FC2ブログ

「生と死」の理解

制作:イギリス・Wall to Wall「子どもの心はこう育つ」LaLaTvより

生きているものとそうでないものの区別

1歳半のハンナにはまだその区別がつかない。しかし、おぼろげながらも次のようなことは理解している。

15-180

おもちゃの鳥を飛び跳ねるように動かしている➯ 鳥が不規則で自由に動くのを理解している。それに対しおもちゃの飛行機は直線的に動かしている➯ 飛行機が規則的で直線的に動くのを理解している。飛行機と鳥は形は似ているが動きが違うアンナはすでに生物と機械の基本的な違いを見分けている

 

3歳ぐらいになると「生きている生きていない」という言葉の意味は理解できるようになる。金魚・鉢植え・アイボ・幼虫・カメラ・ネズミ・人形を生きているものは右、そうでないものは左に並べるゲームをする。

26-353

初めにイワンが幼虫を選んだ。理由は「動く」から。次に選んだのはアイボだった。やはり「動く」からだが、まだ彼らにははっきりした基準がないようだ。結局、全部右に仕分けてしまった。このなかに、生きていないものはないの?と尋ねると「ない!」と答えた。

 

46-549

4歳のガブリエルは、初めにネズミを選び、次に人形は人間➯人間は生きているという連想で人形を生きている側に分類した。5歳のレオンは、鉢植えは動かないという理由から、鉢植えを生きていないものとして捉えていた。

 

生命のサイクルを理解するには、過去・現在・未来という時間の流れを把握する必要がある。3歳のアリスにはまだ過去を記憶する能力と、未来を予測する能力が完全ではない。アリスの頭の中にあるのは今だけ。アリスにとって「10分後」という言葉に何の意味もない。アリスにとって「まだ起きていないこと」は「全て後」つまり、今やるべきことではない。「遅れる」という言葉自体が頭にないのだ。

59-202

アリスは時計やカレンダーからではなく、毎日同じ時間に保育園へ行き、それから遊んでお昼、それから食事をしてお昼寝という、繰り返しの体験によって時間を理解するようになる

 

子どもにとって「時間」の理解が難しいのは、抽象的な概念であるばかりでなく、分や秒などの細かい決まりがあるからである。

14-705

大きさの違う二つのチョコレートを並べ<どちらか一方しか選べないが、小さい方はすぐに食べられる。しかし、大きい方は10分待たなければならない>というと、4歳までの子どもは小さい方を選ぶ。一般に4歳ぐらいまでは時間の概念が未発達で、10分と10年の違いを感じることができない。4歳児には<今>しかないので、すぐに食べるという選択以外は考えられない。5歳ぐらいになると大きい方を選ぶようになるが、これは10分後に大きいチョコを食べている自分を予想することができるから。10分がどれくらいの長さなのかということは、時計が読めるようになる6~7歳にならなければ分からないが、経験から大して長い時間ではないということを知っているのだ。

 

54-930

楽しい時間はあっという間に過ぎるが、待っている時間は永遠にも感じられる。時間を把握できるようになると、子どもたちは待つということが苦ではなくなる。そして、始まりがあれば終わりがあるということを理解するようになる。

記事分類
地球ネコ
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
リンク
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
BlogPeople
投票ボタン ☟
*
ブログ村投票
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中