FC2ブログ

権力を愛する人

14-04-26-858

 

ドン・リチャード・リソ「性格のタイプ」春秋社より

タイプ8の概要

正しく認識されていないのは、権力の目的がどの範囲まで権力そのものの行使であるか、ということである。あらゆる社会において、権力行使は深く享受されている。讃美する群衆、喝采を受けた演説、晩餐会や宴会の席次、会社所有のジェット機の使用権、軍隊敬礼が、権力の所有をほめたたえる。

 

人間存在の他のどんな局面においても、虚栄心がこれほど危険な状態にあることはない。ウィリアム・ハズリットの言葉を借りれば、「権力を愛することは自分自身を愛することである」。したがって、権力は、それが個人的な利益、価値、社会的な認知に貢献するためだけに追求されるのではなく、その所有と行使に備わっている感情的、物質的報酬のために、権力そのものとして追及される。⇨ ガルブレイス「権力の構造」

 

リ-ダーシップ、権威、意志、勇気、自力本願、破壊性などの考察なしに、権力を説明することは難しい。何が人に権威を与え、有能な指導者とするのか?私たちの同意する権力行為は健全で同意できない人のする権力行為は不健全というのは、適切なことだろうか

 

タイプ8は、権力の複雑さを実証する性格のタイプである。性格のタイプ8の中に、私たちは勇気、意志、自力本願、リーダーシップ、権威、自己主張、そして権力の暗黒面ー権力が創造したものを破壊する能力を目にする。

 

ジョーゼフ・キャンベル+ビル・モイヤーズ「神話の力」早川書房より

モイヤーズ:指導者とは必然を見極めたあと、その矢面に立つ者のことだと言われます。ナポレオンは指導者だったが、人類のために壮大なことを成し遂げるのが英雄だというなら、彼は英雄ではなかった

 

キャンベル:だったら、彼はフランスの英雄じゃないでしょうか。これは今日の問題なんです。今日、地球全体が関心の場となっているというときに、我々が必要としてるのは、ある特定の国や国民の英雄だろうか?ナポレオンは19世紀におけるヒットラー的な人物です。

 

モイヤーズ:とすると、一地方の神でありながら、より大きな宇宙レベルでのテストには不合格、ということがありうるのですね。

 

キャンベル:そうです。あるいは、一地方の神であっても、その神に征服された人々からすれば敵だ、ということがある。だれかを神と呼ぶか怪物と呼ぶかは、もっぱら意識の焦点がどこにあるかによって決まるのです

記事分類
地球ネコ
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
リンク
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
BlogPeople
投票ボタン ☟
*
ブログ村投票
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中