FC2ブログ

タイプ3とナルシシズム

hanashi_man

ナルシシストは、強烈な野心誇大妄想と、劣等感と、他人からの賞賛や喝采への過剰な依存を示す。自分自身についての慢性的な不確実感と不満、他者に対する意識的または無意識の搾取性及び無慈悲さがその特徴である。➡ オットー・カーンバーグ

kigyou

 

私の意見では、ナルシシズム障害の根本的な原因は感情の否定であるということがはっきりしている。そこで私はナルシシストを、感情によって行動が動機づけられることのない人間と定義しよう

omen

だが、それでもなお次のような問題が残っている。それは、感情を否定することを選ぶ人がなぜいるのか?という問題。そしてもう一つの問題はナルシシズムの障害が今日の社会に、これほどまで広まっているのは何故なのか?という問題である。➡ A・ローウェン

 

もう一つの側面は、冥界の女王ペルセポネーに代表される、野心的な側面である。彼女は人間を駆り立てて鼓舞する反面、死や狂気に追い立てるという性質をもっている。母親の野心的ファンタジーは彼の中に、うぬぼれた破壊的野心を生じさせる場合もある。➡ A・グッゲンビュール・クレイグ

 

ドン・リチャード・リソ「性格のタイプ」春秋社より

タイプ3は、幼児期の母親との関係のために、現在の姿をあらわしている。彼らは自分の母親もしくは母親に代わる人物と肯定的に結び付いていた。タイプ3は、母親から受けた無制限で惜しみない注目を、それ以後の人生においても(無意識のうちに)期待するようになる

 

彼らは、世の中が母親と同じように、無条件に自分を賞賛することを期待する。自分が重要な存在であると感じさせてくれた、母親の賛辞の眼差しは、彼らが他人の目の中に常に探し求めているものである

 

賞賛が彼らに「生きていることの価値」を感じさせるので、賞賛されないと、自己愛がひどく脅かされ、空虚さと敵意を感じる。しかし、不幸なことに、他人と関係を結ぶことによって、現実の中で成長するようには励まされなかった

 

タイプ3は自尊心の確認が労せず得られたので、自分自身に限界があることを学べなかった。彼らは超自我(良心)を発達させなかった。その代わり、イド⇒「自分自身に投資できる心的エネルギー」とペルソナ⇒「その結果生じた心象(仮面)」を過剰に発達させた。

 

彼らは、自分を無限の可能性を持つ人間と錯覚し、たやすく誇大妄想的な期待を抱く。彼らはその途方もない信念ゆえに、実際に成功することもあるが、期待を際限なく膨らむままにさせておくために、現実から相応の報いを受けて、不幸な結果を招く

 

偏った心の発達は、不都合を伴う出来事であるが、反面、健全から通常までのタイプ3は、他のタイプの追従を許さないほどのエネルギーを目標達成のために傾注することができる。その一方で、不健全なタイプ3は自分の内部に、自分を抑制するシステムを持たないので、容赦なく他人から搾取することができる。彼らは、人々を実体として見ておらず、自愛的な目的のためにしかその存在を認めないため、恥知らずに人々を利用する。

 

皮肉なことに、タイプ3は誰よりも優れているように見えて、実際には極めて限定された人生を生きている。他人の賞賛とは無関係に自分を成長させないかぎり、自分自身を知ることは出来ないし、ましてや人に対して愛情を持つことは出来ない。見かけとは裏腹に、優秀どころか彼らは虚ろである。際限なく賞賛を求める結果、自分に関する偶像をつくり出し、崇拝し、他人にも同じようにすることを求める。他人がその要求に答えなければ、彼らは敵意をもって攻撃する

記事分類
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
リンク
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
BlogPeople
投票ボタン ☟
*
ブログ村投票
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中