FC2ブログ

衝動的な現実逃避者

ドン・リチャード・リソ「性格のタイプ」春秋社より

タイプ7は自分の経験について熟考することがないため、自分がなぜ不幸で不満足なのか理解することができない。しかし、不幸なことだけは分かっているので、自分の要求を拒絶したと思われるもの、すべてを攻撃し始める。

 

 

不健全なタイプ7は、波頭に立つサーファーのように、すべての現実から逃避しようと行動し続ける。抑制されない過剰な行動は見境なく、自分を幸福にしてくれる、あるいは緊張や不安を和らげてくれると思われるものならば、何をしても構わないと考える

 

彼らは性的なはめを外した行為と、酒と麻薬のどんちゃん騒ぎに、身を持ち崩すまで打ち込むみ、放埓になり、自分自身を中心に置くことや、物事に真に接することができなくなるし、したくもなくなる

 

タイプ7はそれがなんであれ、喜びを与えてくれたり、不安を和らげてくれるものに頼るようになるため、薬物の依存症になる可能性が大変大きい。この時点に至るまでに、タイプ7はあらゆる興奮剤と鎮静剤をほとんど乱用していて、一歩進むごとに、更に不幸になっていく。

 

ほんの少しでも失望させられれば、彼らは極端に腹を立て、無礼で粗野で無分別な振る舞いが常態化する。彼らは甘やかされた子供のようであり、他の人たちが自分の欲しいものをくれなければ、乱暴で攻撃的になり、人を傷つけることになっても、心に浮かぶことを衝動的に口にする。気に入らないことがあれば、腹を立て、金切り声を上げ、怒りをぶちまけるために大騒ぎをする。

 

なぜなら、不安、攻撃など、心をかき乱すすべての感情を解放するための唯一の方法は、感情に従って、それらを直ちに吐き出してしまうことだけだからである。不健全なタイプ7は、感情を行動に直ぐに結び付け、衝動性を強化し、自ら状態を悪化させる

 

衝動性は彼らの幼児性と、感情の未成熟を露呈し、その結果、周囲の人は彼らから離れざるを得ず、そのことが不健全なタイプ7を、ますます失望させ、激怒させる。

 

記事分類
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
リンク
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
BlogPeople
投票ボタン ☟
*
ブログ村投票
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中