保守的になる理由:タイプ9(内向的感覚型)

えてしてこのタイプの人は他人の攻撃や支配欲の餌食になりやすい。このような状況下にあって普段はいいように利用されていた人が、思いもよらない反抗的で強情な態度をむき出しにして反撃し、周囲を驚かせることは多い

⇨ ユング「タイプ論」

 

☟(鈴木秀子著「9つの性格」PHP、より)

最も頑固なタイプ

決断に際し圧力をかければかけるほど、彼らは頑固になる。彼らは深いところで自分が過小評価されることへの怒り を抱えているからである。このような状況に追い込まれると、タイプ9は<行動しない>ことにより抗議を表す。

 

そして一旦どちらかに身を置くと、その立場に執着するようになる。本当は決断などしたくなかったのに、圧力に負けて立場を決めてしまった自分の弱さが気に入らず、意地を張りたくなるからである

 

このようなプロセスから、どのような立場にも賛同しながら、身を入れないというタイプ9の性向が生まれ、公平な仲裁者・仲介者としての能力が構築されてゆく。

 

捨てられないコレクター

決断の遅いことのもう一つの理由は<手放すことの恐怖>である。タイプ9は手放すより取り入れる量の方が多い。彼らの過去の思い出は非常に鮮明で、現在の現実に対してはあまり身が入らないのである。

 

こうした特性の表れとして、タイプ9にはコレクターが多い。アンティークやおもちゃを集めることは、彼らの空いた空間と時間を埋めてくれるからである。しかしこれらは<重要でない>ことでなければならない。タイプ9は大切な要求の代わりに、大切でないことをする傾向がある。食べ過ぎたり、テレビを見すぎたり、漫画を読みすぎたり、凝った趣味であっても彼らには、<重要でない>から魅力的なのである。

 

彼は神話的世界に住んでいる。この世界で人間・動物・鉄道・家・山・川は一部が恵み深い神に、また一部は悪意をもった悪霊に見えるが、彼は自分がそのように見ていることを自覚していない。そして神話的世界に影響を受けているということを意識しないまま、このような驚異に対処するように判断し行動している

⇨ ユング「タイプ論」

 

怠惰への誘惑

溜め込む志向、捨てない志向、優先順位の混乱は、タイプ9の取捨選択能力の欠如を現している。葛藤を避けようとするあまり、自分自身を意識から切り離す囚われを持つタイプ9は怠惰になりやすい。

 

彼らの中には、新しい知識や技術を学ぼうとする向学心を持たない者も多い。成長するためには、古い知識や技術の一部を捨てなければならないからである。

 

強いモチベーションを持てず、方向性を決められないので、成り行きに流されるままになりやすく、深く考えず惰性で仕事をする<習慣>に陥りやすい。このような生活に意欲が介在する余地はなく、カウチポテト的なライフスタイルを好み、薬物やアルコールに依存することにより葛藤を回避しようとする場合もある。

コメントの投稿

非公開コメント

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
( `ー´)ノ
おきてがみ
(=゚ω゚)ノ
ブログ村投票
プロフィール

スエスオ

Author:スエスオ
オリジナルのエッセイ・ブログを目指して鋭意更新中

ブログランキング.net