FC2ブログ

資本主義の神

司馬遼太郎「太郎の国の物語」自助論の世界(一部)


 

「生物学者はこんなことを考えている」よりhttp://feynmanino.watson.jp/7771_Lutheranism.html

ルター派とカルヴァン派は、ともにプロテスタントの一派です。どちらかと言うと、カルヴァン派のほうが、急進的です。ルター派は主に農民層に広がり、カルヴァン派は商人に広がります。なぜならカルヴァン派はそもそも、貯金や労働を善としていたからです。

 

カルヴァンは、はじめローマ・カトリックの聖職者だったものの、ルターの著書に影響を受け、1534年にカトリックの聖職を捨て、その結果カトリックに追われたため、スイスに逃れ、そこで宗教改革を押し進め、1536年に、プロテスタント初の体系的神学書「キリスト教網要」を著しています。

 

人がまじめに働くならば金をもうけても良く、また金を貸して利子を取るのも良い」、と説くのが、彼の教えで、それは、金もうけを「卑しい」と考えたローマ・カトリックとは、異なる考えでした。カルヴァンの職業観や金銭観は、その後の資本主義の成立期の、市民の倫理となりました

 

2014年2月5日ダイヤモンド・オンライン:お金儲けは善ですか?悪ですか?「資本主義」の原点、カルヴァンの教えとは?/茂木誠 より

カトリックは、「罪人も、教会に寄進をすれば救われる」と説きます。そしてルターは、「罪人も、悔い改めて神にすがれば救われる」と説きました。

 

それらに対しカルヴァンは、「罪人は、救われない。救われる人間は、はじめから罪を犯さない」と冷たく言い放つのです

 

罪とは、盗みや偽証、殺人ばかりではありません。富におぼれ、欲望に身を任せることも罪です。食欲や性欲、あらゆる欲望を断ち、日々の勤労に励み、質素に暮らす。この禁欲的な職業倫理を守ることで、カルヴァン派の人々は、「今日一日、罪を犯さずに済んだ」と安心できるのです

 

365日禁欲的に働いた結果、何が起こるかというと、財産がたまってしまいます。カトリックでは蓄財自体を罪としましたが、カルヴァンは勤労の結果としての蓄財は容認します。ただその財産で贅沢をするのは罪ですから、財産は消費ではなく、商品を仕入れたり、新たな店への投資に使ったりするのです。

 

こうして、富が富を生み出し、利潤を上げることを目的とする新しい価値観が生まれます。資本主義です。

 

資本主義の現在と中産階級の堕落

貧富の格差の拡大する社会は、病んでいる。少数の富裕者が蓄財に励み、貧困者はほとんど消費できない。「自由貿易」による国際間競争のため、企業はコスト、特に人件費を削減する。賃金の低下により消費が鈍化し、「消費の歯車」が停止して、資本主義は滅びる

⇨ ラビ・バトラ

 

下層中産階級にはその歴史を通じて、特徴的ないくつかの特性があった。すなわち、強者への愛、弱者に対する嫌悪、小心、敵意、金についても感情についてもけちくさいこと、そして本質的には禁欲主義というようなことである。彼らの人生観は狭く、未知の人間を猜疑嫌悪し、知人に対しては詮索好きで嫉妬深く、しかもその嫉妬を道徳的公憤として合理化していた。⇨ エーリッヒ・フロム

記事分類
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
消費されないゲーム
リンク
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
BlogPeople
投票ボタン ☟
*
ブログ村投票
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中