FC2ブログ

人が変わる不思議

モイヤーズ:そう考えてくると、私たちはプロメテウスやイエスのような英雄とは違って、世界を救う旅路ではなく、自分を救う旅に出かけるんですね。

キャンベル:しかし、そうすることであなたは世界を救うことになります。生き生きとした人間が世界に生気を与える。これには疑う余地がありません。生気のない世界は荒れ野です。人々は、物事を動かしたり、制度を変えたり、指導者を選んだり、そういうことで世界を救えると考えている。ノー、違うんです。生きた世界ならば、どんな世界でもまっとうな世界です。必要なのは世界に生命をもたらすこと、そのための唯一つの道は、自分自身にとっての生命のありかを見つけ、自分が生き生きと生きることです。⇨ 「神話の力」早川書房 より

 

高橋和巳「人は変われる・大人の心のターニングポイント」三五館 より

第三回目の診察では、離婚のことが話題になった。夫が酔っぱらい運転で事故を起こしたという。修理代を20数万円用意しろと言われ「そんな金はない」と言い返した浩子さんに、夫は一晩中罵声を浴びせ続けた。

 

あなたが、ずっと苦しんできたことはわかりますよ。でも、残念ながら、これからも同じことが続くかもしれませんね」。浩子さんは、しばらく黙っていた。長い沈黙だった。その間、思っていたのは過去数十年の苦しい日々だったのか、それとも、同じような未来だったのか。

 

確かに、無駄な時間を過ごしてきました。変わらないものは変わらない」彼女がそう言ったとき、その声は震えていた。変わらないものは変わらないという言葉は、心の底から絞り出した一滴の言葉のように私には聞こえた。

 

その一週間後、次の診察で浩子さんは同じことを言った。しかし、今度は涙もなかったし、言葉も大きくはっきりしていた。「先生、変わらないものは変わらないですね。だから、どうしようもないものはどうしようもない

 

何とかしなければならない現実」の前では、人はその現実に縛られている。その現実は暗く重いため、心も重く暗くなる。しかし、それが「どうしようもない現実」に変化したとき、人は現実から自由になれる。

 

それから一週間。ある朝起きると、浩子さんは忘れていたはずの熟睡感と爽快感を味わった。「先生、私、生まれて初めて、都会の緑ってすごく綺麗だと思ったんです」

 

関係を作り直し、生き方を変える

・第一の規則・・・・夫に対しては、酒を飲むなとも、酒を買い置くこともしない。酒を飲んでいる夫(何とかしなければならない現実とは関らない。

・第二の規則・・・・夫に対して「そんなにお酒を飲んで、会社に行けなくなるでしょう!」と非難する(何とかしなければならないという要求)のではなく、「あなたがお酒を飲んでいると、私の気持ちは暗く落ち込む」と(どうしようもない現実を受け入れ)正直な感情表現をする。


シーシュポスの神話

その絶望の瞬間から、新しいが永遠に古いこの神話、絶望的なように見える状況に相応しい唯一の神話、すなわちシーシュポスの神話が生まれる。この神話はアメリカン・ドリームと真っ向から対立している。どこへも到着することなく、永遠の単調な労苦と汗の中で、毎日同じ行為が反復されるように見える。だが、それだけではこの神話の決定的な意味を見落としてしまう。シーシュポスにできる唯一のこと、それは彼とゼウスとの、彼と運命との、このドラマの一瞬一瞬を意識するということである。これは極めて人間的なことであり、そのために彼の反応は、彼が岩を押し上げる山頂の暗い夜の反応とはまったく異なる。。⇨ ロロ・メイ

 

 

SeesaaBLOG「気候変動の向こう側」気候変動を否定する人の心理 より

気候科学のメインストリームではこれだけの一致を見ている気候変動による温暖化の原因を、なぜここまで否定的/懐疑的に捉える人が多いのでしょうか。また、そのような人たちにどのような心理的影響が働いているのでしょうか。

 

2012年に発行された、精神分析医が携わった全米野生生物連盟のレポートによると、今後、多くのアメリカ人が、気候変動を原因とする気温上昇、異常気象、資源の減少によって、抑鬱や不安障害、心的外傷後ストレス障害、薬物乱用、自殺、暴力の発生に悩まされることになるだろうと予測しています。

 

筆者のひとりであるVan Susteren氏は「気候変動を否定する人は、真実を聞くストレスに耐えられない。何かについての真実を聞く準備ができていない人たちは、単純にその真実を否定するのです」と話しています。

 

逆に、気候変動の科学を認め、気候変動によってもたらされるであろう将来的な被害を防ぐために行動している人たちは、また別のストレスにさらされているといいます。その予測される被害の大きさと、進まない気候変動対策、気候変動否定派との関わりからくるストレスなどから、まだ起こっていない現象・事象を極度に憂うことによって、「心的外傷前ストレス障害(予期不安症)」を患ってしまうとVan Susteren氏は言います。

 

気候変動問題の解決に取り組む人たちは、このようなストレス障害と向き合うために、自分にコントロールできる範囲のことだけに集中し、自分の生活を充実させることが必要だと筆者は言っています。そして、気候変動問題を解決していくことが自分にとって最大の薬になると。

 

新しい生き方の規範

人間は「この世とは何か」「人生とは何か」ということに納得のいく答えなしには生きていけない。人間は死んだらどこへ行くのか。自分が生まれる前は一体どこにいたのか。こう考え始めたが最後、私たちは、それこそ止めどなく深い不安へと陥ってしまうものなのである。

 

恋人の目を見つめたり、公園の木に触れたり、犬を撫でたり、戸棚の隅に蜘蛛の巣を見つけたりするときには、宇宙の遥か彼方の星々の世界へ突然連れ込まれたような、奇妙で背筋が凍るような恐怖心を感じなくてすむ。要するに私たちは、ダーウィンによって自然とは何かを分かったつもりになって、それに安心してきたのである。

 

「エントロピーの法則」は、私たちに対し、なにゆえに現代の規範が瓦解したのかを、徐々に、しかも正確に教えてくれるはずだ。私たち現代人は、長年土台にしてきた古い規範と、いまや創生されつつある新たな規範との狭間に住んでいるわけである。やがて、誰が見ても明らかなのに、我々はどうして誤った原理や理論を信じていたのだろうと、唖然とする時代が到来するに違いない。⇨ ジェレミー・リフキン

Major Lazer & DJ Snake - Lean On (feat. MØ)



覚えてる? ちょっと前

ふたりで歩いた 幼馴染のころ

特別好きというわけじゃなかった

 

でも その日の夜は暖かく

ふたりは 若く向こう見ずだった

世間の風が とても強いから

飛ばされないように 手をつなぐの

 

キスしたかと思えば 喧嘩

人は 何かに頼りたい

ついたり はなれたり

頼れる誰かを 探してる

キスしたかと思えば 喧嘩

人は 何かに頼りたい

ついたり はなれたり

頼れる誰かを 探してる

 

大人になったら どうなる?

二人は 同じ道を行くのかな?

君は 隣で守ってくれる?

防波堤 みたいに強く

長い夜は 君の帰りを待っている

世間の風が とても強いから

飛ばされないように 手をつなぐの

 

キスしたかと思えば 喧嘩

人は 何かに頼りたい

ついたり はなれたり

頼れる誰かを 探してる

キスしたかと思えば 喧嘩

人は 何かに頼りたい

ついたり はなれたり

頼れる誰かを 探してる

 

人は 何かに頼りたい

頼れる誰かを 探してる

頼りにしている 頼りにしている・・・

 

キスしたかと思えば 喧嘩

人は 何かに頼りたい

ついたり はなれたり

頼れる誰かを 探してる

キスしたかと思えば 喧嘩

人は 何かに頼りたい

ついたり はなれたり

頼れる誰かを 探してる


10万年後の安全

科学がなければ、愛は無力である。愛がなければ、科学は破壊的である。何事も絶対確実だと思い込んではいけない。理性的な人間なら、自分が絶対に正しいなどとむやみに信じたりはしないだろう。私たちは常に、自分の意見にある程度の疑いをまじえなければいけない。

経済学は人々がどのような選択をするか明らかにするが、社会学は人々に選択の余地がないことを明らかにする。人はみな、自分の幸福を望んでいる。しかし、文明の技術の上で一つとなった今日の世界では、他人の幸福を望む気持ちが一つにならない限り、自分の幸福を望んでも無駄である。もしも平和が名誉を持って維持され得ないならば、そのような平和はいかなる平和でもない。

自分に起こるどんなことも、宇宙から見ればまったく取るに足らないことだ。人間は「自分の死後に、何が起ころうとしているのか」に思いをはせることが大事である。⇨ バートランド・ラッセル

 

フリッチョフ・カプラ「新ターニングポイント」工学社 より

発電所の原子炉の中では、ウラニウムの原子核が分裂して小片となり、熱が発生し、1個か2個の自由中性子ができる。この中性子は他の原子核に吸収され、分裂し、連鎖反応が始まり、原子爆弾では爆発で終わる。原子炉では中性子をある程度吸収する制御棒により速度が調節され、核分裂の過程で発生する大量の熱で水を沸騰させ、発生した蒸気によりタービンを回転させ、発電する。しかし、最終的にタービンを回して発電することについては、水力発電や火力発電と変わらない

 

要するに、原子炉とは驚くほど精巧で高価な、そして極度に危険な、湯沸かし器なのだ

 

軍需・民需を問わず、原子力テクノロジーの全段階に関与する人的要因が、事故を不可避なものにさせる。その事故は非常に有害な放射性物質の環境への放出を招く。最も恐るべき事故の一つは、溶けた燃料が容器を破壊し、地中に流れ出すメルトダウンだ。それが引き金となって蒸気爆発を起こし、致命的な放射性物質をまき散らす恐れもある。

 

もう一つ厄介なことは、原子力廃棄物の処理である。一基の原子炉から年間数トン単位の放射性物質を産出するが、その毒性は数千年のものあいだ消えないで残る。最も危険なプルトニウムは、寿命がもっと長く50万年(欧州の規準では10万年)はその毒性を維持する。

 

いったい、いかなる道徳的権限を持って、我々はかくも恐るべき負の遺産を、来るべき数千世代に残すというのだろうか

 

原子力テクノロジーがもつ、前例のない脅威がもたらす影響を考えれば、それが危険、不経済、無責任、不道徳であり、絶対認めることができないのは、誰の目にも明らかである。では、原子力に対する反証がそれほど確実ならば、なぜ原子力テクノロジーがこれまで強力に推進されてきたのだろうか

 

最大の理由は「力」に対する強迫観念的執着である。あらゆるエネルギー源の中で、原子力は政治的、経済的権力を少数のエリートの手に最高度に集中させることのできるエネルギー源だ。そのテクノロジーの複雑さゆえに高度の中央集権的制度を必要とし、その軍事的性格ゆえに必要以上の秘密主義と警察権力の拡大をもたらす。

 

原子力経済の提唱者たち----公共事業、原子炉製造者、エネルギー法人----はすべて、高度に資本集約的かつ中央集権的なエネルギー源から利益を得ている。そのため、彼らは顕在化する問題や危険を顧みることなく、原子力産業を強力に推進し続けようとするのだ

普遍妥当な生命の法則

全ては、風の中の塵。⇨ ダスト・イン・ザ・ウインド「カンサス」

 

ジェレミー・リフキン「エントロピーの法則」祥伝社 より

大部分の経済学者は、永遠かつ無限の物質的進歩を信じて疑わない。彼らは、人間の労力と機械は、無限に価値のあるものを生み出せるという欺瞞にしがみついている。

 

しかし、熱力学の第二法則が示す現実は、

価値のあるものを生み出すために、なんらかの人的・機械的エネルギーが必ず消費され、その度に環境全体に対し、大きな無秩序と廃棄物と回収不可能なエネルギー(熱、二酸化炭素、放射性廃棄物など)をもたらし、さらに価値あるものとして生み出された物ですら、結局は廃棄物ないしは消費されたエネルギーとして終わってしまうということである

 

したがって、使用可能なものを「永遠に」蓄積し続けるという意味の「物質的な」進歩というものは存在しないのである。なぜなら、私たちが作り出しているものはすべて、最後には風の中の塵として散ってしまうからである。結局、厳格な法則が教えてくれるのは、持続可能な文明とは、現在をいかに「美しく」生きるかということにかかっているということなのだ。

 

資本主義にしろ社会主義にしろ、生産単位当たりの速度で生産性を定義している。いわゆる、奨励給というものは、与えられた仕事を出来るだけ早く達成する目的で考えられている。しかし、熱力学的尺度で考えれば、生産性とは生産単位当たりの速度ではなく、生産単位当たりのエントロピー量で算出されることになる。

 

1台の車をつくり出すには、最低限必要なエネルギーの何倍ものエネルギーが必要になる。では、それだけ余計なエネルギーがかかるのは、どうしてだろうか?それは、

生産性を上げるために、組み立てラインから、自動車をなるべく早く外そうとするからにほかならない。生産速度を重視すればするほど、製品生産に最低限必要な量以上に、多くのエネルギーを消費する。つまり、現代の工業化経済で浪費されるエネルギーの大半は、速度というものに対して私たちが支払う代償なのである。

 

--------------------------------------------------------------------

カラスのことを考えてみなさい。種も蒔かず刈り入れもせず、納屋も倉も持たない。だが、神はカラスを養ってくださる。野原の花がどのように育つかを考えてみなさい。働きもせず紡ぎもしない。しかし、言っておく、栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。⇨ 「ルカによる福音書」


はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
記事分類
リンク
*
欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。➡ 内村鑑三
BlogPeople
投票ボタン ☟
*
ブログ村投票
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中