FC2ブログ

誠実と協調性の遺伝子

知るぽると(日本銀行情報サービス局内)脳科学者・中野信子「脳のことをちょっと意識すると毎日が変わってきます」より

日本人の性格はかなり特徴的で、際立っているのは誠実性と協調性です。つまり、そういう人たちが、子孫を残しやすかったということ。開放性・外向性の高い人たちは、長い歴史の中で、然るべき理由によって数が減ったと考えられます。

 

日本が島国であること、地震などの災害が多いこと、そして稲作文化の国であるという環境が大きく影響しているのではないかと中野さんは言います。自分1人が生き延びることよりも、配偶者を得て安定的に遺伝子を伝えていくには、誠実性・協調性の優れた人のほうが有利であったのではないかと。

 

1人勝ち上がることを運がいいと思うのか、自分の子孫を残していくことを運がいいと思うのか。人々の幸福度についての国別ランキングを見ると、日本はいつも低く出ますね。これは、欧米の尺度で幸福度を測っているからなのです。それは自分の成功、アチーブメントです。日本はどうかというと、あまりここには重きを置かず、自分が誰かにどれだけ必要とされているか、愛されているか、認められているか、そういうところを幸福度の重要な柱として捉えます

 

こうした性格の違いは、脳の違い、遺伝的バックグラウンドにも原因があると言います。例えば脳内のドーパミンという物質を代謝する酵素の違いにより、ドーパミンが長く脳内に残るか、早く代謝されてしまうかの差が出ます。後者が多い日本人には、あまり自分で意思決定せず人に合わせるタイプが多く、その割合はなんと73%だそうです

 

■ドン・リチャード・リソ「性格のタイプ」春秋社 より

11-57-09-749

 

タイプ6は、ひとたび個人や集団に身を委ねると、自分で責任を引き受けることを恐れ始める。彼らは、集団の基準に忠実に従うことで安全を感じたいと思い、行動する前には他の人の承認、特に権威の象徴の承認を得たいと思う。タイプ6は自立していないし、そうしたいとも思わない。彼らは、その権威の象徴(人物であることが多い)が人間であれ、一連の基準や信仰であれ、権威によって設定される境界線を欲しがる

 

彼らが身を委ねるべき「人々に対する健全な忠誠」は、依存へと堕落してしまっている。通常のタイプ6は、何をすべきか命令されると気分が楽だと感じ、他のどの性格のタイプよりも、人生のあらゆる重要な物事に対し彼らに指針を与えてくれ、すべてを包み込む権威に従順であることで、安全を感じようとする

 

彼らは権威に疑問をもつことはない。なぜなら、人は誰でも個人の責任を果たすべきであるという重圧を、感じなくてすむからであり、通常のタイプ6にとって、これはむしろ喜ばしいことなのである

記事分類
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
消費されないゲーム
リンク
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
BlogPeople
投票ボタン ☟
*
ブログ村投票
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中