FC2ブログ

貿易交渉の重大な局面



藤原情報教育研究所:021藤原直哉の時事放言|これからの政治は動乱|令和元年2019年7月20日(土)より


トランプが貿易交渉、挑んできてるでしょ?トランプ、自分のツイッターで「選挙が終わったら、大変大きな数字を、日本がアメリカに提示してくれるんだ。農業で日本が大譲歩する」と、日本がたくさん農産物買ってくれるんだって、はっきり言ってるんです。


3月、4月に密約結んじゃったわけよ。選挙に差し障るから、選挙後にしてくれと。そしたら、トランプはツイッターで「公表」しちゃったのよ。だから、東北なんかは、カンカンに怒っちゃって、どういうことだと。だから、農業に関することは「重大な局面」を迎えてるんです。


だからどこまで譲歩するかなんだけど、トランプは関税がどうなるかよりも、結果的にどれだけ買ってくれるかなんだよね。つまり、農産物買ってくれる分だけ、車の輸入も認めてやろうかって話なんだよね。だから、日本車の輸出がどれだけ減るかってことでしょ?


それでモタモタしてると、こんどは為替で行くって話になってきて・・・・金融市場ではドル安介入するって噂なんだよ。やりそうなのよ、アンフェアだとこの相場は、ドル安介入しちゃうぞと・・・・今107円台でしょ、あれ100円割ったら、だいぶ光景変わりますよ。


過去のニクソンショックだってプラザ合意だって、一週間で「ドカン」と来ましたからね。だから、選挙終わったら大変なのよ、みんな、身構えちゃってさ。だから、景気は悪くなるわけよ。そうすると、今度は消費税が問題になってくるわけよ。


だいたいアメリカは消費増税、あまりよく思ってないわけ。とくにトランプはよく思ってないわけ。消費増税は「輸出企業に対する補助金だ」って言ってるわけ。輸出戻し税ってあるでしょ?


全国商工新聞 第3335より

15-43-24-564


15-44-23-123

記事分類
地球ネコ
内村鑑三の言葉
日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
リンク
武者小路実篤の言葉
何のためにあなたたちは、生きているのですか。国のためですか、家のためですか。親のためですか、夫のためですか、子のためですか。自己のためですか、愛するもののためですか。愛するものを、持っておいでですか。
BlogPeople
投票ボタン ☟
*
ブログ村投票
プロフィール

佐藤蓼丸

Author:佐藤蓼丸
オリジナルのブログを目指して鋭意更新中