FC2ブログ

Shakira - Try Everything (Official Video)




04 T・G スピーチ

05 T・G スピーチ

06 T・G スピーチ


  *次の記事からが、通常の記事になります。

無限の「立場地獄」

どれだけ国を挙げて働き方改革を志向しても、ブラック企業やパワハラがなくなる兆しはない。その元凶は、日本人の心の奥深くに根ざしている価値観によるものだ。➡ 東京大学東洋文化研究所教授 安冨歩


2017.8.21 DIAMOND online:ブラック企業は日本社会の「立場」主義が生み出している より


日本は、実のところ民主主義の国ではありません。基本的人権に基づいて、国民一人ひとりが尊重されることはなく、代わりに尊重されるのは「立場」です。日本の「民主主義」が意味するところは、「すべての立場は尊重されねばならない」です。この、日本立場主義人民共和国の憲法は、以下です。


前文:立場には役が付随し、役を果たせば立場は守られる

第一条:役を果たすためには、何でもやらなければならない。(国民の義務)

第二条:立場を守るためだったら、何をしても許される。(国民の権利)

第三条:人の立場を脅かしてはならない。(国民の倫理)


立場主義で尊重されるのは「立場」であり、「個人」ではありません。従って、日本に「人権」は存在しません。「さすがに言い過ぎじゃないのか?」と思う方もいるかもしれませんが、立場主義による人権無視は、日本中の至るところで見られます


大学に入ると、学生たちはクラブ活動にいそしみます。最初の顔合わせ時は、お互いに少し緊張気味にキョロキョロし、自分の「立ち位置」を模索します。これは、動物がお互いのニオイを嗅ぎ合うようなもの。「お兄さんキャラ」「いじられキャラ」などの目に見えない「立場」があり、ニオイを嗅ぎ合いながら、「俺はこのキャラだな」「お前はこっちだろう」というような立場の配分が無言で行われます


figure_nakama_hazure.png


時には、先輩(ボス)が立場を割り振りますが、彼らも絶対権力を持つわけではありません。ボスがニオイを的確に嗅げず、ズレた割り振りをすると、ボスの座から追い落とされかねませんから、ボスだって緊張します。こうして割り振られた立場から、メンバーたちは逃れることができず、各立場に付随する役を必死にこなします。もし役をこなせなければ「ぼっち」になる。これが友達地獄の始まりです。


企業に入れば、名刺を持ちます。私は大学卒業後、住友銀行(当時)に入行しましたが、客先では「住友さん」と呼ばれたものです。名作アニメ『機動戦士ガンダム』では、ひ弱な青年・アムロが、カッコいいモビルスーツ・ガンダムに乗り込んで活躍する様が描かれていましたが、これはサラリーマン世界で「住友銀行」といった強力な名刺を持った若造の表象です。そして、個性を伸ばしながら一人前になるのではなく、「住友マン」であることを徹底的に叩き込まれます。


家庭では、子どもが生まれれば夫婦は「パパ」と「ママ」。このように名前ではなく立場で人を呼び、立場と立場でコミュニケートするというのが、日本人の意識にしみついているのです。個人が自分の考えを優先し、立場をないがしろにすることは許されません。


一方、立場のない人は役もありませんから、極端なことを言えば「死んでもOK」。だから日本人は「役立たず」になることを異様に恐れるのです。昨年起きた、相模原障害者施設大量殺傷事件の犯人は、「障害者は役立たずで社会に負担をかけているから殺すべき」と考え、それを実行しました。彼ほど極端ではないにしろ、多くの日本人は、彼の思想を薄めたような価値観を持っています。このことから目を背けるべきではありません

立場主義からのシフト

イノベーションを触発するデジタルメディア mugendai:「立場主義」に囚われた社会システムから抜け出すための「女性装」――東大教授・安冨歩氏インタビュー より


――「立場主義」からしばらく抜け出せない日本社会で、私たちはどのように生きるべきでしょうか?


publicdomainq-0006836hqgsfy.png


もはや時すでに遅く、あきらめるしかないです(笑)。学校教育を通じて立場主義に適応した人間を製造している現在のシステムを根本的に変える必要があるんですが、誰もその必要を感じていないわけですから。


さまざまなタイプの人が集まり、異なるシステムを5~10年継続すれば日本社会にも変化が表れるかもしれません。


しかし現実的には、毎日スーツを着て満員電車では大人しくスマホを見ながら耐え、出社すればパソコンをたたき、また満員電車に乗って帰宅し、家ではテレビを見ながらビールを飲んで寝るという生活をして、社会システムを一生懸命に回している。これでは何も変わりません


例えば、長野県の山村の医師で、なぜか東大を受験して合格し、私の授業をとった人がいます。彼には4人の子どもがいますが、そのうち3人が不登校です。この夫婦は、子どもを学校に行かせない方が良いと判断し、代わりに、4人のために貯めていた学費を取り崩して牧場をつくり、子どもたちが活き活きと暮らせる環境をつくっています。


publicdomainq-0034040lsx.jpg


子どもの教育について、現代の親は真面目に考える必要に迫られています。田舎に移住したり、異なる社会に逃げたり、そうした行動を取る人が一定の割合を超え、他の方法のあることが人々の意識に入った瞬間、既存のシステムはストップし、急激に世の中が変わっていくんです。


――既存の社会システムに違和感を覚えない人がほとんどですが、どうすれば脱却の必要性に気付くことができますか?


私のように、東大教授でも好きなことをやっている人の存在が一つの答えになるかもしれません。考え方次第で、システムの中にいても、システムの言いなりにならない生き方を貫徹することはできます。


国民の税金を給料としていただく国立大学の教員は、忙しい皆さんに代わって、深く考え、自分の信念に基づき発言し、行動しなくてはいけません。それが、公費で養われ、高い社会的地位を与えられることを正当化できる唯一の道だと信じます。加えて私の「女性装」が、人々が他のあり方について考える糸口になれば、と思っています。


今までと異なる動きをする人が増えていけば、現在のシステムはやがて停止し、違う方向に動き出します。「本当に自分が正しいと感じることをやる」と考える人が増えれば、日本は変わると思います。


大きすぎた成功体験


イノベーションを触発するデジタルメディア mugendai:「立場主義」に囚われた社会システムから抜け出すための「女性装」――東大教授・安冨歩氏インタビュー より


「立場主義」は、自分の立場を守るために必死で「役」を果たそうとする行動パターンです。第二次世界大戦で日本社会に浸透し、戦後は高度成長を実現したことで日本社会のエートス(習慣、気風)になったと考えています。「立場主義」の社会で働く人は、みんな一緒に辛い環境を耐え忍んでいる――、「ホモソーシャル」で「マゾヒスティック」な「ホモマゾ」なんです。


日本人は立場を守るために必死で働いて生きるのが人生だと、メディアや教育によって植え付けられ立場の詰物として養成されて消費されていきます。幸せとか幸せじゃないとか考える暇がないのは、ある意味幸せだったかもしれません。


1970、80年代は「立場主義」の人たちが命懸けで工場の歯車となり、自動車や家電製品を製造して世界を席巻しました日本全体が巨大な工場になることで、大成功を収めるため必死に走ってきたんです。しかし、コンピューターとセンサーとが生産過程に導入され、命懸けで機械を回す人が不要になってきた


根本的な仕事の方法が変わったにもかかわらず、巨大装置を運転し続けることを前提とした「立場主義」だけが残存しているのです


本来、企業も転換期を迎えているはずですが、「立場主義」の人はいまだ数多く存在しています。また、20年ほど前に雇用という概念が成り立たなくなっているにも関わらず、企業で働く人々のマインドセットは終身雇用という大成功した経験から抜け出せない。もはや、マインドセットを変えることができないんです。


何しろ、戦争の敗戦国が30年足らずで経済的に急成長した。「立場主義」によって得られた成功が大きすぎたのです。それを突然やめろと言われても、すぐには転換できないのが現状ではないかと思います。最近はグローバル化が進んでいますが、少し前までの日本は排他的で外国人が入ってこないように拒否していました。


同じように、いまだ男性中心のシステムも強く、女性が社会や企業の中に入ってこないようにしています。もし、外国人や女性が一斉に入ってくれば、自分たちが守ってきたシステムが壊れてしまう。だから、一生懸命に排除しているのです。


――日本はジェンダーギャップ指数が2017年に世界144カ国中114位で、「男性優位社会」と言われています。


確かに女性の平均所得は低く、国会議員の数も少ない。でも、日本人女性は男性よりも5年長生きです。ジェンダーギャップ指数の内訳を見ると、健康1位、教育74位、経済参画114位、政治参画123位なんです。


もし「命の長さ」を何より重視するなら、女性の方が上手く立場主義社会に適応している、と言えるかもしれません。極端な主張かもしれませんが、男性は何も考えずに突っ走り、思考停止状態で女性より3倍自殺し、5倍家出して早死にしています


政治経済への参画だけ見ると、女性だけ差別されているように感じるかもしれませんが、実は日本では同様に男性も差別されているんです。両方が等しく社会のシステムから暴力にさらされていますが、暴力の種類がそれぞれ違うだけです。

「君のため」「国民のため」

2012/4/4 週刊現代:現役の東大教授(安冨歩氏)が明かす 平気で人を騙す「東大の先生たち、この気持ち悪い感じ」より


肉体の暴力は、暴力をふるう人の動ける範囲に限定されるけれど、言語による暴力は、メディアで、すさまじい範囲に広まります。その破壊力は、人類を滅ぼすことも十分可能なわけです。実際、そういうものによってナチスや、日本の軍国主義が生まれました。




しかも巧妙なのは、東大話法が基本的に自分の攻撃を隠蔽するために使われるということです。彼らの言う「君のため」「国民のため」は、前後の文脈の中に、ほぼ確実に攻撃的な意図が込められています。


権力の集まる場所にいる人は、だいたいこれを使っています。欺瞞的な言葉を使って、その場その場ごまかしながら、自分に都合のよい方向に周囲を動かしていこうとする。


その技術が高いほど、物事の処理も巧みになっていき、組織の中心的役割を担うようになります。つまり、東大を出たような人で、かつそういう方向に頭を回すことが得意な、自分の考えも信念も感情もない人ばかりが上に集まっていくということです。これは国民にとって大変な不幸です。


私がこの本を出した目的は、東大の悪口を言うためではありません。原発事故によって露見した日本社会の真の様相を明らかにしなければ、この国は暴走してしまうと思ったからです。そうしなければ、私自身が生きる道を閉ざされてしまう気がしたのです。


いま、原発の再稼働だとか、ヨルダンに輸出だとかいったおかしなことが、もっともらしい東大話法で唱えられています。これを抑えられなければ、もう原発も東大話法支配も止めようがない。でも逆に、ここで「怖い」、「嫌だ」というような思いをストレートに言葉にできる人が増えれば、逆転は始まると思うのです。実際、その兆しも出始めています。


そういう人たちが政治家に選ばれて、大きな権限を持てるようになれば、国は変わる。いまがその最後のチャンスだと、私は思っています。


「週刊現代」2012年4月7日号より

記事分類
転位
ウイルス中和タンパク質(改変ACE2受容体)
日本人の交差免疫可能性を示唆する研究結果
ワクチン接種者の電磁気力についての研究
老化したキラーT細胞が重症化の原因
病院が逼迫しているのは「常習化」してます
【ワクチン前から!?】発症率は下がっていた!
*
*
ランキングに参加しています
FC2ブログランキング
INポイントランキング
リンク
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
私たちは体においてよりも、心において不健康である。⇨ ラ・ロシュフコー

クソどうでも良い仕事" は誰のため?
小出裕章「原発の終わらせ方~福島原発事故から10年のいま~」
故赤木俊夫氏の主治医インタビュー
雨宮処凛氏出演!『コロナ、自殺』(前半無料パート)
憎悪と嘲笑の濁流の正体
テレビは 権力との癒着・忖度を突き破れ
「悪の凡庸さ」ウィシュマさん死の映像
悪の本質は「受動性」
新薬販促のため多額の金銭をバラまき
米国の対中戦略の一躍を担う役割は変わらない
オリバー・ストーンの新作を主要メディアは無視
「感染症ムラ」の闇を暴く!
政治9年の大罪。総選挙で逆転を!
トゥルシー・ギャバード:大統領選スピーチ
自由の国アメリカの「自由からの逃走」