FC2ブログ

無邪気だが単純ではないこと

制作:イギリス・Wall to Wall「子どもの心はこう育つ」LaLaTvより

 

ボタンをどちらかの手に隠し、当てっこするゲームをする。3歳のロレンゾは、まだ相手の考えを推し量ることができない。「自分が知っていること(ボタンがどちらにあるか)は、相手も知っている」と誤解しているので、ゲームが成立しない。

42-548

同じく3歳のアリスも、ゲームのやり方は分かっているが、騙す騙されるという仕組みが、理解できていない。なので、隠していないほうの手が開いてしまっている。➯ 嘘がつけない。

4歳のエミーは、どちらの手にあるか相手は知らないということを理解しているので、ゲームが成立する。➯ 嘘がつける。

20-882

 

上手に嘘をつくためには、言葉だけでなく演技も必要。

14-792

5歳のアレックスの考えていることは、態度に現れてしまう。

 

さらに、嘘をつく能力は、いつどこで使うかが一層重要。5歳のエミリーは、納得できないことを許せないお年頃。日ごろから「嘘をついてはいけない」としつけられているエミリーの判断に、グレーの領域はない。まだ「ときには嘘も必要」ということが理解できない。

01-291

おばあさんからのプレゼントが「ピーターからのと同じだ」と鋭く指摘。お母さんが、いろいろとりなしても「後で調べる」「お母さんは嫌いだと言った」などと状況をこじらせるようなことばかり言う。

 

ダニエルは8歳、妹のアマンダは6歳。母親の新しい服を評価する。推測力、パフォーマンス、状況を見極める力が試される。

33-345

ダニエルもアマンダも、新しい服をほめるので、母親は上機嫌。しかし、母親が出かけた後「あまりいい趣味ではない」と思ったことをお互いに告白。

09-989

にもかかわらず二人は「本当のことは言わないほうがいい。気を悪くするから」という気遣いを示す。嘘は人を騙し傷つける面だけではなく、人を励まし元気づける面もあるということを、ダニエルとアマンダはよく分かっている。

 

他人を欺かず、他人からも欺かれないこと。無邪気ではあるが、単純ではないこと。➡ エーリッヒ・フロム

記事分類
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
消費されないゲーム
リンク
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
BlogPeople
投票ボタン ☟
*
ブログ村投票
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中