FC2ブログ

ダニング=クルーガー効果

父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。⇨ イエス・キリスト

 

 

想像力がなければ、怖いものはない。⇨ コナン・ドイル

 

愚者のもっとも確かな証拠は、自説を固守して興奮することである。⇨ ミシェル・ド・モンテーニュ

 

いちばん性の悪い迷信は、自分の迷信をましなほうだと思うことである。⇨ ゴットホルト・エフライム・レッシング

 

真の自尊心は、自惚れを傷つける。⇨ ベンジャミン・フランクリン

 

値打ちが無ければ無い人物ほど、自惚れが強く、かつ横柄であり、いよいよ尊大ぶり、ますます気取る。だが、大半の人間が痴愚心の奴隷であり、どうしても一番悪いものが、一番多くの人々のお気に入りになってしまう 。⇨ デジデリウス・エラスムス

 

あらゆる人間は、自分以外の人間はすべて死ぬ、と思っている

⇨ エドワード・ヤング

 

希望は賢者を活気づけ、自惚れの強い人や、呑気者を釣り込む。自惚れの強い人や呑気者は、希望の与える約束を軽々しく信頼しきってしまう 。⇨ リュック・ド・クラピエ・ド・ヴォーヴナルグ

 

自ら老人たることを、知るものは少ない 。⇨ ラ・ロシュフコー

 

男性における知的な風貌は、最も自惚れの強い連中の、熱望する美の形成である 。⇨ ジャン・ド・ラ・ブリュイエール

 

自惚れているものは、罪のない人間である。彼は自尊心を高ぶらせているから、他人は彼を全然尊敬しなくてもすむ 。⇨ ヘンリー・ウォード・ビーチャー

 

人は、喜んで自己の望むものを信じるものだ 。⇨ ガイウス・ユリウス・カエサル

 

自惚れは苦しみの源泉である。自惚れが消えた時から、人生の幸福な時期が始まる。美しさが衰えかけたとはいえ、まだ相当きれいな婦人でも、己の自惚れによって不幸になるし、滑稽にもなる。⇨ シャンフォール

ウェブ石碑 より

記事分類
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
リンク
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
BlogPeople
投票ボタン ☟
*
ブログ村投票
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中