FC2ブログ

無視された人々

オーウェン・ジョーンズ「チャヴ・弱者を敵視する社会」海と月社

より ⇩

労働者階級が「チャヴ」というクズだけを残して衰退したという考え方は、政治家にとって都合のいい作り話だ。しかし、労働者階級が過去30年間で一変したことは否定できない。かつてのそれは、職場周辺のコミュニティで繁栄することが多かった。構成員はほとんど男性で、父親や祖父の代から生涯一貫してひとつの仕事を続け、そうした仕事の多くはみなから尊敬され、給料もよかった。労働者はたいてい組合に所属し職場で実際に影響力を持っていた。

 

現在の労働者階級は、ひとつだけ、かつての労働者階級と似ている。それは、他者のために働く人々であり、自分の仕事を左右できないという点だ。仕事は総じて昔より清潔で、あまり体力を要さないが、重いものを持ち上げないぶん、タイピングが速いことが重視される。

 

彼らは事務所や店、コールセンターで、おおむね昔より低賃金で不安定な仕事をしている。金融危機の前ですら賃金は上がらず、むしろ多くの場合下がった。多数の労働者が職を転々とし、その回数は増す一方なので、コミュニティへの帰属意識、一体感、仕事に対する誇りはなくなった。雇用条件はたいてい悪く、とりわけ臨時雇いになると、実質的に権利は全くない

 

労働者全体が組合に属しておらず、交渉力は過去に例がないほど弱くなっている

 

1950年代には、ポケットに組合員証を入れ、青い制服を着た男性の工場労働者が、まさに労働者階級の象徴だった

 

これに対して、現代を象徴する労働者階級、低賃金のパートタイムで働く女性の在庫補充係は、テレビ画面や政治家の演説からも、新聞の投書欄からも、ほとんど姿を消してしまった。保守党党首デイビット・キャメロンは、2010年の総選挙期間中に「無視された多くの人々」について語った。このレッテル以上に、イギリスの労働者階級を的確に表しているものがあるだろうか。

 

現代のイギリスには階級は存在しないとふるまうことには、油断のならない側面がある。いまわが国では、「メリトクラシー」や「才能と実行力があればだれでも成功できる」という考えに、どこかの政治家や評論家が敬意を捧げない日はまずない。悲しむべき皮肉だが、社会制度が中流階級にいっそう有利なように作られたことで、階級のない社会という幻想がすっかり定着してしまったのだ。

 

しかし現実には、イギリスはこれまで以上に階級化されている

記事分類
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
消費されないゲーム
リンク
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
BlogPeople
投票ボタン ☟
*
ブログ村投票
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中