FC2ブログ

嗜癖する社会から生存する社会へ

正しいのはいつも自分、だから警察官になった。自分の力で、何でも解決できると思ってる。⇨エレイン「刑事ジョン・ブック 目撃者」




アン・ウィルソン・シェフ「嗜癖する社会」誠信書房より

白人男性システム(嗜癖システム)とは何か

その1➡ 唯一のシステムである。
白人男性システム自体が「現実」であると定義されるため、それ以外のシステムにすむ者は「現実を理解していない」か「物事の道理を理解していない」と見なされる。そのため、黒人のシステム、チカーノのシステム、アジア系アメリカ人、ネイティブ・アメリカン、そして女性システム等の、他のシステムの思考や見解は一切理解されない見当違いで、非論理的として放棄される

 

その2➡ 議論の余地なくすぐれている。そして、このシステムに従わないものは議論の余地なく劣っている

 

その3➡ 全てを知り、理解している。この神話は、知識とは何か、学ぶ価値があるものは何かを決定する。白人男性システムの方法論とテクノロジーによって理解することができないものは、この世に存在しない

 

このシステムの弊害は、広大な領域の知識を締め出して、物の見方を狭めてしまう事である。これを信じる人は、脳と感覚のごく一部しか使わず、右脳あるいは、直観的で非線形的な思考は価値が無いと見なされる

 

白人男性システムは私たちを包み込んでいますが『家庭』のようなものではありません。このシステムの中で生きていくために、私たちは言語や価値や思考、そして世界観を、このシステムに適応させなければなりません。自らの現実を否定し、ほんの少し受け入れてもらうだけのために自分の固有のパワーの全てを引き渡さなければなりません。 ➡ アン・ウィルソン・シェフ

 

リビング・プロセス・システムへのシフト

新しいシステムは、自分自身の視点を信頼し始めた人々(自覚的・主体的に生きる人)のシステム。このシステムは多様で柔軟性に富みオープンなシステムの輪の中でとらえられるが、今まで存在しなかったような新しいシステムではなく、実際には多くの人々が、よく知ってはいるが今まで言明されることのなかった「家庭」に戻るような感情を表している。

記事分類
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
消費されないゲーム
リンク
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
BlogPeople
投票ボタン ☟
*
ブログ村投票
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中