FC2ブログ

差別の装置としての学校

怪物は一定の外的状況に対して、その反応を予期することのできない人間のことである。怪物は単なる悪党ではない。むしろ善人ではない。両方の面を具えているというよりも、見る人によって、どちらともとれるようでなければならない。もっとわかりやすくいえば、要するに怪物とは「一筋縄ではない」人間のことである。怪物とは、平凡人の頭では簡単に因数分解できそうもないようなメンタリティをもった人物のことである。したがって、善人とか悪人とかいう道徳的な基準によったものではない。⇨ 大宅壮一「昭和怪物伝」

 

講座・差別の社会学2「日本社会の差別構造」弘文堂:共生へのユートピアとその挫折(学校改革運動の「近代」と「反近代」佐藤学より

 

共生と差別の装置

学校は、*二つの対立するイメージが交錯しあう場所である。一方で学校は、階級、階層、民族、性などの差異を払拭して、人々が同一の文化を共有し一堂に会する空間であり、共生のユートピアとして組織された場所である。しかしもう一方で、学校は、個々人の競争と選別を組織し、階級、階層、民族、性などの差異を再生産する序列化と排除と差別の装置でもある。

 

*二つの対立するイメージ

「学事奨励に関する被仰出書」(1872年・太政官布告)

身分、階級、階層、民族、性、年齢の差異を超越した「人民一班(華士族、農工商、婦女子)」の教育の実現。その一方で、        

➡「身を立つるの財本(もとで)」-教育を個人の投資として規定し、立身出世の競争と差別の装置としての学校の設立を言明。

 

「学制(1872年・文部省)」➡29もの科目と試験によって落第と進級を振り分ける方式で生徒を組織。

「小学校令(1900年)」➡落第と進級による学級の編成を学年制に再編。授業料の国庫負担により義務教育を財政的に基礎づける一方、貧困な児童と障害を抱えた児童には「就学猶予」と「就学免除」という転倒した措置を講じて差別と排除を公定した

 

太政官」という前近代の装置によって宣告された共生のユートピアと、「文部省」という官僚組織によって公定された排除と差別の機能、この二つが相克する近代の学校は、以後、いくつもの幻想と神話とルサンチマンが交錯する舞台となる

 

この共生のユートピア幻想と差別と排除のルサンチマンの両者を一身に背負い、壮大な教育改革を構想し実践した人物がいる。*平凡社の創始者、下中弥三郎である。

*『平凡パンチ』や『an・an』等を出版していた「平凡出版」とは異なる。(Wikipedia)

 

--下中弥三郎(1878~1961)

・最初の教員労働組合である「啓明会」を組織(1919年)。

・「学習権」を宣言ー大学までの完全無償化と入学試験の廃止、文部省の官僚的統制の廃止と教育員会制度の樹立を主張(1920年)、「無産者」の開放を実現する「万人労働の教育」(1925年)という脱学校のユートピアを提唱。

記事分類
地球ネコ
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
リンク
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
BlogPeople
投票ボタン ☟
*
ブログ村投票
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中