FC2ブログ

鉄の女の涙

 

ドン・リチャード・リソ「性格のタイプ」春秋社より

9のウィングを持つタイプ1

タイプ1(外向的思考型)の特性と9(内向的感覚型)の特性は、互いに補強し合う。この二つのタイプは、ともに環境から遊離する傾向がある。タイプ1は理想に関わるためであり、タイプ9は人々そのものよりも、人々を理想化した姿に関わるためである。

 

そのため、9のウィングを持つタイプ1は、他の人たちからある程度連絡を絶たれており、非人格的で、2のウィングを持つタイプ1よりも情緒的に冷静である。このサブタイプの代表例は、マーガレット・サッチャー、ラルフ・ネーダー、キャサリン・ヘップバーン、C・S・ルイス、ミスタースポック(スタートレック)。

 

このサブタイプが健全な場合、並外れて個人的感情を交えず穏健である。なぜなら、彼らは冷静に関わり続けることに、特別の関心を持っているからである。このサブタイプの人々は、宗教的・神秘的一面があり、自然、芸術、動物などに引き付けられる。彼らは理性的で、公正で、正義と真理に関心を持つ。

 

このサブタイプの健全な人々の中にさえ、人間的な温かさや感情表現はあまりない。しかし、彼らは、傑出した知性と原則に対する無私の献身によって、しばしばそれを補う。

 

このサブタイプの普通の人々は、タイプ1の高い身分に伴う義務感とタイプ9の保守主義が結びついて、貴族的エリート主義者、権力機構のなかで育てられた典型的な市立中学校性となる。階級特権公の責務の観念が、彼らには重要である。

 

彼らの理想は、自分の社会的背景に合致する目標か、対立する目標のどちらかに彼らを導く。このサブタイプの通常の人々は、抽象的な観念に関わるよりも、現実の個々の人々に関わることが目に見えて少ない。さらに、タイプ1の非人格性とタイプ9の遮断性が、その行為から私的なものを一切排除しようとしつつ、ほとんど完全に抽象的な立場から説教をする人を生む。彼らの感情は抑圧され、人間的な動機や人間性一般に対して、関心を持たない傾向さらに鈍感な傾向さえ持つ

 

このサブタイプの人の知能や才能は傑出しているが、精神世界は区分化されていて、関心領域と無関心領域、確信と無頓着、規律と放縦、一貫性と無節操などに二極化して現れる。


記事分類
地球ネコ
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
リンク
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
BlogPeople
投票ボタン ☟
*
ブログ村投票
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中