FC2ブログ

一触即発:四人囃子




何もかも同じ


次の記事からが、通常の記事になります。

貧困による少子化

Toshikazu Sakurai「千年のうち」余命一年から千年を考える~より


■貧困の二つの原因

1、環境の破壊による生産力の低下

2、分配の不公平支配のための過剰相続

生まれたばかりの赤ん坊に、「あなたは自由です・幸せになってください」と言って、寒空に素裸で放置したらどうなるでしょう。考えるまでもありません


そのセリフを次の世代である「赤ん坊」に言う前に、現役世代はやるべきことがあります。


これは、すべての人は、生まれる前から慈しまれ、健康な体と知識と訓練を身に着けさせてもらい、成人として、社会の責任をになえる段階になって、初めてかけられるべき言葉です。


でも、成人年齢になっても、不幸にも心身に障害をもってしまったらどうなるでしょう。自由はないのでしょうか? それはひどい。 そんなことはないでしょう


また、次の世代を残せるだけの環境がなかったらどうでしょう。これ以上に、人間を一生を不自由におしつぶす鉄鎖はないと、考えます。


あらゆる意味における、貧困による少子化がのしかかる現代日本がそれにあたるではありませんか?  子供を持つことが、現代の日本の都会でどれほど難しいことか・・・。本当に大変なんです。


ですから、すべての「貧困の否定」を行ないます。食べるものなく、住むところなく、あらゆる欠乏により、次の世代を作れない人は、一人もあってはいけません。


■そのための、対策を考えてみます。

依存しない (外部に支配されず、自立している)

原資をもつ (人材資本資材、消耗品の蓄積がある)

適切な経営がある(外部の環境の変化に対応できる。判断力がある)

・複数のバックアップがある(質量両面複数の生活基盤がある)

といったところでしょうか?


Storm of carbon/カーボンストーム

Toshikazu Sakurai「千年のうち」余命一年から千年を考える~より

産業革命は、資本主義の誕生のあとになされた。技術革新は資本主義によってもたらされたのであるが、化石燃料(カーボン)の大規模使用は、この技術革新によって始まったのである


化石燃料の無制限な供給は、人間のすべての活動に外部からエネルギーをもたらし、エネルギー収支と循環を一変させた。資本主義を変質させたのである。


エネルギーが閉鎖体系にあった中でのレッセフェール(なすに任せよ)による資本主義は、・・・


・・・開放系のエネルギーを前提とした経済になったのである。(前提が根本から変化した)


この場合、最大限の幸福(パレート最適)をもたらすはずだった資本主義は、環境の破壊、それによる気象をはじめとする全地球の変質、そして伝統的社会の変質(破壊)をひきおこした。


結局、それは大多数の人間をエネルギー弱者に転落させ、ほぼ全人類の奴隷化をもたらしたのではなかろうか?そして、・・・


無限ではない化石燃料は、やがて(必ず)枯渇する 無限ではない地球環境は、化石燃料の大規模使用により、変質する


この二つは、遅かれ早かれ約束された未来となった。私は、この200年の化石燃料の大規模使用時代を、カーボンストーム時代と仮に呼ぶことにしたい。問題はその後の「世界」である。


この時代はやがて、そして「すみやかに」、古代ローマ帝国のように、膨大な遺跡を残して、すぎさる。200年の栄華は、瞬間にすぎない。だが、その時代の中にいるものにとっては、この「炭素中毒」「炭素依存症」を自覚できないし、逃げ出すこともできないであろう。


追記

カーボンストームのほとんどの期間である、使用の「開始と拡大」時期は、カーボンバブル時代と形容できる。うつろな基盤による根無し草の繁栄だからである。


また、カーボン供給が急速に不足する局面に直面し、社会に予期しない崩壊がおきるような事態を、カーボン・クラッシュと呼ぼう。もっとも、あらゆる資源の急速な先細りがおきており、社会は多重に影響をうけつつあるが、エネルギーは収支が問題になるので、問題が顕在化したら事態の進行は早いであろう。


カーボン・クラッシュは近未来におこりうる。その影響は、最悪想定である核全面戦争の核の冬に匹敵するかもしれない。また、カーボンバブルは結局、環境を変化させてしまうために、生態系への破壊力は、VEI(火山爆発指数)=8(非常に巨大)の地殻変動による影響を上回っている可能性は否定できないだろう。 2016/11/01 T.Sakurai

小さなエピソード


自爆テロと巨大建築物

Toshikazu Sakurai「千年のうち」余命一年から千年を考える~より


農村の余剰生産により人口が増加し、結果として、蔓延する貧困は、権力の強化に利用されてきました。


農村から都市に追い詰められた人々には、常にあらゆる方法で死を与えることでバランスをとっていたのです


そのひとつが、死より名誉を求めよとの美名により、長じて貧して死ぬより、華やかな冒険の死出の旅を選ばせるものです。


現代の自爆テロそのものの行動原理で、歴史上、貧者は兵士となり、処分されていきました。(スイスの傭兵輸出は有名です)


同時に、権力(都市)によって、人間が使い捨てにされるのだから、物資が使い捨てされるのは、不思議ではありません。歴代の各地の大都市の生産性をもたない巨大建造物の数々は、物資の使い捨てそのものです。


これは貧民の血を吸い上げ、環境破壊をやっていますと自己表明しているようなものではありませんか?  実に正直です。


足ることを知らない発想の、物質的に略奪したぶんリッチで貧しい思考の表現物なのですが、どの建造物も、数歩離れてみれば、どれもしょせんとるにたらない規模で、後世に負担のみ残す「巨大建築物」でしかありません。


ですから・・9.11は・・・、必然だったのかもしれません。


お互いの自爆テロにより、お互いの搾取のモニュメントを破壊しあう という、象徴的行為だったとしたら、わかりやすくなると思うのです。


(現代中国の、都市と農村住人の扱いの違い(身分差別)は、あまりにもわかりやすい典型例で、今も世界中に堅固にのこる構造の基本を示してくれます。)

20160205 T.Sakurai


「私は都市の成長を悪とみなす。それは人類と世界にとって不幸であり、イギリスにとっても、インドにとってはなおさらのこと不幸である。イギリスは都市を通じて、インドを搾取している。インドの都市はまたインドの農村を搾取している村落の血液は都市に建設される堂々たる建造物のセメントになっている。私は今日ますます太くなっていく都市の動脈に流れる血液をもう一度村落の血管に戻したい」。➡ マハトマ・ガンジー

Simple Man:Lynyrd Skynyrd


子どものころ  母さんは言った

ここに座りなさい  坊や

もっと近くに来て  私の話をよくお聞き

そうすれば  あなたは

明るい光の中を  生きていけるから


人生は  急いではいけないの

災難は訪れても  やがて去って行く

あなたは素敵な愛を  見つけるでしょう

神さまが見ていることを  忘れないでね


気取らない人に  なりなさい

人を愛し理解する人に  なりなさい

気取らない人に  なりなさい

もしできるなら  母さんのためにそうしてくれる?


お金持ちになろうなんて  思わないでね

必要なのは  あなたの気持ちです

その気になれば  何でもできます

母さんが  あなたに望むすべては

あなたが  満たされて生きることです


気取らない人に  なりなさい

人を愛し理解する人に  なりなさい

気取らない人に  なりなさい

もしできるなら  母さんのためにそうしてくれる?

(ああ  きっとそうするよ)


自分が分からなくても  心配しないで

自分の心と神さまに従いなさい  それで充分です

その気になれば  何でもできます

母さんが  あなたに望むすべては

あなたが  満たされて生きることです


気取らない人に  なりなさい

人を愛し理解する人に  なりなさい

気取らない人に  なりなさい

もしできるなら  母さんのためにそうしてくれる?


気取らない人に  なりなさい

人を愛し理解する人に  なりなさい

気取らない人に  なりなさい・・・

記事分類
転位
ランキングに参加しています
BlogPeople
FC2ブログランキング
INポイントランキング
ブログパーツ
リンク
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
私たちは体においてよりも、心において不健康である。⇨ ラ・ロシュフコー

安全で有効なワクチンを
安全とはいえない理由
高齢者重症化の理由
急いでワクチンは作れるの?