FC2ブログ

精神的ホームレス

 

現代ビジネス:2019年2月8日/普通のサラリーマンをユダヤ人虐殺に突き進ませた「組織悪」の正体・根本正一 より

クラカウアーは当代のサラリーマン層を「精神的なホームレス」と形容した。彼の分析から言えるのは、まずホワイトカラー層は能力だけを頼りに生きていかなければならないという不安を常時抱えている

 

ひと昔前の貴族のように出自や財産という社会的基盤を持っていないのは当然としても、農民のように土地を持つわけでもなく、職人のように特別な職能を持つわけでもない。ホワイトカラー層が最も恐れるのは、「能力がない」と思われ、社会から落ちこぼれることである

 

事務全般に通用する汎用的な能力を求められる彼らは学校教育の過程で古典的教養もある程度身につけているのだが、社会からの承認を得るためにはどこまでも現実的な目先の知識を身につけようとする。それには公認の「資格」を得るのが手っ取り早い。大学やギルドが早くから発達したドイツは日本以上に資格社会であり、高級官吏や学校教員も含めて多くの専門職において選別のための資格制度が発達した。

 

エリートとして選別されたい」という意識は、他の人間を排除する精神をも生み出す。不測の経済状況から、また競争相手も次々と増えるにつれ、挫折を味わうサラリーマン層も多い。自尊心を挫かれたとき、権威に取り込まれながらもそこにしがみつき、その惨めさを忘却しようと努めるしか道がなくなる

 

ワイマール時代を生きた思想家エーリッヒ・フロムは、現代の中間層が精神的な不安から【頽落⇨おのれ自身ではない完全に心を奪われること】していく姿を描く。近代社会において自律的に生きることができるようになったが、伝統的な絆から解き放たれて逆に孤立し、孤独感を深める。

 

その恐怖から自由の重荷に耐え切れなくなった現代人は、権威主義的な「サド・マゾヒズム的性格」を強めるという。つまり、上位の権威を讃え、それに服従するとともに、下位には自らの権威を誇示し、服従させようとの心理である。⇨ 強者に対する愛と弱者に対する嫌悪

 

そこから、組織に属する人間は大ざっぱに2つのタイプに分かれていく。権威に従順に行動することで達成感を覚えるタイプと、権威を上手く利用して自らの欲望を満たそうと画策するタイプである

記事分類
地球ネコ
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
リンク
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
BlogPeople
投票ボタン ☟
*
ブログ村投票
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中