FC2ブログ

完璧な「偽りの仮面」

ドン・リチャード・リソ「性格のタイプ」春秋社より


人々がタイプ3の心像に引き付けられる理由は、彼らの外面上の完璧さ である。練習された見せかけではあるが、他人に対し非常にいい印象を与える「冷静で落ち着いた、いい奴」という特徴である。彼らは、極めて洗練されて人当たりがよく、自分の役割を完ぺきにこなす

 

しかし、彼らをよく観察すれば、洗練された外見の下には、本物の感情も、確固たる意見も、個性も情熱もないということが分かるだろう。彼らは何もかも完璧だが、様々な心像を足し合わせても、一個の人格にはならない

 

欠けているのは、個人としての約束と義務の観念である。通常のタイプ3は自分の自己と自分の感情との繋がりが断たれている。彼らは、期待通りに正確に動き、その結果として常に需要のある、完璧に設計された機械のようなものである

 

当然のようにこの生き方には無理がある。通常のタイプ3は、自分の内面の空虚さと、計算高さを見抜かれることを恐れ、真の親密さを避ける。しかし、その少なからぬ魅力と順応性を発揮して、親密さの印象をつくり出し、自分自身をその実際以上に見せる方法は知っている。そのため彼らは、信憑性に対し神経質になり、自分がつくるイメージを人々が信じているかを、必要以上に気にするようになる。

 

他方、これには利点もある。無情であることは、タイプ3に仕事を極めて効率的にこなし、目標達成のためのエネルギーを集中できるようにさせる。彼らは感情に動かされないので、物や人に縛られるということがない。彼らの功利主義が信条とか感情に制約されることなく、状況に適応させてくれるので、実際的な問題解決が得意である。

 

シドニー・ポラック監督「コンドル」1975年 より、暗殺者との会話

理由には興味がない。いつ?どこ?いくら?だけだ。ハッキリ言って、私の仕事は悪くないよ。雇い主には困らない、楽だし、平和な生活だよ。どっち側も信じなくていい、主義もない。あるのは自分だけ、それと仕事の正確さだ

[広告] VPS

 

個人的な信念や忠誠心から解放されているため、一つの争点のどちらの側にも着くことが可能であり、信じがたいほど、やすやすと反対の側に鞍替えすることができる。

 

彼らは本質的に、成功への処方となる技術を探求するエンジニアである。大統領選挙であれ、歯磨き粉を売ることであれ、自分自身を売り込むことであれ、職業用語の達人であり、目標達成のために、象徴を自由自在に操る名人である。その魅力と完璧な振る舞いに関わらず、彼らには爬虫類のような印象があり、冷酷無情さは強い脅威となる。

 

0116794710

 

通常のタイプ3であっても、自分を導く道徳的な体系を持っていないので、唯一の指針は「何が有効に作用するか」という功利主義である。彼らは、問題を技術的に処理することには向いているが、個人的な将来像はまったくもたず、真の価値観はほとんどなく、他人に対する共感を欠いているので、優れた指導者にはなれない。しかし、不幸なことに、名声が関わってくるので、指導者の地位には強く引かれる。その結果【やる必要はないが、人々が求めていることを、命ずることで指導する】といった体の、偽りの指導者になる。

記事分類
地球ネコ
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
リンク
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
BlogPeople
投票ボタン ☟
*
ブログ村投票
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中