機械生命体ボーグ: 全体主義の恐怖と恍惚

■スタートレック、シリーズ共通の宿敵「ボーグ」

「ボーグって、スウェーデン人みたいな名前ね」

st006

「スウェーデン人じゃないみたいね」

 

1987年から2001年までに放映された、新スタートレックのシリーズ(TNG,DS9,VOY)はたぶん最も人気があって、シリーズの中核を為すものです。ボーグは惑星連邦未踏の「デルタ宇宙域」を起源とする機械生命体。サイボーグのように体のほとんどが機械に置き換えられている。彼らはミツバチの様にただ一人のボーグクィーンに率いられ、個人というものは存在しない。全ての個体は共同体の意識にリンクしており番号によってのみ識別される。共同体の目的はテクノロジーの果てなき追及で、多種族のテクノロジーを吸収し、用が済むと彼らの伝統や文化を一切無視し、ボーグ生命体に同化してしまう。

 

ボーグ・クイーン「我々も昔は人間のようだった。弱くて欠陥だらけの有機体。でも人工体を取り込み、我々は完全に近づいた

(アンドロイド)データ中尉「自己を完全と思うのはたいてい錯覚だ

st005

 

■「我々はボーグ。お前たちを同化する。抵抗は無意味だ

同化はナノプローブというナノサイズの自己増殖機械を相手の体に注射することにより瞬時に行われる。ボーグシールドと呼ばれるエネルギーシールドシステムは、敵のエネルギー兵器の威力を打ち消す周波数に瞬時に変換されて相手の攻撃を無力化する。

 

■セブン・オブ・ナイン の苦悩

VOY(スタートレック・ヴォイジャー)に登場するセブン・オブ・ナインはボーグから救出されて、インプラントのほとんどを外されて、ヴォイジャーのクルーとなるが、度々ボーグ共同体へ戻りたいという欲求に苛まれる。事実、全て物事を論理的、合理的に考え、感情を無視しようとするセブンと、クルーの間に多くの軋轢が生ずるのも事実。しかし、セブンはボーグ共同体とのつながりを断ち、一人の個人として自立することを選択する。

 

7万5000 光年からの帰還: VOY

 

■深層デルタ宇宙域から地球を目指す旅

西暦2371年、惑星連邦・深宇宙調査船「ヴォイジャー」は未開の星域で消息を絶った反惑星連邦レジスタンス「マキ」の宇宙船を捜索していたが正体不明のテトリオンビームの渦に巻き込まれ、はるか7万5000光年彼方の「デルタ宇宙域」に飛ばされてしまう。そこは宇宙の生命体全ての脅威「ボーグ」の領域で、地球まで、ヴォイジャーの全速力を以ってしても75年の年月を要する未知の宇宙だった。

 

■主な登場人物(左から)

voy001

キャスリン・ジェインウェイ/ スタートレックシリーズ初の女性艦長。数学者の母親と、天体物理学者の父親をもつ彼女は、科学の分野で様々なキャリアを積んだ科学技官でもある。本来、敵であるはずのマキや元ボーグのセブンを士官に採用する柔軟性を持ち、未知の宇宙域で外交手腕を発揮、新たな同盟を構築し帰還のための資源を獲得。必要があれば強い指揮官としてクルーを守るために戦い抜き、ヴォイジャーを地球へと導く。

ベラナ・トレス/ レジスタンス組織マキのメンバーだったが、ヴォイジャーでは主任機関士。クリンゴン人の母と地球人の父をもつハーフだがクリンゴン人の荒々しい気性が備わっていることに苦悩している。

voy002

トゥボック/ 保安部長。ミスター・スポックで御馴染のバルカン人。地球人から見ると30才ぐらいにしか見えないが、実はデルタ宇宙域に居る間に3桁の大台に乗ってしまった事は、艦長だけが知る秘密(バルカン人の寿命は300歳)

ドクター/ 医療全般の統括者だが実は緊急医療用のホログラム。ホログラムではあるが本物のドクターが死亡してしまったために医療全般の事実上の責任者である。高度な人工知能プログラムを有し、芝居好きで音楽大好き、妄想族の宴会主任。

voy003

セブン・オブ・ナイン(ユニマトリックス01の第3付属物7 of 9)/ボーグから救出され、ヴォイジャーの一員になる。通称セブン。本名はアニカ・ハンソンという地球人。ボーグの知識と身体能力を持つ優秀なクルーであるが常に直線的に物事を処理したがり、空気を読むのが苦手。地球人に戻るためリハビリ中。

ニーリクス/デルタ宇宙域の異星人。戦争により家族を失い母星タラクシアを逃れ放浪中。ヴォイジャーではガイド兼コック。異星人との交渉に欠かせない存在。

地球暦2063年4月5日: ファーストコンタクト

st012

■コクレーン博士のワープエンジン

2063年4月5日アメリカ合衆国モンタナ州ボーズマン。核ミサイルタイタンロケットを改造しワープエンジンを搭載した「フェニックス号」が人類初のワープ航法に成功する。かねてから地球を調査していた「バルカン」の調査船がワープ航法の痕跡を認め人類にコンタクトを求めてきた。宇宙航海時代の始まりである。

st011

長寿と繁栄を

 

スタートレック・エンタープライズは、

2001年から放送されたスタートレック(TV)の最終シリーズ。ファーストコンタクト以後と、映画でリメイクされている「カーク船長」(TV邦題、宇宙大作戦)の活躍する時代の間のエピソードを描く。オープニングはライト兄弟の飛行機の発明から始まり、音速の突破、ロケツト開発、アポロ計画、スペースシャトルを経て、未知の宇宙へと飛び立つエンタープライズを表現しています。

 

ep001

パパの船は大きいの?あのトンガリ大使の船より

ソバル大使はバルカン人だ。偉い人だよ

ep002

駄目だ!出来ないよ

真っ直ぐ、しっかり飛ばすんだ。風を恐れては駄目だ

ep003

コース上にイオンストームを探知、待機しますか?」

風を恐れるな少尉!ワープ4で前進だ

はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク
ブログラム
blogramのブログランキング
カテゴリ
神話の力
特定の文化や宗教に限定されない、新たな時代の神話の必要性
見えざる異性
女性原理が完全に欠如すると、男性は世界から切り離される。男性原理が完全に失われた女性に人格はない。
新ターニング・ポイント
衰退の時極まるとターニング・ポイントに至る
無境界
破壊と暴力は成長の失敗の結果である。エーリッヒ・フロム
BlogPeople
投票ボタン
ブログ村投票
プロフィール

スエスオ

Author:スエスオ
オリジナルのエッセイ・ブログを目指して鋭意更新中

ジャンプ!
自由からの逃走
人間性の諸価値から逃走する人は人間以下へ堕落する
タイプ論
人生に暗示を見つけられない人は、人生に打たれる
9つの性格
自己洞察が新しいトレンド
アメリカ個人主義の行方
進歩を目指し、変革し続けるアメリカの「市民」