FC2ブログ

西洋文明の残骸



フリチョフ・カプラ「新ターニングポイント」工学社 より

新しい自然観の予言

19世紀に展開された電気ならびに磁気に関する現象の発見と研究は新しい自然観を予告するものだった。マイケル・ファラディとクラーク・マクスウェルは力という概念を、それよりずっと繊細な力の場という概念で置き換えてニュートン物理学をはじめて超えるとともに、場にはそれ自身のリアリティがあって、それは物質的なものを引き合いに出さずに研究できることを明らかにした。この理論は電気力学と呼ばれ、そこから、光は実は急速に振動する電磁場で、波の形をとって空間を移動しているものであるとの認識が生まれた。

 

19世紀、物理学者は蒸気機関などの熱機関の研究を通して「複雑さの科学」--熱力学ーーの系統的記述を完成させていった。

◎熱力学の第一法則=エネルギー保存の法則。ある過程に関係したエネルギーの総量は常に保存される、というものである。エネルギーはきわめて複雑にその姿を変えるが、決して失われることはない、というわけである。

 

◎熱力学の第二法則=エネルギーの散逸に関する法則。第二法則によれば、自然現象にはある種の向き時間の矢)がある。たとえば力学的エネルギーは散逸して熱になるが、それを完全に元に戻すことは出来ない。熱湯と水を混ぜ合わせればぬるま湯になり、両者は決して分離しない。同様に、白い砂と黒い砂を混ぜれば灰色の砂になり、よく振って混ぜ合わせれば、それだけ灰色が一様になる。しかしこの二種類の砂が自然に分離するような事態は、決して起こらない

 

孤立した物理的な系はいかなるものも、無秩序を増大させる方向へ自発的に進行する。この物理的な系の進化の方向を表現するため、ルドルフ・クラウジウスはエントロピーという新しい量を導入した。第二法則によれば、孤立した系では、エントロピー(すなわち無秩序)は増加し続け、最終的には系が「熱力学的死」として知られる最大エントロピーの状態に達する。この状態に入ると、すべての活動は止み、物質は均一に分布し、同一温度になる。

 

19世紀の終わりに、宇宙を小さなビリヤード・ボールが動き回る機械論的システムと見るニュートン力学は、既にほころびを生じ始めていた。20世紀最初の30年、相対性理論と量子論という物理学におけるふたつの発展が、デカルト的世界観とニュートン力学の主要な概念を、ことごとく粉砕した絶対的な空間と時間硬い基本的な粒子根源的な自然現象自然の客観的模写ーーこうした概念はどれも、物理学がまさに入ろうとしていた新しい領域へ拡張することはできなかった

 

なぜなら、古典力学に従えば、宇宙はそのような最大エントロピーの状態へ向かいつつあると定義され、やがて活力を失い、ゆっくり停止するということになるからである。


記事分類
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
リンク
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
BlogPeople
投票ボタン ☟
*
ブログ村投票
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中