FC2ブログ

シュレーディンガーの猫

量子論は「とても難解だ」と、よく言われる。扱う対象が目に見えない世界であり、マクロの世界(目に見える現実)とずいぶん違うことがいくつかの理由の一つ。他のもう一つに数式の難しさがある。量子論を本当に理解しようとすれば、難解な数式を避けて通れない。しかし、数式を相手にできないと、私たちが少しも理解できないかというと、そうとも限らない。佐藤勝彦「図解雑学・量子論」ナツメ社より

 

 

佐藤勝彦「図解雑学・量子論」ナツメ社より

この実験(実際にやったわけではない)を考えたのは、波動力学を確立したシュレーディンガーである。しかし彼は、この仮想実験で量子論を擁護したのではない。反対に、確率や不確定性などといったあやふやなものを持ち出すコペンハーゲン学派(ボーア、ハイゼンベルク、パウリ、ディラック、仁科芳雄)に、ある種の皮肉を浴びせたのだ。事実、彼は波動力学を成立させた後、量子論への興味を失い、生物学へと研究対象を変えてしまった。

 

猫の量子力学的運命(思考実験)

1、ラジウムからアルファ粒子が出ると、(1時間以内に粒子が出る確率を50%➯ 量子論で確率的にしか予言できない性質の現象とする)

2、ガイガーカウンターが検知し、装置に信号を送る。

3、すると、装置は青酸カリ入りのビンを開けて、

4、青酸ガスが出て猫が死ぬ。

17-645

「図解雑学・量子論」ナツメ社:イラスト㈱エム・エー・ディー東京

 

1時間後に猫がどうなるか、(箱を開ける前)普通に考えると、「猫は死んでいるか、生きているか、どちらかの状態で箱の中にいる」ということになるが、量子力学的にいうと、猫は生きている状態の確立が50%で、死んでいる状態の確立が50%の状態、つまり、<生と死の状態を、併せ持った状態で存在している>ということになる。

56-867

「図解雑学・量子論」ナツメ社:イラスト㈱エム・エー・ディー東京

 

箱を開ける前「猫は生きているか死んでいるかの、どちらかの状態で確定しているが、箱を開けて確認するまでは分からない」とは考えずに、<生と死が半分ずつ重なり合っていて、蓋を開けた瞬間にどちらかに確定する>と考えるのだ。

50-330

「図解雑学・量子論」ナツメ社:イラスト㈱エム・エー・ディー東京

星とたんぽぽ:たつまきを売る老人


青いお空のそこふかく

海の小石のそのように

夜がくるまでしずんでる

昼のお星はめにみえぬ

見えぬけれどもあるんだよ

見えぬものでもあるんだよ

 

ちってすがれたたんぽぽの

かわらのすきに だァまって

春のくるまでかくれてる

つよいその根はめにみえぬ

見えぬけれどもあるんだよ

見えぬものでもあるんだよ

(星とたんぽぽ  金子みすゞ)

 

30-586

坂口 尚「たつまきを売る老人(おとこ)」奇想天外コミックスより

 

風を見たことあるかね

風が木葉を踊らすのは見たろう

風が白波を駆り立てるのは見たろう

風の音を聞いたかね

風のかわりに電線が唸るのは聞いたろう

そうだ 風とはそういうもので

誰も手にとれはしない

力と運命

君たち、突然変異って知ってるかい?

「知らないね」

生物が・・・・・親の系統になかった新しい形質が、突然、生物体に出現し、それが遺伝する現象のことなんだ。つまり、今まで続いていたものと違う、形や性質がひょっこりと現れるんだよ。フーホ・ド・フリースという人の説なんだが。

 

それ以前にダーウィンは自然淘汰を唱えていた。これは環境の変化など生存競争の結果、適者生存して子孫を残し、劣者は子孫を残さず亡びるということなんだ。弱肉強食だ。

 

どちらも、生物の進化がどのように行われるかという説明だ。つまり、この花が新種をつくるのは、この花の中に変化をもたらすものがあるという説と、外からの刺激によるという説だね

 

そのどちらが自然の摂理か、あるいは両方なのかわからないが、ぼくは、そのことから、こんなことを想ったんだ。力と運命・・・・・

 

人間は過去へも、未来へも行ける。記憶、思い出。理想、憧れ・・・・・

それは人間の力だ!才能だよ。ぼくにも、クリロ、フィー、君たちにも、あるんだよ。人間は現実の時間を歩きながら、頭の中で時を戻ったり先へ進んだり、旅行できるってことなんだ!100万光年先の星も想いうかべられるってことなんだ。

58-28-854

坂口尚「石の花」潮出版社より

普遍妥当な生の法則

トゥルーニュートラル(真なる中立):Undecided

トゥルーニュートラルのキャラクターは善と悪、秩序と混沌のいずれについてもこだわりをもたない。悪よりは善の方を好むが、積極的に善を広めようとすることはない。魔術に没頭し、イデオロギーに関心のない魔術師などがこのアライメントに属する。一方で積極的に中庸を推し進めようと行動する者も存在する。彼らは善、悪、秩序、混沌のいずれも危険な極端としてとらえる万物の調和を重視するドルイドが代表的な例。トゥルーニュートラルとは偏見や衝動に影響されない自然体を意味する。(ダンジョン&ドラゴンズ第三版ルール)

 

14-23-54-346

孔子は老子を訪ねて帰ってくると、三日間も黙ったままでした。

「わしは竜を見たんだ。陰陽に応じて*無窮に変化する竜を。口をきこうにも何もいえなかった。教えるどころじゃなかったわい」。

監修・野末陳平:作画・蔡志忠「マンガ 老荘の思想」講談社より

*無窮ーきわまり無いこと。無限。永遠。

 

普遍妥当な生の法則

C・G・ユング著「タイプ論」みすず書房より

一見したところ生存条件に完全に、あるいは理想的に適応していることは、外向的な見方からすれば完全な適応状態に思える。しかし、俯瞰的にみると客観的状況がいかなる状況の元でも正常であるとは言えない。客観的条件は時代や場所によっては異常になることもあり得る。こうした異常な状態に順応している個人は、たしかに周囲の異常な流儀とうまくやっていくが、それは同時に普遍妥当な生の法則の見地から見ると、周囲の人々全員と一緒に異常な状態におかれているのである。そうなると一時的にはうまくやっているように思えても、最後には普遍妥当な生の法則に背いた罪により、周囲の人々と一緒に破滅してしまうのである。

神はサイコロを振るのか、振らないのか?:1

ナショナルジオグラフィックch「ジーニアス・世紀の天才アインシュタイン」より

08-748

私の親友で、科学の面では目の上のタンコブ、ニールス・ボーアを紹介しよう。エルンスト、ハイゼンベルクの「不確定性原理」を知っているか

「良く知っているとは言えませんね。教授」

そうだな。つまり粒子の速度を正確に測れば測るほど、その粒子の位置の不確定さが増すというものだ

「つまり速度は正確に測るとどうなるかということ?」

そうだ!だが速度は分っていても、粒子がどこにあるかは分からない。論理的だと思うかい?「思いません・・・」。

当然だよ。でも、かの物理学者によると、粒子は観測されるまでは存在していないらしい。「まったく意味が分りませんね」。

そのとおりだ!ありがとう!エルンスト

 

ボーア:精肉店も寄りますか?また別の意見が聞けるかも。

ははは。すごく面白いな

ボーア:アルベルトさん。不確定性は使い勝手のいい理論ですよ。この原理を使って量子の世界を知ることができる。

科学探求の目的は、周りの世界を知るすべを探ることだけじゃない。世界を理解することだ。根本からな!目先の理論に囚われると・・・。

ボーア:あっ!アルベルトさん、危ないですよ。

48-163

ボーア:まったく!ちゃんと前を見て、歩いてください。

46-520

それはなぜだ?何故、前を見なけりゃいけない?君の意見だと、あの自動車が粒子だとして、観測しなかったとしよう。そしたら車は、存在しないことになる。私たちは全く安全だってっことだ

ボーア:自動車とミクロの粒子は違うんですよ!

だがそれだと、常識である「見えるもの」と「見えないもの」を区別している<規則>に反することになるぞ。問題が解決したと人が決めても、頭で考えるのは、止められない

ボーア:でも、頭を使って目の前にあるものをちゃんと見ないと、死んでしまいますよ。

記事分類
地球ネコ
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
リンク
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
BlogPeople
投票ボタン ☟
*
ブログ村投票
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中