FC2ブログ

音楽が死んだ日

 

TEMPLA てんぷら 2018年5月13日「まともな批評家が登場しないJ-POP界って正直、もう伸びしろがないよな」 より

 

本屋へ行ったら「スゴい日本」とか「外国から見た日本」とかバカのひとつ覚えのように自画自賛している書籍などにうんざりさせられたりしませんか?そんな本ばかりを売り出すから若者は本から離れるんじゃないかと思ったりもする。

 

なぜこうもうんざりさせられるのか?「自分を日本という共同体に置いて日本を褒めることしか自分への慰めにならない」そんな影が本屋へ行くと見えてしまって、最近では本屋へ行くといつもうんざりしてしまう。(中略)

 

そんなダサい「J」と名がつくJpopの場合、近年では「こんなに素晴らしいJpop」という論客が登場し始めている

 

J-popにまともな評論する論壇がないのも問題だ。音楽の批評には内側と外側の批評がある。音楽の外側の批評とはポップスミュージックの歴史のライトと、海外も含めた現在のカルチャー全体のライト、そして世相をふくめた社会全体のライトの3つのライトを照らすことが重要だ。つまりこの音楽が今の社会、文化、歴史においてどの位置にあるかということ

 

そして音楽の内側の批評とは「このコードのここがすごい」とか「コード進行が…」とか「この歌詞の物語が…」とか「このドラムのビートは…」とかが内側の批評になる。まぁ ただの知識のひけらかしだ。そしてJ-pop批評界に多いのが内側の批評家だ。音楽の外側の部分を無視し内側ばかりしか目をいかないから社会性の低い批評が多くなった。そんでJ-popは音楽的自画自賛へ繋がっていくのではないだろうか?(中略)

 

こうしたまともな批評家が登場しない、邦楽ポップス界の社会にとってどの位置にあるかをまともに批評できる評論家が出てこないあたりやはりJ-popというジャンルはもはや終わったジャンル。もう伸びしろのないジャンルなのである。批評の有無はそのジャンルの未来を左右する羅針盤みたいなもの

 

まともな批評家が出てこないと、いくら激アツで盛り上がりが熱盛状態でも、個体個の消費で終わってしまう。ただの消費するだけのカルチャーになってしまったJ-popの末路はまるでかつての「Jホラー」として担ぎ上げられ、当時の社会、文化、歴史のライトを無視した「日本のホラー映画はスゴい」しか評論されずに消費されていった日本ホラー映画界にも似ているのではないだろうか?

影響力の低下

 

原寛太オフィシャルブログ: 2017年9月28日/日本のテレビ番組ってなんでこんなにくだらないの?より

普段僕はテレビを全然観ないのだけど、ウガンダから日本に帰国し、たまたまテレビを点けたら感じたことがある。なんで日本のテレビって、こんなにもくだらない番組が多いのだろう? ワイドショーにせよグルメにせよバラエティにせよ、本当にどうでも良い内容のテレビ番組が異常に多い。何なら「報道番組」(自称)であっても、どこどこの政治家が不倫しただとか、だれだれの芸能人が離婚しただとか、本当にどうでもいい。暇かよ。平和かよ。

 

アフリカのウガンダに滞在していた時、一泊1000円の安宿でも、BBCやアルジャジーラが放送されていた。たしかにウガンダが英語圏だから内容を理解できる人が多いのかもしれないけど、いずれにせよ日本人の国際ニュースに対する理解度、いや関心度は絶望的に低い。それに、日本に入ってくる国際ニュースは、その多くがアメリカ経由で入ってくるため、多少なりともバイアスはかかってしまっている。だから、ただでさえ視野が狭いというのに、その視野に入ってくる内容も、物事の一面しか映し出していないことがある。

 

多分、重苦しく、堅いニュースは視聴率に繋がらないから、テレビ局は興味が無いんだろう。だけど、もっと言ってしまえばその根本的な要因は、僕たち日本人ひとり一人が普段から何に対してアンテナを張っているかにある。そのアンテナのほとんどが表面上の「面白さ」に向いているから、テレビ局はそのアンテナを拾うようにして、番組を作っている。数字に繋がるから。


インターネットの発展を中心に、グローバル化によってこれだけ世界中の出来事が繋がり合っている今日。別に海外に行けとか英語でニュースを読めとかは言わないけど、日本人は「世界」に向いたアンテナが"あまりにも"低い。その恥ずかしさが分かったほうが良いです。ほんまに。

大切なのは「真実」

私は、地獄には行かない。⇨ テレサ・リズボン「メンタリスト」


 

【才能・努力・野心】自分に厳しいマドンナ名言集ーNAVERまとめ ⇩   より

他人の許可がないと楽しめない人って、可哀想。あたしが何かをやるときの基準は、世間の反応なんかじゃないわ。誰かに認めてもらうことが人生の目的じゃない


私はタフで野心も自信もあって、自分のほしいものが何かはっきりとわかっている。それで私をイヤなやつだと思うならそれで結構。自分を嫌う人はいつだっているんだから、それを心配してじっとしてるわけにはいかないわ。そんなことで立ち止まったりできないのよ

 

ある一線を越えると世間からたいへんな怒りを買ってしまう。でも私は前例を作り女性達に表現の自由を与えたんだから光栄よ

 

楽なものは求めてはいない。楽なものは自分を成長させない。楽なものは自分を考えさせてくれない。後ろ向きになればなるほど自分で自分の首を絞める。羊として100年生きるよりも虎として1年生きる方がいい

 

究極のチャレンジは、独自のスタイルと魅力を確立することよ。私はずっと、人気者であると同時に嫌われ者で、成功者であると同時に敗者で、愛されると同時に憎まれてきた。だから、今になってわかるの、どっちにしたって、別にたいしたことじゃないのよ

 

大切なのはどう見えたかじゃなく、「本当はどうか」なのよ。子どもたちにはなるべく自分で考えさせるようにしてるわ。テレビの代わりに本を与えてるの

考える力を奪われると、感情が無くなる。

 

HopiHopi日記ー読書日記に雑記少々。本を読んで、いろいろ考えます。2014年9月15日:書物を焼く人間は、やがて人間を焼くことになる/レイ・ブラッドベリ 『華氏451度』  より

 

この小説は、本の無い未来世界を描いた空想実験の話である。秘密警察のように本を見つけ次第焼き尽くすことを任務とする昇火士のガイ・モンターグ。彼は自分の仕事に疑問を持たず、焚書に明け暮れる毎日を過ごしている。しかし、ある日、何気なく持ち帰ってしまった本が、彼の運命を変えることになる。

 

この未来世界では、人々に物を考えさせないために本の存在を消去しようとしていることが明らかになる。政府や権力者に疑いを持たず、与えられるものを享受し消費するだけの存在、操り人形のような人間を作るために本を燃やしているのだ。昇火士のリーダー・ベイティーは言う。

--------------------------------------------------------------------

誰かを政治問題で悩ませて不幸な思いをさせるのは忍びないと思ったら、ひとつの問題に二つの側面があるなんてことは口が裂けてもいうな。ひとつだけ教えておけばいい。もっといいのは、なにも教えないことだ。戦争なんてものがあることは忘れさせておけばいいんだ。

 

たとえ政府が頭でっかちで、税金をふんだくることしか考えていない役立たずでも、国民が思い悩むような政府よりはましだ。平和がいちばんなんだ、モンターグ。国民には記憶力コンテストでもあてがっておけばいい。

 

不燃性のデータをめいっぱい詰めこんでやれ、もう満腹だと感じるまで「事実」をぎっしり詰めこんでやれ。ただし国民が、自分はなんと輝かしい情報収集能力をもっていることか、と感じるような事実を詰めこむんだ。そうしておけば、みんな、自分の頭で考えているような気になる。動かなくても動いているような感覚が得られる。それでみんな幸せになれる。

 

なぜかというと、そういうたぐいの事実は変化しないからだ。哲学だの社会学だの、物事を関連づけて考えるような、つかみどころのないものは与えてはならない。そんなものを齧ったら、待っているのは憂鬱だ。

--------------------------------------------------------------------

お陰で人々はテレビやラジオから流れてくる中身の無いエンターテイメント番組で余暇時間を消費し、選挙になれば隣の人と同じ候補者に投票することになる。みんな同じで、みんな平和だ。物を考える必要はない。それは与えられるか、みんなに合わせればいいのだ

 

この小説では、こうした生活を送ることで人々の記憶力が著しく減退していることが描かれている。短期記憶しか保持できない鶏のようだ。脊髄反射的に日々を暮らしている。もやは考える必要は無いからだ。モンターグと彼の妻は二人とも 最初に出会った場所を思い出すことすらできない。二人が出会った一番大切な場所すら覚えていないのだ。出発点が無い二人は何のために結婚生活を送っているのかすら分からない

 

恐らく、考える力を奪われると、感情が無くなるのである。深く誰かを愛したり、将来を憂えたり、誰かに怒りを覚えたり、そんな人間らしい感情は考える力や記憶と関係していることを小説は描いている。だから、小説に出てくる普通の人々は感情の起伏が乏しく、ヘラヘラと毎日を無為に過ごしているのだ。

 

考えようによっては、理想的な社会かも知れない。争いや喧嘩もなく、人々は平和を享受している。しかし、心を無くした代償によって得られた"かりそめ"の平和がどうなるかは、小説を最後まで読めば分かる。戦争がすぐそこまで迫っていることを見てみぬ振りをした人々の末路こそ、この小説が教えてくれていることだ。「考えろ」と
 
それにしても、この『華氏451度』で描かれている未来世界は、2014年の日本と見まごうばかりだ。ん?ということは、現代の日本はディストピア…これ以上は止めておこう

失われた30年

地獄というところは繰り返しだ。みんなわかってるはずだよ、心の中ではな。⇨ アンドレ・リノージュ(スティーブン・キング「悪魔の嵐」)


朝日ニュースター「ニュースにだまされるな/2009年・4時間スペシャル」より<fc2動画に、ほぼ全編(一部カット)投稿>


朝日ニュースター:1989年10月1日から、『衛星チャンネル』の名称でケーブルテレビ向けに配信を開始。後に名称を『朝日ニュースター』に変更。1993年10月1日にスカイポートTVによる一般向け放送を行い、1997年3月13日からパーフェクTV!に進出。『朝日新聞ニュース』を中心に、独自制作番組やテレビ朝日の『スーパーJチャンネル』や『朝まで生テレビ』などの時差放送を編成し、24時間無休で放送していた。 (Wikipedia)


2008年の出来事(こちら第二日テレ報道部/もっと知りたい!あのニュース/2008年の重大ニュース より)

1月 薬害C型肝炎の被害者救済法案が成立
   新テロ特措法が施行される
   大阪府知事に橋下徹氏
   中国製冷凍ギョーザ事件

2月 力士暴行事件で親方、兄弟子3人が逮捕
   アメリカで相次ぐ銃乱射事件
   イージス艦と漁船が衝突
   韓国で新大統領が就任

3月 チベットで暴動
   日銀総裁が空席に
   台湾で馬英九氏が総統に

4月 各地で聖火リレーが混乱
   ガソリン暫定税率、期限切れ・・・がまた復活
   各地で聖火リレーが混乱
   パンダのリンリン、天国へ

5月 ミャンマーのサイクロン
   胡錦濤国家主席来日
   四川大地震
   船場・吉兆が廃業

6月 米大統領予備選 長いレースに幕
         秋葉原無差別殺傷事件
         福田首相の問責決議
        岩手・宮城内陸地震
         連続幼女誘拐殺人事件 宮崎死刑囚に死刑執行
         食品偽装が相次ぎ発覚

7月 北海道・洞爺湖サミット開催
   6カ国協議が再開される
   iPhoneが発売される
   大分県の教員採用不正が発覚
   全国で初の一斉休漁

8月 アフガニスタンで日本人誘拐殺害事件
   福田改造内閣が発足
   新疆ウイグル自治区で武装警察の詰め所が襲撃
   北京オリンピックが開幕
   グルジア軍とロシア軍、南オセチア自治州を巡り衝突
   大野病院妊婦死亡事件で、執刀医に無罪判決
   アフガニスタンで日本人誘拐殺害事件

9月 福田首相が辞任を表明
   汚染米の転売問題
   大相撲 大麻問題
   リーマン・ブラザーズ経営破たん
   自民党総裁選投開票
   麻生新内閣が発足

10月 ノーベル賞で日本人4人が受賞
   三浦和義元社長、ロサンゼルスの留置所で自殺
   食品の異物混入が続発
   世界各国で株価が乱高下

11月 アメリカ大統領選挙でバラク・オバマ氏が当選
   音楽プロデューサーの小室哲哉容疑者、詐欺罪で逮捕
   ワシントンで金融サミット開催、G20の首脳陣が会合
   元厚生事務次官とその家族を狙う連続殺傷事件
   インド、ムンバイで同時多発テロ、邦人2人が死傷

12月 タイ・ソムチャイ政権が崩壊
   企業で相次ぐ大量解雇
   アメリカ自動車大手、ビッグ3の救済案が廃案


秋葉原無差別殺傷事件ー6月8日、東京・秋葉原で無差別殺傷事件が発生。男が車で通行人をはねた後、車を降りて通行人らを刃物で次々と切りつけた。17人が病院へ搬送され、7人が死亡、10人が怪我。現行犯逮捕された加藤智大容疑者(25)は、事件当日、自宅のある静岡県・沼津市からレンタカーで秋葉原へ。犯行前には、携帯サイトに犯行予告を書き入れていた。逮捕後の取り調べでは、「誰か止めてくれればよかった」と語っている。この事件を受け、秋葉原の歩行者天国は当面休止となった。


リーマン・ブラザーズ経営破たんーアメリカの証券会社第4位のリーマン・ブラザーズが破産法の適用を申請した。リーマン・ブラザーズはサブプライムローン問題で巨額の損失を被り、資本増強のための出資交渉を続けていたが出資者が現れなかった。リーマン・ブラザーズの破たんを受け、東京株式市場は暴落。ロンドンや上海、ソウルの市場でも大幅な値下がりとなった。


元厚生事務次官とその家族を狙う連続殺傷事件ー18日朝、さいたま市の元厚生事務次官・山口剛彦さんの自宅で、山口さんと妻の美知子さんが胸を数か所刺され、血を流して死亡しているのが見つかった。同じ18日の夜、東京・中野区で元厚生事務次官・吉原健二さんの妻、靖子さんが自宅の玄関で刃物で刺され重傷を負った。2つの事件はともに基礎年金制度のシステムを作った元幹部とその家族を狙っており、犯行の形態も似ていることから、警視庁は同一犯による犯行とみて捜査を開始。22日「事務次官を殺した」と小泉毅容疑者が出頭。取り調べでは犯行の動機について「ペットを保健所に殺され頭にきてやった」などと話したほか「元厚生次官5人とその家族あわせて10人を殺害するつもりだった」と語った。

記事分類
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
消費されないゲーム
リンク
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
BlogPeople
投票ボタン ☟
*
ブログ村投票
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中