FC2ブログ

理想から始まる現実

ヤコブの夢



次の記事からが、通常の記事になります。

揺らいでいる理念

アロハスピリット」とは人々の心と精神の調和である。そしてアロハスピリットは人々を自分自身に立ち返らせる。人々は良い感情を考え、他者へ良い感情を表さねばならない。➡ハワイ州法




■トゥルシー・ギャバード:大統領選挙アロハラウンチスピーチ(February 2nd, 2019 )より


アロハ、本当にありがとう。

私は、この楽園で育ち、泳いだり、サーフィンをしたり、楽しく過ごしました。私たちは、とても恵まれています。このハワイを故郷と呼ぶことができるから。


でも、徐々に分かってきました。本当は、他の人のために尽くすとき、私は一番幸せだということを。例えば、私たちの、水を守ること、海や大地を守るための行い。これらの行為は、自分の幸せを願うこととは、違う種類の幸せです。それは、心に宿る、より大きな幸せです


そして理解しました。結局、自分の人生で何を選択しようと、私の信念は、人々に尽くすことから生まれるということを。私は兵士としての仕事に誇りを持っています。私は、15年間を州兵(階級・少佐)として過ごしました。長年にわたり、多くの仕事で、ハワイと私たちの国の人たちに、奉仕する機会を与えられたことに、とても感謝しています。


議員に選ばれたとき、私は21歳でした。ホノルル市議会のメンバーとして10万人に仕え、この6年間は、国会で奉仕しています。皆さんの信頼とアロハスピリットに感謝します。


私たちの政府は、人民の人民による人民のための政府という原則のもとに築かれています。私たちの国では、国民は尊重されるべきであると。しかし、今日、その理念は揺らいでいます憎悪分断が、アメリカ全体に暗い影を落としています。


私たちは、剛腕利己的な政治家や、貪欲な企業によって、引き裂かれています。私たちの肌の色、宗教、あるいは政治信条を利用して、人々の間に憎しみ恐れ、そして対立扇動しています。この精神の腐敗は、貪欲利己主義によるものであり、まさに、この社会の構造と民主主義そのものを、侵食しているのです。


これは、私たちのアメリカではありません。


我が国の善きものは、奉仕を職務とする退役軍人によって示されています。彼らは、愛する国と国民のために、個人の利益を犠牲にした人たちです。愛は、単なる感覚ではありません。愛は、行動を起こすための強力な力です。奉仕の精神をもたらすものです


男性であれ女性であれ、制服を身につけた人々が、過去から現在、次の世代のために、隣人と国への愛のため、自ら進んで、その身を犠牲にしてきたのです、私たちすべてのために。


彼らは、特定の宗教や、特定の人種、特定の政党のために志願したのではありません。進んで志願するとき、私たちは、私たちの国と人々に貢献するため、私心を脇に置いて戦います。


私たちは、ただひとつのものです。分割することも破壊することもできない、互恵から生まれる、愛の絆による結びつきです。それは、利害よりも奉仕が優先するという精神です。


そして、その精神こそが、今日、私がアメリカ合衆国大統領への立候補を表明する理由です。私は、より高い価値を復活するために、この奉仕の精神をホワイトハウスに持ってゆきます


大統領職への栄誉と尊敬を復活するために、そして何より、人民への愛と、国を愛するために。参加してください、お願いします。参加して、これを実現しましょう。利害よりも奉仕を上に置くのです。強欲腐敗に対して、共に戦うのです。

疎外から生まれる「平等」

現代の西洋社会でも、孤立感を克服するもっとも一般的な方法は、集団に同調することである。集団に同調することによって、個人の自我はほとんど消え、集団の一員になりきることが目的となる。


もし私がみんなと同じになり、ほかの人と違った思想や感情を持たず、習慣においても服装においても思想においても集団全体に同調すれば、私は救われる。孤独という恐ろしい経験から救われる、というわけだ。


独裁体制は人々を集団に同調させるために威嚇脅迫を用い、民主的な国家は暗示宣伝を用いる。たしかにこの二つのシステムの間には大きな違いがある。民主主義においては、集団に同調しないことも可能であり、実際、同調しない人がまったくいないわけではない。一方全体主義体制にあっては、服従を拒むのはごく少数の特別な英雄とか殉教者だけだろう。


しかし、こうした違いにかかわらず、民主主義社会においても、ほとんどすべての人が集団に同調している。何故かというと、 如何にして合一感を得るかという問いには、どうしても何らかの答えが必要なのであり、ほかに良い方法がないとなると、集団への同調による合一が、いちばん良いということになるのだ


孤立したくないという欲求がいかに強いかが理解できれば、ほかの人と異なることの恐怖、群れから僅かにでも離れる恐怖の大きさが理解できるだろう。しばしば「集団に同調しないことの恐怖は、同調しないと実際に危ない目にあうかもしれないという恐怖なのだ」ともっともらしく説明される。だが実際には、少なくとも西洋の民主主義社会では、人々は強制されて同調しているのではなく、自ら欲して同調しているのである。


たいていの人は、集団に同調したいという自分の欲求にすら気づいていない。誰もがこんな幻想を抱いている、 私は自分自身の考えや好みに従って行動しているのだ、私は個人主義者で、私の意見は自分で考えた結果なのであり、それがみんなの意見と同じだとしても、それは単なる偶然にすぎない、と。彼らは、みんなと意見が一致すると、自分の意見の正しさが証明されたと考える。それでも、多少はほかの人と違うのだと思いたがるが、そうした欲求はごく些細な違いで満たされる。


ハンドバックやセーターのイニシャルとか、銀行員の名札とか、共和党でなく民主党支持だとかといったことが、自分はほかの人と違うのだという意思表示になる。「これはほかとちがいます」といった広告のコピーは、人と違いたいという悲痛な欲求をよく物語っている。実際はほとんど違わないのだが。


没個性の平等

伝統。


マーラーの名言


R・A・サルバト-レ「アイスウィンド・サーガ、悪魔の水晶」アスキー・エンターブレインより

伝統。この言葉には、重々しい響きがある。伝統。それは、今いる私たちのルーツだ。ご先祖様につながっているものだ。親と子をつなぐ架け橋だ。社会や法律の根っこに、伝統がある。


多くの人にとって、伝統は法律よりも大事なものだ。伝統とは、黄ばんだ羊皮紙に書かれた、或いは岩に刻まれた、神さまの言葉だ。多くの人にとっては、伝統がすべてだ。


私は、伝統は両刃の剣(もろはのつるぎ)だと思う。誤って、深い傷を負ってしまうこともある


故郷のメンゾベランザンにも、伝統の力があった。あそこでは、三男は生贄として神に捧げられる。<白兵院>を卒業するとき、姉が私に迫ってきた。そういう邪悪な儀式を拒む私を、殺そうとしたのだ。そうしたことは、伝統だからいいのだ、と考えられている。


伝統が<慈母>に力を与える。メンゾベランザンでの、おぞましい戦いでさえ、伝統に根差した、家と家との戦いでさえ、今までずっとそうしてきたから、という理由で、正しいことだと考えられているのだ。


そうした欠点のあるのは、ダークエルフに限ったことではない。私はよく、ケルビンの石塚に座って、バーバリアンのキャンプの光を眺めることがある。そこにも、伝統に縛られた人々がいる。古臭い規則に、縛られた人々だ。<氷風の谷>のバーバリアンは、ヘラジカを追って、北から南へ移動する。


はるか昔から、それが、厳しい冬を生き延びるための、唯一の方法だと考えられていたからだ。でも、いま、彼らが、テンタウンズ(十の町)と商売をするならば、生き延びるのは、ずっと簡単になるはずだ。毛皮や肉と、南の地方の商品とを交換すれば、頑丈な家を建てることもできるのだ。


伝統


ドリッズト・ドゥアーデンは、音をたてずに、早足で歩いていた。やわらかい革でできたブーツは、ほこりを立てることさえなかった。フードのついた、茶色いマントを着ている。フードの下の肌は黒く、髪は銀色だ。ドリッズトの動きは、まるで空中を歩いているかのようだった。だから、彼を見ている人がいたとすれば、まぼろしにしか見えなかっただろう。」

新しい人間のかたち(2)

エーリッヒ・フロム「希望の革命」紀伊國屋書店

(11)自己及び同胞の十全の成長を、至高の目的とする。


(12)この目的の達成には、修養と現実の尊重が必要だということを自覚できること。


(13)いかなる成長も現実の構造で起こらなければ、健全でないと知っていること。さらに、生の属性(生命のオリエンテーション)としての成長と、死せるものの属性の秩序(デストピア)との区別が出来ること。


(14)耐え難い環境からの逃避のための想像力ではなく、現実的可能性の予測と耐え難い環境を除く手段としての想像力を持つ。


(15)他人を欺かず、他人からも欺かれないこと。無邪気ではあるが、単純ではないこと。


(16)自分の知る自己だけでなく、自分の知らない自己をも知る努力をすること。


(17)人間は全ての生命と一体であり、その前提から、自然を征服し、搾取し、破壊するという目標を捨てる。自然を理解し、自然と調和することに努める。


(18)気ままではなく、自己実現としての自由貪欲としてではなく、いつ何時でも成長と衰退、生と死の選択を迫られる、微妙な選択の上に保たれる構造としての自由を尊重する。


(19)悪と破壊は、成長の失敗の必然的結果であることを知ること


(20)これら全ての資質の完成に至った人は、少数に過ぎないということを知っているが、目的に到達しようとする野心は持たない。そのような目的達成の野心であっても、野心持つ形態であり、貪欲であることを知っているからである。


(21)どこまで到達できるかは考えず、成長する過程に幸福を見出すこと。出来る限りのことをして、充実して生きることは、自分に何が出来て何が出来ないか、という疑念を与えないほどの満足感をもたらすからである。


記事分類
転位
ランキングに参加しています
BlogPeople
FC2ブログランキング
INポイントランキング
ブログパーツ
リンク
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
私たちは体においてよりも、心において不健康である。⇨ ラ・ロシュフコー

Cov19/ワクチンの話
Cov19/BCGの話