FC2ブログ

競争心の強い地位狙い

☟ジョージ・スタッブス「ウマを襲うライオン

gahag-0111666531

 

ドン・リチャード・リソ「性格のタイプ」春秋社より

健全なタイプ3と通常のタイプ3の違いは、通常のタイプ3は競争を通じて他人に対する優位を確立したがることである。他人の上に立つことが自尊心を強め、自分が一番望ましく、注目賞賛に値すると感じさせる。通常のタイプ3は、何もないところに競争をつくり出す。

 

あらゆるもの、<容貌、業績、給料、経歴、配偶者>などが競争のネタになる。彼らは常に自分と他人を比較するので、不幸なことに、すべての人間関係は、競争をつくり出すことでつくられる。

 

彼らの行動はすべて、競争に勝つことだけに向けられる。通常のタイプ3が、何かを所有することに関心を持たないのは、所有を楽しんでいるからではなく、持っていることが他人への優越感を感じさせてくれるからである。

 

このような囚われにより、通常のタイプ3は他人との衝突が始まり、次第にひどくなる。競争相手に肯定的な感情を持つのが難しいので、同輩と親しくなることに問題を覚え始める。極端な競争性のために、他人は成功に対する障害としか見えなくなるのである。

 

彼らは、相手が自分より地位が低いか、公然或いは隠された競争で相手を負かし、自分が勝っていると感じるときだけ、人々の中にあって気楽だと感じる。

 

通常のタイプ3は、他のどのタイプも比肩しえないほどに、効率的な成功を追求する。通常のタイプ3は成功・名声・地位という簡潔な言葉で特徴づけることができる。彼らにとっての成功とは、ナンバーワンになること、すなわち勝者となることである。

 

通常のタイプ3は、トップに立ち、それを守るために懸命に努力する。仕事上の能力を最重視し、名声を得るため、自分が最も有能であることを目指す。成功の究極の規準は、金持ちであることと、有名になることである。名声を得るということは、多くの人の賞賛を得られるという意味で、とりわけ強い魅力を持つ。

 

地位探究者であるタイプ3は、上流階級に仲間入りしようと汲々としている人であり、絶えず人々に接触し、交際を求める。「あなたはどの地位にいますか?あなたに従う価値はありますか?」とでもいうように、その人の威信に応じて値踏みする。

 

彼らは概して、新しい社会的価値をつくり出すことにより、地位の象徴の立案者になる。新しい価値を設定し、それに地位を与えてから、それを他者との競争の基盤に置く。それに加え、望ましくない人物を排除することで身内と部外者を分ける裁量権を自らに与える。

 

このように地位争いは、成功を偶像視する人々によって演じられる、先手必勝の勝負である。自称地位の裁定者であるタイプ3は、勝負を演ずる人がみな負けて、しかもなお参加を求めて戻ってこられることを保証する必要がある。

記事分類
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
リンク
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
BlogPeople
投票ボタン ☟
*
ブログ村投票
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中