エレクトリックマン

メキシコ・アルバカーキ在住のヤニュシュさんはある日を境に自分が無意識に電灯を消してしまうことに気付く。車や徒歩で移動中ヤニュシュさんが通過するとかなりの確率で街灯が消えてしまうのである。

このような現象は世界中に存在し、研究者のヒラリー・エバンスはStreet Lamp Interferenceの頭文字SLIと、Data ExchangeのDEををくっつけて「SLIDE」と名づけた。このような現象を起こす人たちのことを「スライダー」と呼ぶ。

人間の脳は電気信号を用いることにより体を動かしているので、もしスライダー現象が本当に起こるのであれば脳が関わっていると、ヤニュシュさんは考えている。だたし、電気信号はとても弱いものなので外部の電灯を消してしまうような力はない。

アリゾナ大学のスチュワート・ハマロフ博士は脳の活動には量子物理学が関わっていて、スライダー現象は量子物理学で解明できるかもしれないと考えている。ハマロフ博士の共同研究者ロジャー・ペンローズは、思考は複雑なコンピューター以上のものでアルゴリズム以外の何かが関わっていると考える。

麻酔医でもあるハマロフ博士は麻酔薬で人間が意識を失う仕組みをこう説明している。

「麻酔は脳のタンパク質、微小管と呼ばれる構造を造るタンパク質に作用すると考えられています。覚醒時に微小管のタンパク質は小刻みに振動しています。量子効果が及んでいるからです。しかし麻酔が脳に入ると量子効果がとまるのでタンパク質の振動が止まって、それにより意識を失うのです。麻酔が抜けるとタンパク質が再び振動し覚醒するのです」

ハマロフ博士はさらに考えを進め、神経ニューロンは大きすぎて量子効果を受けないが、微小管を構成するタンパク質は量子効果を受ける可能性がある。もし脳が量子コンピューターだとすると古典的物理学の支配を受けない奇妙な振る舞いを見せる可能性があると。

バスケットボールの試合はバスケットボールのルールとニュートンの古典物理学に支配されているが、もし量子物理学に支配されていると、次のようなものになるそうだ。

「ボールもプレーヤーも同時に二箇所で存在し、同じコートのみならず異なる体育館に存在するプレーヤーとぶつかるかもしれない」

量子物理学の世界で、この現象は「もつれ」と呼ばれる。一見何の関係もない物や出来が事が、本当はつながっているのである。思考の中心にこの量子効果が存在するとしたらスライダー現象の説明がつくかもしれないというのが博士たちの主張である。

(ディスカバリーチャンネル、エレクトリックマンより)

もしかしたら、魔法や超能力は本当に存在して、これら量子効果と関係があるのかも(ないのかも)

メガマウスの好物はサクラエビ

シリーズ 深海の巨大生物 謎の海底サメ王国(NHK/7/23/PM9:00~)を皆さん、ご覧になりましたでしょうか?

 

世界遺産、富士山のふもと駿河湾は、海岸線から少し沖に出ると、深い海底渓谷が刻まれている。そこには多くの深海ザメが生息していて、世界中の海洋生物学者やドキュメンタリー製作者から注目されています。

 

今回の「目玉」のメガマウス・シャークは体長5メートル、巨大な口を持つことからメガマウスと呼ばれるが、37年前に初めて発見されてから、たったの50例しか目撃されておらずシーラカンス以来の大発見だった。

 

メガマウスは普段深海に生息しているが、駿河湾では人間も大好きサクラエビを主食にしている、ジンベイザメのような大人しいサメらしい。それでゴハンのときは、サクラエビがプランクトンを食べに水面に密集している処を、でっかい口で一網打尽にするらしい。

 

撮影班は潜水艇でサクラエビとともに徐々に浮上し、メガマウスを追ったがこの時点では現れず、撮影はできなかった。

 

だがなんと、三重県の海にメガマウスが現れ船の上から見ることができるという。こちらの海ではサクラエビならぬオキアミを食べていた。とんだ甲殻類違い。

 

結局、水面直下で泳ぐメガマウスを世界で初めて撮影できました。メガマウスは写真(死体)で見たグロテスクな怪物のような印象とは違い、目が大きくてクリクリして、子供が描くクジラみたいに大人しく可愛い感じでした。

 

「オキアミ、ウマイウマイ」と吹き出しを付けたくなるような。

実在したホビットの謎: フローレス島の小人

■ 現生人類と時代を共有した、もうひとつの人類の可能性

2003年、インドネシアのフローレス島の洞穴で、「ホモ・フロレシエンシス」と名付けられた人類の「骨」が発見される。

 

復元してみて分かったことは、身長は1メートル程度で脳の容量はチンパンジーぐらい、頑丈な骨格で足が短いなど、現生人類とは異なる古い人類の特徴を示している。また、石器を作り火を使用していたことも確認された。

 

研究者を驚かせたのは、生息していた年代が1万数千年前だったこと。アフリカを出た現生人類がオーストラリアに到達したのが5万年前なので、全く違う人類が同じ時代を生きていたということになる。

 

■ アイランド・ルール(島の法則)

「島」では利用可能な生息域や資源量が著しく制限されるため、生物が他の地域で見られるよりも巨大化するかあるいは矮小化する。

 

大型の動物の場合は、その中でも小さな個体の方が代謝量の減少や性成熟が早いなどの点で「島」では生存と繁殖に有利である。そのため体格が縮小するような選択圧が働くと考えられる。。(Wikipedia)

 

フローレス島では小型化したゾウの化石も見つかっていて、ホモ・フロレシエンシスも同様の法則で小型化したと考えられる。

 

■ 人類の拡散について、新たな学説の可能性

ユーラシアにはいろいろな人類がいて多様だった。人類の拡散は従来考えられていたよりも複雑だったかもしれないと、研究者のモーウッド教授(オーストラリア・ウーロンゴン大学)は語る。

STAP細胞って何だ?-その1

■NHK、サイエンスZERO「緊急スペシャル!STAP細胞、徹底解説」(2014年3月16日放送)より

 

■植物では普通に見られる細胞の初期化

stap001

stap002

stap003

シクラメンの茎を切り取る。(物理的刺激)すると茎の断面に初期化された細胞(カルス)が現れる。カルスを培養すると植物全体の細胞に分化する。STAP細胞は動物の細胞を、酸などの物理的刺激によって初期化して万能細胞を造り出す技術。

 

■細胞の初期化とは?

stap004

動物の体は一つの受精卵が分裂しながら筋肉や皮膚、血液等の役割の異なる細胞に分かれてゆく。これを細胞の分化という。

stap005

本来、細胞は体のどの部分にもなれる遺伝情報を持っている。しかし、例えば皮膚になる細胞はその他の遺伝子情報にフタがされていて他の細胞になることはない。初期化とはこのふたを外して受精卵のような状態を作り出すことである。そして、この細胞は多能性細胞(一般には万能細胞)と呼ばれる。

 

既に実用化に向けて動き出している多能性細胞、iPS細胞は当初、分化した細胞にいくつかの遺伝子を組み込むことで初期化に成功した。STAP細胞は弱い酸などのストレスを細胞に与えることにより、初期化を引き起こすというもので、iPS細胞よりも、ある意味簡単に多能性細胞が作られるという期待と、動物の細胞は通常では初期化しないという生物学の常識を覆す発見として、驚きをもって迎えられていた。

-その2に続く

STAP細胞って何だ?-その2

■NHK、サイエンスZERO「緊急スペシャル!STAP細胞、徹底解説」(2014年3月16日放送)より

 

しかしながらネイチャー誌に掲載された論文には幾つかの不備があり、現在論文は棚上げ状態。「在るとも無いとも言えない仮説の段階」にある。理化学研究所は改めて再現実験に着手することを表明、結果が待たれている。

 

STAP細胞の存在をどのように説明したか

stap006

Oct4(オクトフォー)たんぱく質は細胞の初期化状態を維持するために必要なたんぱく質。Oct4は多能性細胞存在の目印となる。

stap007

もし酸につけた細胞が初期化されればOct4が現れるはずである。

stap008

そこでOct4が細胞内に現れると細胞が緑色に発色するマウスを用意。マウスから血液細胞を取り出して酸につけた

stap009

その細胞を培養すると、2日目に一部の細胞が緑に光り始めた。研究チームはこれをOct4の出現=初期化が起きたと考えた

stap010

この細胞は本当に多能性細胞なのか?ということを確認するためにSTAP細胞をマウスの皮膚に注入。やがてSTAP細胞が増殖して腫瘍が出来た。

stap011

この腫瘍を調べると、皮膚、筋肉、腸などSTAP細胞から分化したとみられる様々な組織の細胞が見つかった。Oct4の出現と様々な細胞への分化から研究チームは多能性細胞が出現したと結論した。

stap012

この細胞を「ある種のホルモン」を加えることにより試験管内で増殖させることに成功。この増殖能力を得たSTAP細胞をSTAP幹細胞と名付けた。

-その3へ続く

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク
ブログラム
blogramのブログランキング
カテゴリ
神話の力
特定の文化や宗教に限定されない、新たな時代の神話の必要性
見えざる異性
女性原理が完全に欠如すると、男性は世界から切り離される。男性原理が完全に失われた女性に人格はない。
新ターニング・ポイント
衰退の時極まるとターニング・ポイントに至る
無境界
破壊と暴力は成長の失敗の結果である。エーリッヒ・フロム
BlogPeople
投票ボタン
ブログ村投票
プロフィール

スエスオ

Author:スエスオ
オリジナルのエッセイ・ブログを目指して鋭意更新中

ジャンプ!
自由からの逃走
人間性の諸価値から逃走する人は人間以下へ堕落する
タイプ論
人生に暗示を見つけられない人は、人生に打たれる
9つの性格
自己洞察が新しいトレンド
アメリカ個人主義の行方
進歩を目指し、変革し続けるアメリカの「市民」