FC2ブログ

日本的ナルシシズム

■NHKスペシャル「太郎の国の物語」侍の終焉+■ETV特集・シリーズ・司馬遼太郎の遺産、第3回:この国の行く末~「二十一世紀に生きる君たちへ」(1996年4月3日放送)より抜粋

 

現代ビジネス/2019年5月16日:なぜ多くの日本人が「原発問題」について思考停止に陥ってしまうのか(堀有伸・精神科医) より

日本的ナルシシズム

しかし震災後8年が経過し、関係者がさまざまな努力を積み重ねてきた甲斐があり、この妄想分裂ポジションにおける迫害的な不安は、かなり改善してきた印象も持っています。そこで、今回の論考で重視したいのは、クライン派の理論における乳幼児的な二つの不安の残りの一つ、抑うつポジションにおける抑うつ的な不安です。

 

妄想分裂ポジションにおける迫害的な不安に巻き込まれた乳幼児は、やがて自分が破壊的な言動を行ったことが母親に与えたダメ-ジの大きさに気がつきます。その時には、自分が大切なものを失ってしまったことについての罪悪感や後悔、悲しみを経験します。

 

同時に、自分が攻撃性を向けた母親が生き残ってくれたことの喜びと感謝、自分の攻撃性の影響に限度があることへの安堵が生じます。この段階を超えて先に進むことで、一貫した責任を負うことができるような成人の心の成立に近づくことができます。

 

原発事故における被害について、先に述べたような数字を用いての現実的な評価を行えないのは、日本社会が無意識の心理において、この抑うつ的な不安を乗り越えることができていないからではないでしょうか。抑うつ的な不安は、成人では、自分の失敗によって「貧乏になってしまった」「富を失ってしまった」という情緒的な感覚とも親和性が高いものです。20年ほど前ならば、日本が経済大国であることを疑う人はいなかったでしょう。

 

しかしその後、原発事故などを通じて、その地位は大きく揺らがされることになりました。経済力が失われたこと・失われつつあることを直視することが引き起こす不安に耐えられず、そのために現実的な対応ができなくなっている心理状態として、近年の日本人の心理状況を解釈することができるかもしれません。

 

そのような不安を回避するために弱い人間がすがってしまう心理的なズルが、「躁的防衛」と呼ばれる心の動きです。自分が引き起こしてしまった損害について、それを償えない、治せないという絶望的な悲哀の感情を持ちこたえることができない時に起ります。自分が傷つけた対象についての価値下げが行われます。

 

自分が相手より優位に立っているかのように思ったり、実際にそのように振る舞うことで、失敗を認めて落ち込んだり、大事なものを失った悲しみにとらわれることから自分を守ろうとします

 

そしてこの躁的防衛ばかりをくり返し抑うつ的な不安を味わえなくなっている現代日本社会の心理状況のことを「日本的ナルシシズム」と名指して考察の対象といたしました。

 

先に進むためには、「日本的ナルシシズム」に耽溺していたい誘惑を超え、抑うつ不安を自分の心の中に抱えて味わい、それを一つの個としての心の全体性の中に統合していくプロセスが必要なのです

記事分類
地球ネコ
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
リンク
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
BlogPeople
投票ボタン ☟
*
ブログ村投票
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中