FC2ブログ

中産階級の敵意と反感

キリスト教と、ドイツ社会の統制の取れた階層的構造とが、ドイツ人の無意識の中に潜むヴォータン的な要素を抑圧していた。ヴォータンは、嵐と狂気を司る情熱的で非合理的な戦いの神であり、その暴力的な精神は人々の心をつかみ、逆上させ、血と破壊を渇望させる。そうした恐るべき元型の痕跡が、今や動き出している、とユングは訴えた。1936年、ユングはあえて異端的な説を述べた。すなわち、「ヴォータンの性格の底知れぬ深さの方が」経済的原因や政治的原因にもとづいた説明よりも「国家社会主義をよく説明できる」と。⇨ アンソニー・スティーヴンズ「ユング」講談社メチエ より


エーリッヒ・フロム「自由からの逃走」東京創元社 より

我々はこれまで、主として中産階級にいきわたっていた、不安と無力感について述べてきた。いまや、ごくたまにしか触れることのできなかったもう一つの特性を、検討しなければならない。それは敵意と反感である。中産階級が激しい敵意を持っていたことは驚くに当たらない

 

すでにみたように、中産階級は全体として、またなかでもとくに、台頭する資本主義の恩恵を受けなかった人々は、深刻な脅威を受けていた。また彼らの敵意を募らせていたもう一つの要素がある。それは、教会の高位にあるものをはじめ、少数の資本家たちの見せびらかす、奢侈(しゃし)と権力である。しかし敵意と羨望とは募りながらも、中産階級の人々は、下層階級の人々のように、それを直接表現することはできなかった。下層階級は自分たちを搾取する金持ちを憎み、彼らの権力をくつがえそうと望んでいた。こうして彼らは憎悪を感じ、表現することができた。上層階級もまた、権力欲によって、その攻撃性を直接に表現することができた

 

group

中産階級の人間は本質的に保守的であった。彼らは社会を安定させようとしたのであって、それをくつがえそうとは思わなかった。誰しももっと繁栄し、全体の発展にあずかりたいと望んでいた

 

そのため敵意を表面に表すことはできず、意識的に感ずることさえできなかったそれは抑圧されなければならなかった。しかし、意識を抑圧することは、ただ敵意を意識することを除くだけであり、敵意そのものを取り除きはしない。そのうえ、閉じ込められた敵意は、直接的に表現されないままに、パーソナリティ全体にも、他人に対する関係にも、また自己に対する関係にも、いきわたるまで増大した。

ーー合理化され、変装した形をとって

 

ルターやカルヴァンは、この広くいきわたった敵意をえがいている。それはこの二人が、人間的にみて、歴史の指導的人物、とくに宗教的な指導者の中で、もっとも憎しみにとらえられた人物であったばかりではなく、さらに重要なことは、このような敵意でいろどられた彼らの教義が、抑圧されて激しい敵意に駆り立てられていた人々にだけ、訴えることができたという意味においてである

 

この敵意のもっとも著しい表現は、彼らの神の概念のうちに、とくに、カルヴァンの教義のうちに見出される。我々は誰でもこの考えをよく知っているが、神というものをカルヴァンのように専制的で残酷なものと考えることが、何を意味するかは十分に理解していない。カルヴァンの神はあるものを永劫の罪に定めた(予定説)が、ただそうすることが神の力の表現であるということ以外には、そこには何の正当性も理由もなかった

 

もちろんカルヴァン自身は、この神の概念にたいして、当然予想されるような反駁にも心を配っていた。しかし正義と愛に満ちた神の姿を維持しようとして彼がおこなった微妙な理論は、全然納得できるようなものではない。人間のうえに絶対的な権力をふるい、人間の服従と卑下とを要求するこの専制的な神の概念は、中産階級自身の敵意と羨望とを反映したものである


記事分類
地球ネコ
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
リンク
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
BlogPeople
投票ボタン ☟
*
ブログ村投票
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中