FC2ブログ

カオティックグッドの侍:椿三十郎(1)

俺はその二人の顔も知らない。だが知らねえからこそ、かえって見かけに騙されることもない。おい、城代はつまらねえ顔してんだろ?そうらしいな。しかしな、話から察すると城代はなかなかのタマだぜ。てめえが馬鹿だと思われてるのを、気にしねえだけでも大物だ。ところでその大目付の菊井だが、やっぱり話せる。やっぱり本物だ。なんてところから、見かけには、まず申し分ねえ!? 図星しらしいな。しかし、人は見かけによらねえよ。あぶねえ、あぶねえだぜ。

 

 

カオティックグッド ➯Chaotic Good・混沌にして善:Rebel(反乱分子)ダンジョン&ドラゴンズ第三版ルールより

カオティックグッドのキャラクターは自らの良心の命ずるがままに行動し、他人の期待や反応などはほとんど気にかけない。彼らは善や正義を重視しつつも、法や規則などには背を向ける。自身の基準で善悪の判断をするため、社会の規範などにはそぐわない言動も多い。暴君の収税官を待ち伏せし、得た金を密かに民衆に返すレンジャーなどはこのアライメントに属する。カオティックグッドとは自由な精神と善なる心との組み合わせを意味する。

 

社殿の九人と一人

人里離れた神社に集まった九人の若侍。彼らは汚職をはたらいた次席家老と御用人を粛正する決意書を城代家老・陸田に届けるべく、城代の甥で若侍のリーダー格・井坂に託したが、城代はその場で決意書を破り袂にしまってしまったという。

 

粛清の話を蹴られてしまった井坂は、大目付・菊井に話をもってゆくが、菊井は城代とのやりとりを聞くうちに表情が変わり、あなたたちと共に立ち上がりましょうと答えたのだ。偶然、社殿の奥で寝ていた三十郎は一部始終を聴き、彼らが信頼した菊井の企みを見抜く。

 

大目付の役目は何だ。ゴタゴタを収めるのが役目じゃねえのか。それをお前らを焚き付けやがって。変だとは思わねえのか

 

三十郎は菊井に相談のため指示された場所がこの社殿だと聞くと、ここはもう菊井の手勢に囲まれていると警戒する。井坂らが様子をうかがうと案の定、社殿は菊井の懐刀・室井が率いる手勢に十重二十重に囲まれていた。三十郎は若侍を床下に隠すと、寝込みを襲われた機嫌の悪い素浪人を装い、先頭の数人を鞘に収めたままの刀で倒してしまう。その様子を見た室井は、もし士官したければ俺のところへ来いと言い残しその場を去る。

 

九人の若侍と三十郎は、すでに捕らわれてしまった城代を救出すべく陸田の屋敷へ向かう。

 

救出作戦

城代の屋敷で、奥方と娘を救出することには成功したが、肝心の陸田の居所が分からない。城代を監禁したことで気が緩み、酒を飲んで騒ぐ見張りを捕え、城代の居場所を聞き出そうとするが失敗。三十郎は顔を知られた以上、殺すしかないというが、奥方に止められる。

 

あなたは何か、ギラギラしすぎてますね。そう、抜き身みたいに。あなたは鞘のない刀みたいな人、よおく斬れます。でもほんとにいい刀は鞘に入ってるものですよ

 

陸田の救出を一旦諦め、井坂の屋敷へ隠れる一行。

記事分類
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
消費されないゲーム
リンク
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
BlogPeople
投票ボタン ☟
*
ブログ村投票
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中