FC2ブログ

9つの顔を持つタイプ

個人に固有の素質に関してであるが、これについて私が言えるのは、明らかに一方には「どのタイプにも適応できる」大きな融通性もしくは能力を持っている人々がおり、他方には一つのタイプに適応し、もうひとつのタイプには適応しないでいる方がうまくいく人々もいる、ということだけである。⇨ ユング「タイプ論」みすず書房より

 

kamen

 

ドン・リチャード・リソ「性格のタイプ」春秋社より

タイプ3の性格は「極めて落ち着かず変化しやすい」が、ユングのタイプの一つに相応しない。タイプ3は、性格のタイプの中で「最も適応性のあるタイプ」なので、それ自身の分類区分を持つことなく、ユングのいくつかの対応の中で取り扱われている。

 

タイプ3は、感情の三つ組における根源的タイプであり、自らの感情面の生活と酷く深刻なほどに接触を失っている。彼らは、外見と実体、他人に投影している心像と、現実の姿の間に深い亀裂があるが、やがてその心像が彼らの実体に取って代わるようになる。

 

タイプ3が、他人に対して、あるいは時と場合によって見せる、さまざまなペルソナが彼らの実像である。タイプ3にとっての困難な問題は、自立的に行動すること、真の感情を獲得し、現実的な限界を受け入れて、人間として成長することである

 

感情の三つ組に属するタイプ(タイプ2=外向的感情型、タイプ3、タイプ4=内向的直観型)は、敵意をめぐる問題を抱えており、これらの敵意は自分より成功している人に対する、執念深い悪意となって姿を表す。タイプ2と4は、敵意を間接的に表すが、タイプ3は、困らせたり、妨害したり、裏切ったりすることまで、さまざまなやり方で、あからさまに表す。

 

他人は不健全なタイプ3が示す悪意を感じ取り、言いなりになるか、出来るかぎり遠ざかろうとする。不健全なタイプ3の恐ろしいところは、他人の上に立つ優越感が損なわれると、病的になるということである。他人はこれに気づいて戦慄するが、不健全なタイプ3は、自分が得ようとする無制限の賞賛を得られないと、手に負えない存在になる。

 

心象志向のタイプ3は、フロムが「市場販売志向」として説明した性格のタイプに(一部分)対応し、病的なタイプ3は、DSM-Ⅲ(精神障害の診断と統計マニュアル)の自己愛性人格障害に相当する。

 

記事分類
地球ネコ
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
リンク
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
BlogPeople
投票ボタン ☟
*
ブログ村投票
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中