必要なことは、何かの技術を学ぼうとしたことのある人には周知の事実だろう。ところが現代社会では、集中は規律以上にまれにしか見られない。現代社会は、過去のどんな時代にも見られないような、まとまりを欠いた散漫な生活を助長している。

 

誰もが一度にたくさんのことをする。本を読み、音楽を聴き、おしゃべりをし、タバコを吸い、食事をして、酒を飲む。誰もみな大きな口を開けて、絵だろうと、酒だろうと、知識だろうと、なんでもかんでも必死に呑み込もうとしている。この集中の欠如を如実に示しているのが、一人でいられないという事実だ。ほとんどの人が、おしゃべりもせず、タバコも吸わず、本も読まず、酒も飲まずに、じっと座っていることが出来ない。

 

物事の達成には忍耐が必要ということも、やはり一度でも何かの技術を身につけようとしたことのある人なら知っているはずだ。とはいえ現代人にとって忍耐は、規律や集中力と同じく会得するのが難しい。現代の産業システムは全体が忍耐とは正反対のもの、すなわち速さを求めている。機械はすべて速さを第一条件にしている。同じ量の製品を半分の時間で作る機械は、古くて遅い機械の2倍良いとされる。

 

人間の価値は他の多くの価値と同じく、経済的価値によって決められる。機械にとって良いことは、人間にとってもよいだろうという理屈だ。そのため現代人は素早くやらないと、なんだか落ち着かない。何かを、つまり時間をムダにしているような気分になるのだ。ところがそうやって稼いだ時間で何をしていいか分からず、結局ムダに浪費してしまう。

⇨ エーリッヒ・フロム「愛について」紀伊國屋書店より

コメントの投稿

非公開コメント

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
( `ー´)ノ
おきてがみ
(=゚ω゚)ノ
ブログ村投票
プロフィール

スエスオ

Author:スエスオ
オリジナルのエッセイ・ブログを目指して鋭意更新中

ブログランキング.net