FC2ブログ

シュレーディンガーの猫

量子論は「とても難解だ」と、よく言われる。扱う対象が目に見えない世界であり、マクロの世界(目に見える現実)とずいぶん違うことがいくつかの理由の一つ。他のもう一つに数式の難しさがある。量子論を本当に理解しようとすれば、難解な数式を避けて通れない。しかし、数式を相手にできないと、私たちが少しも理解できないかというと、そうとも限らない。佐藤勝彦「図解雑学・量子論」ナツメ社より

 

 

佐藤勝彦「図解雑学・量子論」ナツメ社より

この実験(実際にやったわけではない)を考えたのは、波動力学を確立したシュレーディンガーである。しかし彼は、この仮想実験で量子論を擁護したのではない。反対に、確率や不確定性などといったあやふやなものを持ち出すコペンハーゲン学派(ボーア、ハイゼンベルク、パウリ、ディラック、仁科芳雄)に、ある種の皮肉を浴びせたのだ。事実、彼は波動力学を成立させた後、量子論への興味を失い、生物学へと研究対象を変えてしまった。

 

猫の量子力学的運命(思考実験)

1、ラジウムからアルファ粒子が出ると、(1時間以内に粒子が出る確率を50%➯ 量子論で確率的にしか予言できない性質の現象とする)

2、ガイガーカウンターが検知し、装置に信号を送る。

3、すると、装置は青酸カリ入りのビンを開けて、

4、青酸ガスが出て猫が死ぬ。

17-645

「図解雑学・量子論」ナツメ社:イラスト㈱エム・エー・ディー東京

 

1時間後に猫がどうなるか、(箱を開ける前)普通に考えると、「猫は死んでいるか、生きているか、どちらかの状態で箱の中にいる」ということになるが、量子力学的にいうと、猫は生きている状態の確立が50%で、死んでいる状態の確立が50%の状態、つまり、<生と死の状態を、併せ持った状態で存在している>ということになる。

56-867

「図解雑学・量子論」ナツメ社:イラスト㈱エム・エー・ディー東京

 

箱を開ける前「猫は生きているか死んでいるかの、どちらかの状態で確定しているが、箱を開けて確認するまでは分からない」とは考えずに、<生と死が半分ずつ重なり合っていて、蓋を開けた瞬間にどちらかに確定する>と考えるのだ。

50-330

「図解雑学・量子論」ナツメ社:イラスト㈱エム・エー・ディー東京

記事分類
地球ネコ
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
リンク
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
BlogPeople
投票ボタン ☟
*
ブログ村投票
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中